« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

【参戦記】昔の癖はなかなか抜けないのね ナビスコ第2節鞠戦0-1

Conv0001 なかなか癖というのは抜けないのね(特に悪い癖)。元気、直輝のフレッシュな動きに対して、某平川と某暢久の動きは自動人形を見ているようでした。パスを受けてからパス先を探し、後ろに戻す。前に向かない2人の動きに焦燥感が増すばかり。鞠の3トップやボランチへの対応というお役目があるとはいえ、縦への動きが出ない2人。平川は縦に動いて何ぼだというのに。暢久も前を向いて活動したのは数えるほど。必然的に両ウィングやトップの連携ができず、パス先が限られてくる。

若い選手のはつらつさと昔の亡霊が共存したナビスコ広島戦でしたが、鞠戦はさらにそれが際立つものになりました。試合を見るたびにスペースへのパスでなく足下へのパスが増えているのも気になる。開幕以前の試合のほうがフィンケ流のサッカーしてましたよね(相手のレベルが違うとはいえ)。このままだと若手以外はプレースタイルを変えられないのではとやや心配の芽がもたげ始めました。大丈夫かい、ベテランさん。え~、催眠術でもかけて過去を忘れるとか..。

Conv0003 それにしても元気のボールに執着する動きは良かったし、体の線が細い割には人に強い。柔軟にポジショニングする直輝にも、良い目の保養をさせてもらいました。この2人にオールドプレイヤーがついていけないようにさえ見える。もっとも、元気はいつものごとく電池切れしちゃいましたが。若いのになぁ。直輝に代わって水輝が出てきたのは良いけれど、炎上中だったのでなんとも。途中から出たセルは相変わらず単騎勝負状態。もっとも両サイドバックがああいう状態なので孤立気味なのはしょうがないか。よいペアを組める相方が必要ですな。早く出て来い峻希ww。あと、阿部ちゃんと坪井ご苦労さまでした。

で、最後の10分は気分は雨あられの被弾。心臓に悪~い。しかし、ギシに神が降りてましたね。あれだけ当たってるとある意味安心できます。ありゃ凄い。GKって連続して使われないと調子が上がらないんだと改めて思うしだい。ギシは次のナビスコ戦までまた間があきそうなのでつらいなぁ。代表に呼ばれて放置された都築も2週間のお休みになっちゃいましたから、ちと気になる。

ちなみに鞠側の報道では、今期最高の出来だったそうでw。ま、こちらも決定力はないし、ギシに救われたのででかいことはいえませんが、鞠はまだ調子が出てませんね(これからもでないような気もしますが)。翻ってレッズは、もっと強い相手にあたったときの実力と、守りに入られたときに相手を崩せるかが課題かと。そういう意味で次節は、その実力を測るのに適した堅守の大分。相性が悪い相手でもあるだけに、頑張ってほしいもんです。

Conv0004 【ナビスコ予選第2節】鞠0-1レッズ、松尾一、日産、23,660人 、晴、午後3時、3月29日、日曜、3位、まだ弱いほうの埼玉チームです。大宮首位。阿部ちゃん代表戦でれず先発、元気と高原が先発FW、エジ怪我休、原口の取ったPKでポンテが得点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

【観戦記】元気、直輝オンステージ ナビスコアウェイ広島戦1-0

浦和におやじが集って不善をなす、というわけではないですが、午後6時に集まった3人のおやじ。試合開始直後に紅一点、試合中におやじがもう一人参加。

ま、なかなかにぎやかな試合観戦でした。さすがに水曜の平日に広島までは行けず、とはいえ、会社を早々に飛び出した意気だけは評価してね。

試合は寿人の技あり一本のシュートで、負け。しかし先発で元気と直輝が登場し、オールドメンバーとの違いをいやというほど見せ付けてくれました。特に直輝の動きは秀逸。まだまだミスも多いものの、このまま伸びていったら(背も伸びるといいんだが)と、わくわくさせてくれました。一方、オールドメンバーの先祖帰りが目立つのが気になります。平川大丈夫か..。

直輝が高原を救うと以前から思っていましたが、この試合はかみ合わず、シュートゼロに。何とかきっかけをつかんで欲しいもんです。

セルはどうも孤立気味。峻希と絡んでくれるともっと活性化するんだが。

試合後、最近お気に入りの浦和丸で二次会。飲むたびに濃くなるホッピーで、朦朧。さぁ、鞠には勝つぞ!

