« 【雑談】「ユースはユース」って | トップページ | 【参戦記】光明と無残の入り混じった戦い アウェイ札幌戦1-2 »

2008年11月 3日 (月)

【参戦記】至上最大の凡戦 天皇杯4回戦 レッズ1-0愛媛

Conv0001 ここ事がここまで来ると、何も言うことはありません。

以上。

というわけにも行かないですが、僥倖のPKで勝てた試合。
チャンスというチャンスはなく、あってもそれは偶然が作りたもうたもの。

愛媛のテクニックのなさにいろいろ救われましたが、それでもあわやのシーンがいくつも。

啓太はまったく機能せず、右往左往。相変わらず連携プレーはなく、延長に入ると、玉砕攻撃あるのみ。玉砕攻撃の常、最後は相手に囲まれて自爆。

しかし、愛媛の横山はいつまに、ああいうダーティは芸風になったんですか。涙。

唯一機能していた達也を途中交替させて、そのミニチュアのセルを入れるとは。機能と特性は変わらないけど、パフォーマンスだけ落ちる交替って何でしょう?

セルを批判しているのではなく、どうせ変えるなら戦局を変える交替をして欲しい。

それにしてもゴール前でも執拗に細かいパスをつなげたがる選手の心持が分かりません。何度もシュートチャンスがあるのになぜ撃たない。たとえ決まらなくても、何かが起こる。細かいパス回しをして結局シュートにさえならない結果を何度みせるつもりでしょうか。

唯一の収穫は坪井が積極的に上がっていくことくらいですか。
それにしてもサイドチェンジだけはうまいチーム。
ただサイドチェンジしても、そこからバックスにボールを戻すだけですから、何をかいわんや。

萌はもっと大人になって愚かな行為はやめてくれ。やるなら福西を見習え。一発レッドで、次節札幌戦に出られません。また、啓太のボランチを見るかと思うとぞっとします。啓太はどうしたら元に戻れるんでしょうか。

ま、なんの芸もない内容になりましたが、今日はこのくらいしか書くにはなれません。ともかく早くゲルトの交替を望むばかりです。毒が全選手に回っています。というか、どこから手をつけていいのかわからないという状況が怖い。

それでも、試合終了後の選手にブーイングをするつもりはありませんでした。至上最大の凡戦でも、選手はそれなりに頑張って勝ったんです。拍手もしました。今日を認めるのではなく明日を目指してもらうために。それでも、違和感が。 拍手すべきだったのか。

最初の交替で達也を下げてセルを入れたときのゲルトへのブーイングは納得しましたが。 レッズはどこに行くんでしょうか。ま、昔を思えば...。

試合後、東ゴル裏の中心部に阿部ちゃん以外行かず一もめ。結局、選手は中心部に行くものの、そこで闘莉王と中心部とひと悶着。いつまでそんなことをしてるんだか。選手だけを攻める状況と思えないし、なじりあって事態が好転するのか。いい加減にして欲しい。その点、西ゴル裏はなぜかやさしい。ブーイングもあったけれど拍手も。表現の仕方は難しいが、馴れ合いではない緊張感のある関係をどう作るべきか、どうしたら思いを選手と監督とフロントに伝えられるのか。悩ましい。

札幌では、違うレッズを見られるのか。それは無理。監督を変えない限り。もちろん変えてもすぐには変わらないけれど。

P.S. これ以前の数試合は順次あげて生きます。しばらくお待ちを。

|

« 【雑談】「ユースはユース」って | トップページ | 【参戦記】光明と無残の入り混じった戦い アウェイ札幌戦1-2 »

参戦記」カテゴリの記事

天皇杯」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

カニ、昨年山形にいたとき、結構、黄紙もらっていたみたいです。

投稿: sat | 2008年11月 4日 (火) 16:03

飲み会終わるの、早くないですか?

投稿: あかひと | 2008年11月 3日 (月) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/43000738

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】至上最大の凡戦 天皇杯4回戦 レッズ1-0愛媛:

« 【雑談】「ユースはユース」って | トップページ | 【参戦記】光明と無残の入り混じった戦い アウェイ札幌戦1-2 »