« 究極の選択 サテ&ユース と 家庭と | トップページ | 【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム »

2009年4月17日 (金)

挙母神社 豊田市

Conv0013 トヨスタに行くと必ず通る、心の故郷、挙母神社。スタジアムへの一種の抜け道として使ってきた神社です。上の写真は西側の入口。神社正面から見て左側。駅から歩いて、ここから神社に入り、右に曲がって正面の参道を抜けてトヨスタに向かうルートです。

豊田市は1959年に成立。名前の由来は当然ながらトヨタ自動車の本社がここに置かれたからに他ならない。しかし、本社が置かれた時点では、ここは挙母市だったのです。

Conv0014 挙母市の由来は、江戸時代の挙母藩から。といっても1万石クラスの小さな藩。三宅氏、幕府領、本多家、内藤家を経て明治維新へ。ま、ここに本多(ホンダ)家がいたのがご愛嬌ですかね。陣屋時代もあったし、一応お城もあったようで、場所は駅の南東あたりのようです。ちなみに最初は衣が地名だったようで。

Conv0012 で、挙母神社、昔からその名前かと思いきや、実のところ明治になってからこの名前がついたようです。その前は子守大明神。要は安産の神社なんですね。1189年に源義経の家臣・鈴木重善(善阿弥)が大和吉野より「子守明神」を勧請して祀ったのが起源とされ、通称“お子守さん”と呼ばれ親しまれているそうです。

Conv0011 祭神は高皇産靈神(たかみむすびのかみ)、天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇々藝尊(あめにぎしくににぎしあまつひだかひこほのににぎのみこと)、天萬栲幡千幡比売命あめよろずたくはたちはたひめのみこと)、天之水分神(あめのみくまりのかみ)。どうも天之水分神がもともとの祭神のような気がします。そばに流れる矢作川に関連してるんでしょうか。

矢作川といえば秀吉と蜂須賀小六が出会ったとされる「矢作川の橋」を思い出しますが、ま、場所は岡崎(下流)なので、こことは関係ないです。矢作川には思わず反応してしまうおやじの悲しい性w

ということで、私の好きな出雲系神社とはあまり関係ないので、それほど触手は動きません。それでも、試合後、いろいろな思いでこの神社を通過するので、心に残ります。
今回は、一緒に参戦した仲間と和気藹々と境内を通過。樹齢650年といわれるクスの木に御礼を言って、駅に向かいました。来年も頼みますよ。

大きな地図で見る

|

« 究極の選択 サテ&ユース と 家庭と | トップページ | 【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム »

神社」カテゴリの記事

コメント

It is known that cash makes us disembarrass. But how to act if someone has no money? The one way is to get the credit loans and just consolidation loan.

投稿: Combs32LELIA | 2013年6月 5日 (水) 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44695213

この記事へのトラックバック一覧です: 挙母神社 豊田市:

« 究極の選択 サテ&ユース と 家庭と | トップページ | 【試合展望】暗雲...でもないが...。京都戦ホーム »