しかし、平日、ナビスコで1万人。前回のジュビロの観客の少なさは致命的だなぁ。

【ナビスコ予選第1節】広島1-0レッズ、佐藤隆治、ビックアーチ、浦和力紅、10,275人 、晴、午後7時2分、3月25日、水曜、6位、元気、直輝先発、左サイド平川、赤星、西澤、セル途中出場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

【参戦記】キメラな気分 ジュビロ エコパ戦1-1

Conv0004 あんな相手でも守備的に入られればこんなもん。新しいサッカーを見せたりするくせに、デジャブーなプレーも数々。結局、いけずな試合でした。瓦斯はいつも素直だからやりやすいんだろうな。

Conv0005 手詰まって、横パスのあらしや、どこに蹴ろうかなぁ逡巡風情、そしてボール受けたらツボに返しとけ症候群(by暢久)など、昔な風景がそこここに展開。でもいいんです、少しもどかしいけれど、前には進んでるんですよね、きっと。

昔と新しい姿をいろいろ見せてくれて、チームはとってもキメラな気分でした。風邪をひいて体重も減ってしまった元気がスタメンから外れた結果、メンバーもやや先祖帰りの感(私も、同じころ風邪をひいて2キロ痩せました)。後半、セルが出てきて縦の動きが加わったので新鮮味が少し復活しましたが、結局は空回り気味。ドリブルで持ち込むより、峻希と見せたパス交換しながらすばやく上がっていく動きが見たかったなぁ。

ともかく、きっちと守られるとまだ攻めきれないことがよくわかりました。こうしたときの打開策を見せてくれるようになれば本物。そこまで、まだ努力は必要なようです。結局、選手交替もセル1人で打ち止め。3人の交代枠をフルに使わなかったことも、なんとなく昔の気分に。

しかしお見合いで失点、川口と飛び出しで得点と得点経過が互いにしょぼかったですね。負ける気はしなかったですが、あれだけボールを持たせてもらえたんだから、もっと得点して欲しかったなぁ。高原のシュートは惜しかった。しかし闘莉王、あのテーピング、プレデターにしかみえん。

Conv0001 さて、今回は昨年に比べて遅い出発。朝5時にお仲間と私の自宅で待ち合わせ、出発。岩槻ICから首都高王子線を経て、約1時間で東名高速へ。おしゃべりしすぎて、海老名SAに立ち寄るのを忘れ、足柄SAでお茶を濁し、富士川SAで写真撮影、8時20分にエコパ到着でした。

スタジアム前の屋台は9時過ぎくらいから始動。浜松餃子(300円)、くるくるソーセージ(400円)などを食べながら先着の仲間とだべりんぐ。11時の列整理まで時をすごしました。

三々五々、一人列車派や京都・関西方面軍、バス組も合流しての参戦。

Conv0009 しかし、観客が少ない!選手紹介時点でこんなもの。結局、1万8000人すか。どうも浜松でよさこい祭りをやっていたようで、それに負けましたかねジュビロさん。バックスタンド、ゴル裏はあきらかにレッズサポが多い。悲しいことです。昨年は2万7000人、一昨年は3万5000人だったのになぁ。

Conv0010 で、いつからジュビロはこんな歌を唄うようになったのか...。知ってました?このくらいならわざわざ出さなくても覚えられるだろうにwスタジアムに掲げてあったジュビロの旗も風に巻かれてたなびかず、レッズは追い風をうまく使えませんでしたねぇ。そういえば丈二いたの?

Conv0007 帰りは山登りを経て法多山の駐車場へ。しかしスタジアムの裏手の山を登るんですが、この道がいつも渋滞。もう少し何とかして欲しいなぁ。登りきるとそこは南駐車場。バスツアーのバスの待機場なので、ここでバス組とはお別れ。

Conv0008 われわれはさらに歩いていつもの駐車場へ。駐車場からは裏道経由で袋井ICへ、そこから浜松に出て中部方面隊ハーレム組と反省会。ICから駅前まで10キロもあったのが誤算。それでも4時50分ころ駐車場を出て、5時半には浜松に着きました。

帰路の運転担当はお酒が飲めず申し訳なかったですが、次回、清水戦に備えて浜松餃子、静岡おでんを食っておきました。次回は勝つぞ!

