« 【観戦記】柳沢うざい ホーム京都戦 | トップページ | 【ケータイ観戦記】だから遠藤消えろ アウェイACL準々決勝 1-1 »

2008年10月10日 (金)

【参戦記】水投げるんじゃねぇ アウェイ千葉戦 3-2

試合後、挨拶にきた選手に中心部から水とペットボトル?を見舞ったやつがいる。拍手をしたり、腕組みをして無言のまま立ち尽くすサポなど、人それぞれの対応。だが中心部から水とブーイングが。

この日の選手の動きは素晴らしいとはいえないものの、悪くはなかった。しかし、時々目にする一瞬の油断。プレーではなく審判へのアピールに気をとられているうちに不快な深井に切り込まれ坪井が交わされ失点。

あれはファウルだろうとは思ったが、それは言っても詮無いこと。

エジが夏までとは別人のように動く。競る、追いかける(でも競り負けるし、トラップ大きすぎるが...ま、下手)。ボールを奪われれば取り戻すべくチェイシング。エジに何が起きたんですかね。体もスリムになって、切れもよさそう。夏に太るという某新潟サポの言うとおり、涼しくなると元気になる?

そんなエジがゴール前に攻め込み、なぜかそこにいた闘莉王にパスして、闘莉王がシュートし同点。

何とかなるかもと思ったハーフタイム。ただ現実は厳しい。前半に何度ゴールポストに救われたことか。目の前で見せたバイタルエリアでの巻の動きとシュートにははらはらさせられました。強い千葉。勝ち点3がなかなかとれない低迷レッズは善戦したというべきでしょう。もっとも、後半、立て続けに2点を取られたのは確かに無様といえば無様。坪井があわやというミスをした後に、同じようなミスをして、失点に繋がったのは本当に悔しかった。そして攻めあぐねたのも事実。平川サイドを使えなかった攻めも単調だったかもしれない。

だが、しかし。だからといって、中心部があれでいいのか。ここまできたら、とにかくあと押しするのみ。もちろん、グダグダなプレーにはブーイング。だが、この日の選手にブーイングするほどひどくはなかったと思う。

次のリーグ戦の相手は神戸。強いよ。もう、勝ち続けるしかない。それをどう後押しできるかだけを考えようよ。
(第27節、犬3-2レッズ、南ゴル裏緩衝帯際、松尾一 16,718人、曇、午後2時05分、10月5日、日曜)

|

« 【観戦記】柳沢うざい ホーム京都戦 | トップページ | 【ケータイ観戦記】だから遠藤消えろ アウェイACL準々決勝 1-1 »

千葉戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/42740151

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】水投げるんじゃねぇ アウェイ千葉戦 3-2:

« 【観戦記】柳沢うざい ホーム京都戦 | トップページ | 【ケータイ観戦記】だから遠藤消えろ アウェイACL準々決勝 1-1 »