« 【観戦記】国立に行って来ました | トップページ | ダブル山田への憧憬  »

2009年3月 7日 (土)

【参戦記】2年と2ヶ月の差はあれど..

Conv0004 2年の熟成と2ヶ月の促成の差というべきでしょうか。
熟成したチームにうまくやられた感がたっぷり。とられた2点は似たような失点、カウンターで裏を取られて、浅い角度からシュートを打たれて決まってしまいました。

ただし負けたとはいえ、次節に期待を抱かせる試合内容。昨年のグダグダ振りとは違い、早い回しで相手を崩していこうという気持ちは伝わってきましたし、味方がボールを奪えば、攻守をすばやく切り替えるし、ゴール前に何人も走りこもうとしていました。

ただ、パス回しが狭い範囲でものに終わり、最後は相手につめられてボールを奪われるシーンが何度も。大きく局面を変えるサイドチェンジや、そのサイドチェンジですばやく数的優位を作り、隙をつく鹿。ゴール前でボールを持てばすばやく左右にボールを動かす鹿。それに比べてレッズは迫力不足ですし、パスミスも多かったです。

練習試合で見せた両サイドの縦のポジションチェンジを交えた攻撃もなかなかやらせてもらえませんでした。

でも、でも楽しかった。負けたのは非常に悔しかったし、1点も取れなかったのも悔しかったですが、成長途上のチームが次節、さらに変わっていくだろうとのわくわく感はありました。それに啓太の切れ切れぶりにはびっくり。

鹿のお得意の右サイド攻撃に対するポジションに、17歳の新人を初先発させたことも、新しい力を育てようとの思いを感じさせます。選手交替も新鮮。

悔しいけれど楽しい試合を体験できました。西村のジャッジを除いてw

ちなみに、試合前、スタジアムの上空をジェット戦闘機3機が爆音を響かせ飛んできました。びっくり。国軍を動員してのセレモニーとは凄いw

Conv0005 試合前、わざわざ歌手?を呼んで国歌斉唱したのはやはり鹿國は日本でないことの主張でしょうか。大量のデカ旗を虫干ししたのはよいが、選手が入場する前におろしてしまう不思議も相変わらず。さらにスタジアムのコンコースではコンクリートの継ぎ目から水がわいてくるし。

Conv0002 やはり鹿國はミステリーゾーンでした。でも、場外の屋台はうまいですよ。相変わらず。駐車場では小松菜もらったしw

そういえば、開門前、中心部の皆々様が新しいチャントをデモストレーションしてくれました。なんか土俗的な雰囲気でしたが。それはまた後日。

Conv0006 第1節、鹿2-0レッズ、アウェイゴル裏、西村雄一  37,878人 、曇、午後4時4分、3月7日、土曜、16位

|

« 【観戦記】国立に行って来ました | トップページ | ダブル山田への憧憬  »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44274650

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】2年と2ヶ月の差はあれど..:

« 【観戦記】国立に行って来ました | トップページ | ダブル山田への憧憬  »