« 【試合展望】そろそろ型ができるか ジュビロ戦 | トップページ | 【参戦記】脱力の夜 不可解な試合 ヴェルディ戦 »

2008年8月27日 (水)

【参戦記】よかないけど勝っちまいました でもレッズらしい ジュビロ戦

Conv0001 また、今頃アップしてますが...。(写真は北門に登場した怪しげな物体)

で、やはり駒野はうまいのか

京都からお客様を迎えて、一緒にサポした大事な試合。前半はどうなることかと思いましたよ。セカンドボールはぜんぜん拾えず、しかも両サイドのからの攻撃にアップアップ。特に駒野様に押し込まれ、相馬は前に出れず、堀之内、萌も絡んでの応対。高原まで駒野のアテンドする始末。挙句にあわやのミドルシュートを2発も打たれました。そして3発目のセンタリングで...。

右サイドの山本君は元気だが、今一つの技量のおかげで救われる。中盤のつなぎをしながらゴール前に入り込む怪我の癒えた?前田はとても危険な存在

今日の先発は、俺たちの放置のみが的中させた闘莉王お休みモード。ディープスローターは誰なんでしょ。で、ポジションは阿部ちゃんが下がって萌というのは想定とおり。右サイドは平川。いくら涼しくても雨が降っているうちは暢久は出てこないのね。

そんなこんなの戦況下、前田に幻の1点と駒野→前田、カレンの連携で実1失点を前半に食らう。ありゃ~と思っていたら、達也、ポンテで1点返す。やはりゴール前でシュートは撃たなきゃ。こうした同点弾を早めに取れるのが、不振から脱しつつある証左なんでしょうか。

これといった攻め口があるわけではないのに、苦しいときに点を取り、それを境に失点を許さない雰囲気が蔓延、そうこうするうちに追加点で勝利する。達也、ポンテの存在は大きい。とはいえ、ポンテは前半お休みモードだったし、攻めに型があるわけでなし、中盤とFWの連携が美しいかといえばそうでもなく。それでも勝ってしまう不思議なチームではあります。

しかし、坪井は元気で何より。前半、ポンテからのバックパスをゴール前にけりこむパフォーマンスまで見せてくれます(シュート打てばよかったのに)。そんなところまであがってくる坪井、完全復調ですな。おかげで時々平川が置いてきぼりを食らうのは笑えた。というかシュート時は別として、反応の鈍い平川に少しげんなり。

後半も相変わらず、駒野に攻め込まれるものの、選手が結構前を向いて動いているので、グダグダにはならない。やはり完全復調ではなくても、ポンテの存在は大きい。縦への動きを演出する分、チャンスも出てくるので、その点では救われる。

そうこうするうちに、萌からのパスを受けた平川が駒野張りのミドルを撃って、これが入っちゃう。弾道の延長線上にいた某ブロガーさんには自分を狙ったボールのように見えたそうです。で、相変わらず平川はシュートを撃った後にころんでた。

そして、高原のロスタイムのゴール。それまでいつ同点にされるんではないかという不安を持ちながら見ていただけに、このゴールには爆発しました。でも、正直言って、負ける気はしなかったのも事実。根拠はないけど(笑 ジュビロも駒野と前田が元気なら(そうでないことが多いのか)悪くないと思うんですが、なぜ14位?それともまだレッズが弱いのか...。

現場でよく分からなかったのが選手の交替劇。まず何で達也を下げて暢久か?残りまだ20分以上もあるのにもう守るんかい!と不満がつのる。それならエスクデロ、梅崎でもと思いましたが、よほどジュビロの攻めが怖かったのか。暢久は一瞬、2シャドウの位置、シュートも撃っていたので一応攻めの気持ちもあるのねと思っていたら次第に3ボランチ、最後に4~5バックのポジションに落ちて言ったのには笑えました。漸次守備へ移行モードですか。

次の啓太→堤の交替も現場では理由が良く分からず。啓太の怪我で大事をとったらしいが、堤がボランチとは。もっとも、堤はいつもより元気だったような気もしますが。

そしてクライマックスの交替劇はポンテ→エジ。これはその前に高原→エジを狙っていたようで、これもなぁという感じ。しかし、交替直前にあわてて交替選手を高原からポンテに。これもなぜポンテを下げるかが現場では分からず不満が残りました。やはり怪我だったらしいが。キーマンの2人を替えるのは素人目に違和感がありました。結局、残った高原が3点目を決める。

高原は得点の前のシュートように、高原にぶつけるようなパスのときに強みを発揮しますね。ゴールしたときのようにパスを足下に受けドリブルしてシュートするよりは向いてるような。テイストは違うものの、マッリチ的な使い方をしたらもっと点が取れるんではないでしょうか。

しかし、昨日の片山はずいぶん流してましたね。その割に前田のシュートをファールにしたりして、ジュビロにすりゃ、不満は残るでしょう。で、萌ちゃんファールをするときはあまりあからさまにやらないように。福西をみならいましょう。

P.S. 久しぶりに帰宅後、試合の録画を見ましたが、現地の印象とずいぶん違って見えるのにびっくり。現地の方が悪い点がよく分かる。テレビだと、それなりによく見える。もっともゴール裏にいるとゴールの瞬間さえ見えないですけどね。

Conv0002 (第22節、レッズ3-1ジュビロ、北ゴル裏、片山義継  45,253人、雨、午後6時34分、8月23日、土曜、鹿が名古屋に負けて首位)

|

« 【試合展望】そろそろ型ができるか ジュビロ戦 | トップページ | 【参戦記】脱力の夜 不可解な試合 ヴェルディ戦 »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/42286808

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】よかないけど勝っちまいました でもレッズらしい ジュビロ戦:

« 【試合展望】そろそろ型ができるか ジュビロ戦 | トップページ | 【参戦記】脱力の夜 不可解な試合 ヴェルディ戦 »