« 【参戦記】2年と2ヶ月の差はあれど.. | トップページ | つけめん 美豚 伊奈町 »

2009年3月15日 (日)

ダブル山田への憧憬 

Conv0001 15位と16位の華麗なる戦い。

暢久の顔が渋かったですねぇ。どうしたんでしょう。金曜発売のエルゴラに載った古沢センセの4コママンガの3コマ目のような。どうしたんだ暢久。中の人は別人?華麗なミスや、なんだかなぁのパスも相変わらずありましたが、やはり右サイドバックは落ち着く。萌と一緒に監督に直訴したおかげです。

山田といえば、もう一人の方も秀逸。よく動き、良いパスを前に供給する。暢久がどうしても足元へのパスが多いのに対し、ヤマダナはスペースや、送り先の選手の一歩前へのパスを意図している、うまくかみ合えば、ボールも選手も動くプレーができますね。ま、途中ではでなパスミスもしましたが、あそこに味方の選手が出てくるんだと思ったんでしょw

ツボの怒涛のあがりからの得点でも、ゴール前から絶妙なパスをポンテへ供給。ま、自分で打っても良かったのかもしれませんが、ポンテの気分をよくさせることを考えてのパス(?)は秀逸でした。その後にあった、高原へのパスは少し前過ぎましたが、高原を生かすのはヤマダナかもしれないと妄想は広がるばかり。

鹿戦よりやりたいことができた試合ですが、早めのプレスや、ボールを奪われてからの対処など基本的なプレーはしっかりやってたおかげか、裏を取られるシーンもほとんどなし。瓦斯にもこれといった攻めのパターンがなかったこともあって、ボールの支配率も高く安心して見られる試合でした。

とはいえ、毎年恒例のツボのオウンゴール(今年は練習試合でやってたので、打ち止めかと思ってましたが、本番でやらないわけにはいかないのね)の後、やはり不安が。勝ち越し点を上げても同点にされないか不安が。3点目でようやく落ち着きましたが、勝者のメンタリティなんて私にはまったくありませんでしたねぇ。

ホームでの勝利は昨年の8月以来らしいので、もっともなことかと。試合後の歌い上げの際、コールリーダーが「忘れてないよね」と言ったのには笑えた。ロッド・スチュアートが来なくても、きちんと歌えてなによりです。

ともかく、さらにプレーを熟成させて目指すチームカラーを自分のものにして欲しいもんです。プレシーズンの練習試合と比べてみれば、両サイドの縦のポジションチェンジがまだ、出てない感じがします。栃木SCとの試合でエスクデロと峻希が見せた動的なポジションチェンジができるようになれば本物です。

そういえば闘莉王の上がり時の体制も整っていたようで。しかし血みどろ闘莉王、大変でした。明らかに額右上を切っているのにそこに何度もボールを当てていく。今頃、腫れてるんだろうなぁ。

さて、次節は、山形、ガンバに合わせて10点も取られているジュビロ。こういう相手に合わせるのが得意なレッズですが、ここ一番踏ん張って大量得点を目指して欲しいもんです。

Conv0005 久しぶりの南門からの入場。雨の降りそぼるスタジアム。花粉症と風邪の咳と雨の三重苦と個人的にはつらい試合でしたが、結果はオーライ。よせばいいのに浦和の浦和丸で仲間と祝宴。朦朧となって帰宅いたしました。

【第2節】レッズ3-1瓦斯、岡田正義  50,802人 、雨のち曇、午後2時2分、3月14日、土曜、8位

Conv0003 Conv0004 追伸 そういえば昨日はコバトンのレッズ仕様のぬいぐるみが限定発売されたそうで。早速多くの方々がご購入。某氏にいたっては試合前から腹の前にぶらさげてました。と、そこになんと生コバトンが登場。一瞬のうちにコンコースはコバトン撮影会場に早変わり。正規キャラクターの座を完全に奪ってますな。

Conv0002 南で食った酸辣麺(700円)。まずい。

|

« 【参戦記】2年と2ヶ月の差はあれど.. | トップページ | つけめん 美豚 伊奈町 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

瓦斯戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44351633

この記事へのトラックバック一覧です: ダブル山田への憧憬 :

« 【参戦記】2年と2ヶ月の差はあれど.. | トップページ | つけめん 美豚 伊奈町 »