« 【試合展望】イケメン対決なるか? 第8節アウェイ清水戦 | トップページ | 知らぬこととは言え 申し訳ない暢久様 600試合達成 »

2009年4月30日 (木)

【参戦記】直輝初ゴール!歓喜と悔しさと3日天下 清水アウェイ戦2-2

Conv0001 課題を残すのが好きなんですかね、うちの選手たちは。毎回、課題をクリアして前に進んでいたチームです(一時、2歩進んで3歩下がった試合もありますが)。

試合前、スタジアムのコンコースで、今日は“複数得点”が課題だ、などと、某だんなと話していたんですが、見事課題はクリアしたものの、結局2-2の引き分け。

フィニッシャーの投入直後に、2点目を食らって、1点を守りきれないという課題と、圧倒的な攻勢をしている時間帯にどうも点が取れないという課題が浮き彫りになって来ました。それに、チームのダイナモである直輝と元気をほぼ同時に交替させ、堀之内とセルを投入するという監督采配も悩み深いなぁ。特にセルは。

Conv0003 ま、直輝の初ゴール、しかも逆転弾を目の前で見られたので満足。ポンテからのパスを、ゴール右斜め前に入り込んでいた直樹は、足元でチョチョとDFをかわしてから、ゴールの左サイド(でしたよね)へドーン! もう、ゴール裏は酒池肉林、阿鼻叫喚でしたよ。あんなに喜んだゴールはいつ以来だろう。サッカーっていいですね。

もう一人のヤマダ、暢久様も日の当たる前半から頑張って、素晴らしい動き。このまま行くと、今年持っているすべてのエネルギーを使い果たしてしまうのではないかと心配になるくらいです。

Conv0005勝ち点3が手の平からこぼれ落ちていったのは残念ですが、試合終了後、清水の選手が精根尽き果てかのように座り込んだことから分かるように(写真上)、厳しい、激しい試合でした。客観的に見れば、見ごたえのある良い試合だったと思います。

レッズの先発は予想通り。今やほとんどガチです。ただし、相手の清水はFWをヨンセンと原の組み合わせにしてきた。期待?の永井はサブ、岡崎はスーパーサブですか。試合が進んで感じたのはヨンセンの活用法を変えてきたこと。ポスト役ではなく、受けてはたき、パスし、さらに戻ってきたボールをシュートに持ち込むという鯱時代のやり方になってました。こっちの方がよっぽど怖い。

それでも、試合開始直後はレッズが優勢。相変わらず、高い位置でのプレスが効いていて相手の中盤を自由にさせません。ただ、試合全体を通してですが、左サイドから枝村やパウロが中央へ侵入してきて、けっこう自由にやられてました。PKとなった闘莉王の原へのファウルも、バイタルエリアに近づいてくる原を止められなかった結果です。萌が狙われてたんでしょうか。

暢久は相変わらずの高パフォーマンスで守備に攻撃に活躍。守備は安心してみていられましたが、試合後足をひきずっていたのが心配。前節に痛めたところでしょうか。

それでも、前半終了前にゴール前の乱戦から阿部ちゃんのシュートのこぼれ球をポンテが決めて同点。そして、後半、直輝のゴールと、よかったんですけどね。かわいそうだがセルが入ったときにいやな感じはしてました。守備がおろそかになり、単騎決戦で突っ込むセルは下手をすると、ボールを奪われるとカウンター気味にやられてしまう。同点にされたシュートも起点?はセルがボールを奪われてからだったはず。

また、後半最後の攻撃を受けている時に、守備陣がずるずると下がり気味になっていくように見えたのも気になります。去年のレッズ仕様。2点目の失点時も、跳ね返したボールを 足下におさめた清水の選手に対して、強いプレスをかけられず、フリーで左サイドにパスをあげられ、123試合にして初ゴールというDFに児玉にやられてしまいました。

そういえば、後半、阿部ちゃんがゴール正面のシュートチャンスを撃たず、パスをしたらボールを奪われて、危うくカウンター失点になりかけました。あの辺、無理でもシュートして欲しい。何かが起こる可能性はあるのだから。

鹿島が勝ったのでレッズは得失点差1で、2位に転落です。ただ、今の時点で順位をどうこういう必要はありません。今後も課題を一つひとつクリアしていけばよい。その成長を見られるのが楽しいんだし。

今日だけではないですが、このところ試合の内容が面白く、思わずプレーを見つめて、サポする際の手の動きや跳ねが止まる瞬間があります。昨年のように勝っても負けても(ほとんど負けでしたが)、試合そのものが面白くなくかつわくわくしない試合に比べれば雲泥の差。別人のようなエジ、前線にがんがん出てくる阿部、相手ボールへのスライディングアタック(ユース仕様)を敢行する直輝と元気、スピード感の凄いツボ、そして動く暢久。これらを見られるだけでも幸せというもんです。

ただ、元気、直輝をほぼ同時に代えた理由がよく分からず、この采配には疑念が残ります。

そして、声を大きくして言いたい!

元気と直輝を間違えるな!

エコパの担当者よ、 背の高さがぜんぜん違うぞ!

Conv0002 あっ、そういえば永井、後半出て来ました。走り方は相変わらず。ユニに違和感が。ブーイングも凄かったし、あわやのシーンも。でも、そんなに太っては見えませんでした(笑 前節よりは良い感じなんでしょうか。ただ、本調子になる前に、調子が悪くなりそうな予感です。それと、今期、ホーム観客数通算5万7000人の清水さん、今日は3万超えて何よりでした。

Conv0004 (第8節、レッズ2-2柏、ビジターゴル裏、山西博文 30,851人、晴、午後4時3分、4月29日、水曜祝日、引き分けて2位。鹿島が首位。絵に描いたような3日天下。クルマで往復)

|

« 【試合展望】イケメン対決なるか? 第8節アウェイ清水戦 | トップページ | 知らぬこととは言え 申し訳ない暢久様 600試合達成 »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

清水戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44838757

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】直輝初ゴール!歓喜と悔しさと3日天下 清水アウェイ戦2-2:

« 【試合展望】イケメン対決なるか? 第8節アウェイ清水戦 | トップページ | 知らぬこととは言え 申し訳ない暢久様 600試合達成 »