« 挙母神社 豊田市 | トップページ | 【参戦記】点がとれないが最強の試合内容 京都サンガ戦ホーム1-0   »

2009年4月18日 (土)

【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム

達也と平川が明日の試合は欠場。達也の怪我は筋肉というより腱とのこと。思ったよりも長引きそう。平川も肉離れ以上の気配。チームが上向きかけているだけに残念。

ま、それでも萌が帰ってきているし、元気も先発を狙える。

で、明日の試合の選択肢

★萌は先発?左サイド?ボランチ?→途中交代で出場、左サイドへ

★アレは先発?→フィンケは微妙な言い回しだったけど先発とみた。この辺微妙。

★ボランチは阿部ちゃん、啓太?→そうなんでしょう。萌を使って欲しいが。

★先発FWは元気、エジ?それとも京都に相性のよい高原?→元気、エジにしときます。

★平川の代わりは野田(っぽい)、峻希はまだかぁ~(まだだよなぁ、日曜のサテライトの試合に出てくるんだろうか)→野田ですね

で、相手の京都。意外に歯ごたえがありそうですね。

パウリーニョとディエゴの攻撃陣。それなりのスピードのある渡邊、林の両サイド。そして水本と李正秀のDF陣。ボランチに佐藤も戻ってきた。DFが落ち着いたことで中盤も前向きになれるし、FWも強力。このバランスのよさが6位という好位置につけている理由でしょう。

で、結局大事なのは中盤での攻防。名古屋戦で見せたプレス、高い位置での守備がうまくいけば、そう自由にはさせないはず。中盤とFWを切り離すことができれば、落ち着けます。後はパスサッカーの攻撃が、売り出し中の京都の堅守にどこまで機能するか。いろいろ見所はありそう。怖いのは、こちらのセットプレー崩れからのカウンターかな。もっとも鹿のように複数の選手が一斉になだれ込んでくる感じではないので、なんとかなりそう。後、いつでも同じですが、パスミス厳禁。

さて、某ブログ情報によればカトキューは名古屋戦を見に来ていたようで(レッズファン?)。当然、得意の策を弄して来るでしょう。去年も、ハーフタイム後の組み換えでぼろぼろにされた苦い思い出があります。もっとも、今年は監督が違いますから、そう心配してません。それより、直輝が狙われそうな悪寒が。彼の動きを封じれば、ポンテも孤立、FWとの連携も狂いかねません。しかし、直輝はキーマンだなぁ。ともかく京都が何をしてくるかも見ものです。で、シジクレイはどうしてんの?

明日は久しぶりにチャリで埼スタに向かいます。試合が終わったら南広場で乾杯かな。今季初めてのナイター。いい気持ちで帰りたいもんです。

待てよ、自転車の飲酒運転は..レッドカードもらったことあるし(無灯火)、酔って落車が2回(それぞれ右腕、左腕で出血し、今も後が残ってる)。電車で行きますかw

|

« 挙母神社 豊田市 | トップページ | 【参戦記】点がとれないが最強の試合内容 京都サンガ戦ホーム1-0   »

サンガ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

すいません。何回も。
どうやらブログのアドレスを
間違えていたようです。
申し訳けありません。

投稿: tetsu | 2009年4月18日 (土) 03:19

はじめまして。
僕とサンガと紫DAYSのtetsuです。
コメントありがとうございます。
レッズ戦非常に楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
良い試合になればいいな~と願っております。

投稿: tetsu | 2009年4月18日 (土) 03:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44704872

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム:

» 2009.第6節 京都戦に向けて 「山田直輝&ホーム」 [ urawa stray sheep]
京都の加藤久監督は名古屋戦を観戦していたらしい 対戦相手によって臨機応変にそのスタイルを変える京都 加藤久監督の目にはどのように映ったのだろうか? シーズン開幕時スポットを浴びたのは、 その幼少のころからのネームバリューから原口元気 しかし、今浦和に流れをつくり予想以上の働きを示すのは  「34番、山田直輝」 今現在浦和の試合を見たものにはそれは理解できると思う。 それは対戦するチームのスカウティングにも同様に映るかと もうそろそろ対戦するチームからの厳しいマーク、プレッシャー... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 19:34

« 挙母神社 豊田市 | トップページ | 【参戦記】点がとれないが最強の試合内容 京都サンガ戦ホーム1-0   »