去年の東海遠征は2週続きで、桜が満開でしたが、今回はさすが桜は咲いてませんでした。東京は開花宣言がでましたがさすが早かった。駐車場は相変わらず300円とお安い(サッカー時以外は200円だそうですがw)。8時半に駐車場に着いたときには、去年は閉まっていた食堂が開いていて、飯を食ったりビールを飲んでる人がいましたw 来年はここで朝食かw

次の試合は、代表のいないナビスコ鞠戦。峻希、直輝、元気のユース組の活躍を見たいもんです。

Conv0006 【第3節】ジュビロ1-1レッズ、柏原丈二、エコパ、ゴル裏1階ゲート13、18,439人 、晴、午後2時3分、3月21日、土曜、8位、元気風邪でベンチスタート エジ、達也、高原 先発

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

つけめん 美豚 伊奈町

Conv0001 元日の出軒→めんきり大将→美豚と移り変わりの激しい立地条件。となりには「ごとく」(元「醤房ラーメン」、いずれもけいとうプランニング系列)、向かいには楓神ラーメン、近くには「東京とんこつとんとら伊奈店」があるラーメン激戦区。

美豚は東京・福生に本店があるそうで、有名なつけめ麺店のようです。煮魚出汁つけめんを注文。もちもちの麺と甘みがありながらも少し酸っぱめのつけ汁はうまいのですが、では、抜群にうまいかといえばそうでもなし(というよりつけ麺をそんなに食べない私にはよくわかりません)。魚粉系の味付けなんでしょうが、それほどきつくは感じませんでした。
一緒にいった息子はラーメンを食べましたが、それなりの評価。

伊奈町にありますが、一応蓮田店ということになってます。

◇店舗情報
営業時間 11:00~ 22:30
定休日 火曜日
住所 〒362-0805 埼玉県北足立郡伊奈町栄1-17
電話番号 048-723-1618
駐車場 有 10台以上?

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ダブル山田への憧憬 

Conv0001 15位と16位の華麗なる戦い。

暢久の顔が渋かったですねぇ。どうしたんでしょう。金曜発売のエルゴラに載った古沢センセの4コママンガの3コマ目のような。どうしたんだ暢久。中の人は別人?華麗なミスや、なんだかなぁのパスも相変わらずありましたが、やはり右サイドバックは落ち着く。萌と一緒に監督に直訴したおかげです。

山田といえば、もう一人の方も秀逸。よく動き、良いパスを前に供給する。暢久がどうしても足元へのパスが多いのに対し、ヤマダナはスペースや、送り先の選手の一歩前へのパスを意図している、うまくかみ合えば、ボールも選手も動くプレーができますね。ま、途中ではでなパスミスもしましたが、あそこに味方の選手が出てくるんだと思ったんでしょw

ツボの怒涛のあがりからの得点でも、ゴール前から絶妙なパスをポンテへ供給。ま、自分で打っても良かったのかもしれませんが、ポンテの気分をよくさせることを考えてのパス(?)は秀逸でした。その後にあった、高原へのパスは少し前過ぎましたが、高原を生かすのはヤマダナかもしれないと妄想は広がるばかり。

鹿戦よりやりたいことができた試合ですが、早めのプレスや、ボールを奪われてからの対処など基本的なプレーはしっかりやってたおかげか、裏を取られるシーンもほとんどなし。瓦斯にもこれといった攻めのパターンがなかったこともあって、ボールの支配率も高く安心して見られる試合でした。

とはいえ、毎年恒例のツボのオウンゴール(今年は練習試合でやってたので、打ち止めかと思ってましたが、本番でやらないわけにはいかないのね)の後、やはり不安が。勝ち越し点を上げても同点にされないか不安が。3点目でようやく落ち着きましたが、勝者のメンタリティなんて私にはまったくありませんでしたねぇ。

ホームでの勝利は昨年の8月以来らしいので、もっともなことかと。試合後の歌い上げの際、コールリーダーが「忘れてないよね」と言ったのには笑えた。ロッド・スチュアートが来なくても、きちんと歌えてなによりです。

ともかく、さらにプレーを熟成させて目指すチームカラーを自分のものにして欲しいもんです。プレシーズンの練習試合と比べてみれば、両サイドの縦のポジションチェンジがまだ、出てない感じがします。栃木SCとの試合でエスクデロと峻希が見せた動的なポジションチェンジができるようになれば本物です。

そういえば闘莉王の上がり時の体制も整っていたようで。しかし血みどろ闘莉王、大変でした。明らかに額右上を切っているのにそこに何度もボールを当てていく。今頃、腫れてるんだろうなぁ。

さて、次節は、山形、ガンバに合わせて10点も取られているジュビロ。こういう相手に合わせるのが得意なレッズですが、ここ一番踏ん張って大量得点を目指して欲しいもんです。

Conv0005 久しぶりの南門からの入場。雨の降りそぼるスタジアム。花粉症と風邪の咳と雨の三重苦と個人的にはつらい試合でしたが、結果はオーライ。よせばいいのに浦和の浦和丸で仲間と祝宴。朦朧となって帰宅いたしました。

【第2節】レッズ3-1瓦斯、岡田正義  50,802人 、雨のち曇、午後2時2分、3月14日、土曜、8位

Conv0003 Conv0004 追伸 そういえば昨日はコバトンのレッズ仕様のぬいぐるみが限定発売されたそうで。早速多くの方々がご購入。某氏にいたっては試合前から腹の前にぶらさげてました。と、そこになんと生コバトンが登場。一瞬のうちにコンコースはコバトン撮影会場に早変わり。正規キャラクターの座を完全に奪ってますな。

Conv0002 南で食った酸辣麺(700円)。まずい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

【参戦記】2年と2ヶ月の差はあれど..

