« 【観戦記】逆境の中の勝利 アウェイ栗鼠戦 0-1 | トップページ | 【参戦記】今日のレッズは強かった と思う ACLホーム決勝リーグ第二戦 2-0 »

2008年9月23日 (火)

【参戦記】高円宮杯 決勝リーグ準々決勝 鹿児島城西戦 3-0

Conv0003 明日はいよいよACL、アルカディシア戦。

とその前に、本日の高円宮杯準々決勝を。
これもmixi日記の再録に近いです。

今日の相手は鹿児島城西。
FWには鹿島に就職が決まっている大迫がいます。
好きにさせたくない相手(笑

●前半
試合開始後から、ほとんど試合を支配するレッズユース。
21日の試合以上に好き放題の試合展開。

最もサッカーですからピンポイントで危ないシーンはありますが、ほとんど相手陣内で試合を進めるので、見ているほうも安心。

とはいえ、その割には点が入らない。

そんな中、相手のCKからカウンターに転じ,峻希が一対一になったキーパーをかわしゴール。相手DFが足すべらせなければシュートにまで持ち込めたか微妙ですが、とにかく追いこんだ峻希に軍配が上がりました。

試合を支配しながら、なかなか点が入らなかったので、ある意味一安心。

その後も試合を支配しながら、チャンスに点がとれず少しイライラしたところで,峻希、元気の絡んだ中央からの攻めで、最後は田仲が左斜め前から難しい体制からゴールのバーにぶつかるシュートで追加点。

鹿児島城西のチャンスは、前半終了間際に相手FWとキーパーが一対一になったシーン。これははずしてくれました。

大迫はほとんどボールに触れずイラつく始末。ただ唯一打ったシュートはサイドネットにあたりましたがさすがに迫力はあります。

相手のCFの精度の悪さにも助けられ主導権は渡さず前半終了です。

●後半
後半開始直後,怒濤のせめ。
4~5点入ってもおかしくないシーンが続出。
が、1点も入らずorz

で,やってきました相手の時間帯。
後半20分ころからサッカーの神様がいたずらを始めます。
大迫の絡んだ攻めをきっかけに,疲れもあったのかレッズユースは完全に自陣に引きこもり,押し込まれる。初めて主導権を握った城西は勢いづきます。
翻って、レッズユースは攻撃疲れなのか、足もまったく動かず、足元にパスを求める仕様に。これはまるでトップチーム仕様。
それまで相手陣内で,相手をもて遊ぶようにサッカーしてたチームとは思えない豹変振りです。

そんなこんなで、あわやのシーンが何度かありましたが,なんとかしのいだところで女神はこちらへ。残り5分でやにわに攻勢に出て,峻輝を中心にチャンスがやってきます。そして,遂に元気が切り込んでゴール前の狭いエリアで3人?4人?かわしてゴール!

そのまま試合終了。
めでたしめでたし。

次の試合は11日です。

Conv0004 帰りに,あかひと親子と会いました(笑)
子豚ちゃんが可愛かった。うちの息子の小さいときには負けるけど(笑

|

« 【観戦記】逆境の中の勝利 アウェイ栗鼠戦 0-1 | トップページ | 【参戦記】今日のレッズは強かった と思う ACLホーム決勝リーグ第二戦 2-0 »

ユース」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/42570578

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】高円宮杯 決勝リーグ準々決勝 鹿児島城西戦 3-0:

« 【観戦記】逆境の中の勝利 アウェイ栗鼠戦 0-1 | トップページ | 【参戦記】今日のレッズは強かった と思う ACLホーム決勝リーグ第二戦 2-0 »