« 【観戦記】元気、直輝オンステージ ナビスコアウェイ広島戦1-0 | トップページ | 隠せ隠せ »

2009年3月31日 (火)

【参戦記】昔の癖はなかなか抜けないのね ナビスコ第2節鞠戦0-1

Conv0001 なかなか癖というのは抜けないのね(特に悪い癖)。元気、直輝のフレッシュな動きに対して、某平川と某暢久の動きは自動人形を見ているようでした。パスを受けてからパス先を探し、後ろに戻す。前に向かない2人の動きに焦燥感が増すばかり。鞠の3トップやボランチへの対応というお役目があるとはいえ、縦への動きが出ない2人。平川は縦に動いて何ぼだというのに。暢久も前を向いて活動したのは数えるほど。必然的に両ウィングやトップの連携ができず、パス先が限られてくる。

若い選手のはつらつさと昔の亡霊が共存したナビスコ広島戦でしたが、鞠戦はさらにそれが際立つものになりました。試合を見るたびにスペースへのパスでなく足下へのパスが増えているのも気になる。開幕以前の試合のほうがフィンケ流のサッカーしてましたよね(相手のレベルが違うとはいえ)。このままだと若手以外はプレースタイルを変えられないのではとやや心配の芽がもたげ始めました。大丈夫かい、ベテランさん。え~、催眠術でもかけて過去を忘れるとか..。

Conv0003 それにしても元気のボールに執着する動きは良かったし、体の線が細い割には人に強い。柔軟にポジショニングする直輝にも、良い目の保養をさせてもらいました。この2人にオールドプレイヤーがついていけないようにさえ見える。もっとも、元気はいつものごとく電池切れしちゃいましたが。若いのになぁ。直輝に代わって水輝が出てきたのは良いけれど、炎上中だったのでなんとも。途中から出たセルは相変わらず単騎勝負状態。もっとも両サイドバックがああいう状態なので孤立気味なのはしょうがないか。よいペアを組める相方が必要ですな。早く出て来い峻希ww。あと、阿部ちゃんと坪井ご苦労さまでした。

で、最後の10分は気分は雨あられの被弾。心臓に悪~い。しかし、ギシに神が降りてましたね。あれだけ当たってるとある意味安心できます。ありゃ凄い。GKって連続して使われないと調子が上がらないんだと改めて思うしだい。ギシは次のナビスコ戦までまた間があきそうなのでつらいなぁ。代表に呼ばれて放置された都築も2週間のお休みになっちゃいましたから、ちと気になる。

ちなみに鞠側の報道では、今期最高の出来だったそうでw。ま、こちらも決定力はないし、ギシに救われたのででかいことはいえませんが、鞠はまだ調子が出てませんね(これからもでないような気もしますが)。翻ってレッズは、もっと強い相手にあたったときの実力と、守りに入られたときに相手を崩せるかが課題かと。そういう意味で次節は、その実力を測るのに適した堅守の大分。相性が悪い相手でもあるだけに、頑張ってほしいもんです。

Conv0004 【ナビスコ予選第2節】鞠0-1レッズ、松尾一、日産、23,660人 、晴、午後3時、3月29日、日曜、3位、まだ弱いほうの埼玉チームです。大宮首位。阿部ちゃん代表戦でれず先発、元気と高原が先発FW、エジ怪我休、原口の取ったPKでポンテが得点

|

« 【観戦記】元気、直輝オンステージ ナビスコアウェイ広島戦1-0 | トップページ | 隠せ隠せ »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

マリノス戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44517908

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】昔の癖はなかなか抜けないのね ナビスコ第2節鞠戦0-1:

« 【観戦記】元気、直輝オンステージ ナビスコアウェイ広島戦1-0 | トップページ | 隠せ隠せ »