Conv0004 2年の熟成と2ヶ月の促成の差というべきでしょうか。
熟成したチームにうまくやられた感がたっぷり。とられた2点は似たような失点、カウンターで裏を取られて、浅い角度からシュートを打たれて決まってしまいました。

ただし負けたとはいえ、次節に期待を抱かせる試合内容。昨年のグダグダ振りとは違い、早い回しで相手を崩していこうという気持ちは伝わってきましたし、味方がボールを奪えば、攻守をすばやく切り替えるし、ゴール前に何人も走りこもうとしていました。

ただ、パス回しが狭い範囲でものに終わり、最後は相手につめられてボールを奪われるシーンが何度も。大きく局面を変えるサイドチェンジや、そのサイドチェンジですばやく数的優位を作り、隙をつく鹿。ゴール前でボールを持てばすばやく左右にボールを動かす鹿。それに比べてレッズは迫力不足ですし、パスミスも多かったです。

練習試合で見せた両サイドの縦のポジションチェンジを交えた攻撃もなかなかやらせてもらえませんでした。

でも、でも楽しかった。負けたのは非常に悔しかったし、1点も取れなかったのも悔しかったですが、成長途上のチームが次節、さらに変わっていくだろうとのわくわく感はありました。それに啓太の切れ切れぶりにはびっくり。

鹿のお得意の右サイド攻撃に対するポジションに、17歳の新人を初先発させたことも、新しい力を育てようとの思いを感じさせます。選手交替も新鮮。

悔しいけれど楽しい試合を体験できました。西村のジャッジを除いてw

ちなみに、試合前、スタジアムの上空をジェット戦闘機3機が爆音を響かせ飛んできました。びっくり。国軍を動員してのセレモニーとは凄いw

Conv0005 試合前、わざわざ歌手?を呼んで国歌斉唱したのはやはり鹿國は日本でないことの主張でしょうか。大量のデカ旗を虫干ししたのはよいが、選手が入場する前におろしてしまう不思議も相変わらず。さらにスタジアムのコンコースではコンクリートの継ぎ目から水がわいてくるし。

Conv0002 やはり鹿國はミステリーゾーンでした。でも、場外の屋台はうまいですよ。相変わらず。駐車場では小松菜もらったしw

そういえば、開門前、中心部の皆々様が新しいチャントをデモストレーションしてくれました。なんか土俗的な雰囲気でしたが。それはまた後日。

Conv0006 第1節、鹿2-0レッズ、アウェイゴル裏、西村雄一  37,878人 、曇、午後4時4分、3月7日、土曜、16位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

【観戦記】国立に行って来ました

Conv0001 国立に行って鹿とシベリアの試合を見てきました。思いついてのことなので当日券狙いで競技場へ。千駄ヶ谷門の当日券売り場に行きかけたら...。少年が
「チケット買うんですか?そうだったら券が余っているんでどうぞ」と招待券を1枚差し出してくれました。ありがとう少年。鹿とシベリアの異臭のするスタジアムにただで入れました。

Conv0002 バックスタンドと自由席の境界線上に席を確保。新宿駅でやっていた駅弁フェアでかった宮城女川のえんがわ寿司弁当をつまみます。

Conv0003 ケータイのワンセグとブルートゥースヘッドホンを組み合わせて、中継を聞きながら試合を見る準備。結局、この試みはあまりうまくいかず。ワンセグの放送遅延は5秒近くもあったでしょうか、目の前のリアル現場と放送の遅れが尋常ではなく悩乱状態に。企画だおれでした。

試合はご存知の通り。3バックを試したシベリアは、鹿の両サイドの上がりにぼろぼろ。内田はともかく、新井場にもすき放題されるとはねぇ。それでもシベリアが後半4バックに戻すと膠着状態に。小笠原のいないしかの中央攻撃はなく、両サイドも沈黙。ま、こんなもんでしょう。

Conv0004 新生レッズがどの程度のパフォーマンスを魅せてくれるかは知りませんが、勝てない相手ではないはずです。

◇ゼロックス杯 2月28日(土)

鹿3-0シベリア 13:30KO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »