« 【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム | トップページ | お母さん あの犬のチケットはどこにいったんでしょうね »

2009年4月18日 (土)

【参戦記】点がとれないが最強の試合内容 京都サンガ戦ホーム1-0  

Conv0001 2度もぬか喜びの幻の得点。あれが入っていれば、相手選手も心が折れて大量得点も取れた試合。それほど、試合の内容は完璧。見ていて思わず笑ってしまいました。

前へ前とつなぐパス。エジを始めとする惜しみない守備の意識。相手ボールには2人が必ず襲いかかり、ボールを奪われても、すぐに取り返す。

Conv0002 前線からDFの間も間延びせず、京都のサイド攻撃や、中盤とFWの連携はほとんど封殺。堅守を誇るDF陣に対しても、これといった責めあぐね感はありませんでした。

京都にとって、1-0というスコア以上に敗北感を味わう内容だったはず。

高い位置での守備から攻撃を繰り返すため、自陣での危ない攻防はほとんどなし。さすがにサッカーですからセットプレーやカウンター、出会い頭の失点を否定できませんが、ともかく、試合内容では圧倒していました。強い!

弱点があるとすれば、追加点が取れないこと。それも課題として残ったことで、選手が更なる努力をするモチベーションを維持できそう。大量点で勝たなくてよかったと思います。

しかし、元気の胸トラップからのシュートが決まっていたら、彼は英雄でしたね。でも、長い目でみれば英雄にならなくてよかった。マスコミに実力以上に持ち上げられ、少しの失敗で過度にたたかれる世界に行く必要はありません。

直輝も相変わらずのダイナモぶり。パスだけでなくシュートも打ち、相手の裏をかき、仲間を動かす能力はぴか一です。

今日のプレーを続けることができる限り、そうそう負けはしません。もちろん落とし穴はあるでしょう。今日の試合を見ていて思ったのは、これだけ圧倒的な試合をしていて、万が一負けたらどうしようということ。これだけの内容の試合をしていて負けたら、そのときの心の痛手は大きすぎます。

今日の試合で、理解できなかったの、元気がout、高原in。元気はまだできたでしょうから、なぜの思いは強いです。

高原が入ってから守備が危うくなり、一方的に攻撃をされたときには思いました。2人が同時にいないとヤバイのか。これはリスクです。2人が同時に怪我したら...。代表に連れて行かれたら...。夜も眠れません。

来週は、チケット難民を大量に生み出しつつあるフクアリでの犬戦。正直、ああいった制限を続けるチームは早くJ2に落ちて欲しいです。

P.S. 阿部ちゃん大丈夫かな。試合後、ベンチからピッチへの階段を上るのもつらそうだった。幻のゴールはファウルとオフサイドだったのね。両方ともオフサイドかと思ってました。後半60分過ぎから攻撃にさらされたのは、サンガが林、豊田をいれシジクレイを下げたせいなんでしょうか。後で試合の録画を見てみます。


Conv0005 (第6節、レッズ1-0京都、北ゴル裏207出入り口そば、奥谷影男、41,836人、曇、午後7時4分、4月18日、土曜、2位に浮上。鹿が1位)

|

« 【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム | トップページ | お母さん あの犬のチケットはどこにいったんでしょうね »

サンガ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44714933

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】点がとれないが最強の試合内容 京都サンガ戦ホーム1-0  :

« 【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム | トップページ | お母さん あの犬のチケットはどこにいったんでしょうね »