« 【参戦記】レディースも新人活躍 | トップページ | 「あれはアレだったのかポンテだったのか」疑惑について »

2009年4月13日 (月)

【参戦記】粘りで押さえ込み1本 第5節 鯱0-1

Conv0003 0-1という試合結果からだけみれば地味な試合でしたが、今年一番見ごたえのある内容。成長はしているものの、このところ3歩進んで2歩下がる感じのする試合が多かっただけに、昔の悪い癖がほとんど出なかったことはうれしい限り。

フィンケの言ったように互いに「両者がサッカーをやろうとした」試合。ガチンコのぶつかりあいとなり、その結果はレッズの押さえ込み勝ち。高い位置からのプレスや、ボールを奪われれば即座に取り返しにかかるプレー、そしてパスサッカーの徹底。たぶん鯱の選手は、やりたいことができなかったもどかしさでいっぱいだったでしょう(スタジアムで配られた刷り物には「パスサッカーの熟成度は名古屋の方が上」と自信満々でしたが)。

試合を自分のものにしているのに点が入らないという、いやな雰囲気も、ポンテのFKアレのクロス(by新聞報道。自分が信じられなくなりましたorz→やべっちで確認したら、やっぱりポンテやないけ。詳しくはこちら)から闘莉王、エジと渡ってこぼれたところを元気がズドンと決めて解消。宇宙開発にも、打ちそこねにも、ポスト直撃にもならず美しく点が決まりました。そのときの興奮といったら..。今期最大の歓喜の瞬間でしたね。

Conv0002 後半、パスサッカーから裏取り戦術に切り替えた鯱ですが、これもうまくいかず、後はパワープレーで押しまくる。おかげで後半15分以降はほとんど鯱側で試合をしてましたが、それでも結局、決定的な形で崩されることはなく試合終了。いや、セットプレーなどで危ないシーンはありましたよ(たくさんw)。これで失点する可能性はありましたが、結果は全般に試合をコントロールしたレッズの勝利で終わってくれました。試合の流れからいって「妥当な勝利」(byギド)でした(上の写真は、試合開始直前、大旗を掲げる鯱サポ。遠目には真ん中の文字が「J2」に見えた。ほんとは「12」なのね。白文字は見にくいよw)。

防戦一方とはいえ、レッズにもカウンター気味のチャンスは何度もありました。後半でも、エジがらみで2回、元気からみで2回、阿部ちゃんからみで1回(回数は当社推定)ありましたねぇ。特にエジが楢崎と1対1になったシーンは惜しかった。

Conv0007 相変わらず直輝はうまい。元気の惜しいシーンもバイタルエリアにいた直輝から元気へのパスから生まれました。元気が反応しきれず、シュートにも持ち込めませんでしたが、あれはおしかった。試合後、直輝は元気に「あれに反応しなくっちゃ」とちゃかしたようです(これも新聞報道によれば、後半直後のパスに対してようです)。

まとまりつつあるレッズの新スタイルが、同じパスサッカーを標榜する鯱を押さえ込んだ点は今回の収穫。もっとも、攻撃についてはまだまだ。相手を圧倒する型を手にしたわけではありません。しかし、これからも成長が期待できそうな匂いがするのが嬉しい限りです。

そしてなんといっても、暢久が良かった(以下、暢久ファン以外は読まなくて結構です)。

あんなにできの良いプレーを続けられたのは久しぶりではないのでしょうか。お決まりのバックパスはわずか1回。それも許してあげられる範囲内。さらに感動したのは、前半、左サイドで相手ボールになった球を体を寄せて奪い返そうとする暢久。そして奪い返す。お~!。さらにその直後、右サイドで相手ボールになった球を奪い返そうとする選手が。お~!暢久だぁ。いつのまに右サイドに移動したのだ。まるで、直輝のようではないか。

相変わらずボールの競り合い(空中戦)には強いし、ボールをもって攻め込んできた相手と対峙した際も、簡単にはクロスをあげさせない。さらには、パスをした後に右サイドをあがっていく暢久。涙なくしては見られません。試合前のウォーミングアップ中、双眼鏡で見たあのたくましいふくらはぎ。今日はいいものを見せてもらいました。南無阿弥陀仏。

Conv0008 こうした好プレーが生まれた背景には、閉まらないといわれていたトヨタの屋根が閉まったという事実を忘れてはなりません。暑い屋外からスタジアムに入ると、案に相違してなんと涼しい。屋根が閉まっているので蒸しているかと思ったのにそんなことはない。試合前、鯱のHPは雨が降ろうが晴れようが、槍が降ろうが、屋根は閉めると宣言(その実、故障で開かないのではという噂も)。おかげで「使用可能気温」の範囲内で試合ができました。ありがとう、鯱オフィシャル。

試合後、9時前の新幹線で帰宅。列車が来るまで、マイミクさん2人と名古屋駅の新幹線の待合室で乾杯。無事、今回の遠征を締めくくりました。

そういえば、今日の試合の主審は家本。世間の評判とは別に、研修後はかなりまっとうなレフェリーになったと思っていました。で、今日も問題なし。

しかし、後半、思い通りのプレーができない苛立ちからか、鯱はラフなプレーが増え、いざこざが頻発。結果、家本もイエローを(しかたなく)乱発(計7枚)。結果だけみると、「また家本はやった」といわれそうで、少し可愛そうでした。

それでも、ネタの提供は忘れない家本。ツボのファウルのシーンで、イエローカードと間違えてレッドカードを示し、場内をどよめかせました。さらには、マギヌンにイエローを出す際に、ポケットから在庫のイエローカードを落とし、パヤリッツァに拾ってもらうなど、さすがです。いざこざで家本が壊れなくてよかった。

怖かったのは揉め事に仲裁に入った都築と切れたポンテでした。ただ、都築はなぜか冷静でそれはそれで不気味。本当に怖かったのはポンテの切れまくり状態。増川とのトラブルでは、危うかった。ちょっかいを出した増川に本当に頭突きをやってるんではないでしょうか。実際の経緯は遠すぎて見えませんでしたが。ちなみにそのいざこざの際の増川の倒れ方があの師匠を彷彿とさせ笑えました。懐かしかった..。

Conv0004 (第5節、鯱0-1レッズ、アウェイゴル裏1階、家本政明、 32,435人、屋内、午後4時3分、4月12日、日曜、4位、新潟負け、山形勝ち、山形2位。栗鼠、脚に勝つ。鹿も勝利し首位。大迫、初得点)

|

« 【参戦記】レディースも新人活躍 | トップページ | 「あれはアレだったのかポンテだったのか」疑惑について »

グランパス戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44654609

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】粘りで押さえ込み1本 第5節 鯱0-1:

« 【参戦記】レディースも新人活躍 | トップページ | 「あれはアレだったのかポンテだったのか」疑惑について »