« 【アウェイ情報】雨の青山門で勝負 でも千駄ヶ谷門は燃えていなかった | トップページ | 【試合展望】怖い川崎戦 多くは望みません 勝ち点3で結構です »

2009年5月 9日 (土)

彼等は見出しが欲しいのです。 で、いつ噴火するか報知

元気への取材制限がここ数日話題になってます。犬飼氏がフィンケを批判するなど波紋も広がりつつあります。

ただ、問題は火のないところに煙を立てるのが記者の仕事の一つということ。特にスポーツ新聞はコネタでも、見出しが勝負。気を引かない見出しを立てられない記事は使えません。デスクに殴られます(最近は殴らないか)。

そこで、使われる手法が誘導尋問。相手に言わせたいことを質問にするんですね。
8試合連続ゴールのない李忠成の記事でもそんな雰囲気がプンプン(事実は別として)。

まずは質問。

「8試合も得点してないけど今度のレッズ戦は得点したいよね」

と聞けば、

得点したくないわけはないので、「ええ」ぐらいは言う。「ええ」と言えば

「李忠成、レッズ戦で8試合ぶりのゴール宣言」となるわけですね。

「ええ」と言わないで「まだ、調子も今一つだし、どうですかね」なんて言いにくいですよね。ま、そう言えば、記事にならない。

でも「まだ、調子も今一つだし、どうですかね」の後に、「でも頑張ります」と言っちゃうと、やはり

「李忠成、レッズ戦で8試合ぶりのゴール宣言」となります。

こんな感じで取材されると、17歳の元気なんて赤子の手をひねるようなもんです。できた記事の見出しは、本人の意思とは関係なく、記者の想定見出し通りになります。

問題は見出しは本人の実力以上に上ぶれしていくこと。より強烈な見出しが欲しいですからね。もう一つの問題は、その選手が力を発揮しなければ、実力以下にしか評価せず、見向きもしなくなる。それどころか叩き始める。

本人にとって実力はそう変わらなくても、評価を勝手に上げたり下げたりされる。コメントを求めに殺到したかと思うと、まるで近寄らなくなる。大人ならまだしも、未成年の子供は、こうした行為は酷というのがフィンケの言い分でしょう。

一方、若くてもプロなんだから、それに耐えろという意見もあるでしょう。それが犬飼氏の言い分。

教育者としてのフィンケは、惑いやすい、成長過程の選手がそうした環境にさらされるのを避けたい。

ちなみに、こうした質問の仕方は企業取材ではよくあります。取材の積み重ねで想定のストーリーを作り上げ、「こうこうこうなんでしょ」とそのストーリーをぶつける。外れていれば、相手に論破、または否定される。でも論破も否定もなければ、(もちろん肯定されなくても)推定ストーリーは外れていないということになり、ストーリーとおりの記事を書きます。もっとも相手は、したたかですから、質問の意図とは関係ない答えをするんですけどね。

そうした手法が、そのままスポーツ取材に使われている(悪用されている)んですね。違うのは、一方は取材で作り上げたストーリーを投げかけるのに対し、一方は、ただの誘導尋問ということ。犬飼さんは企業人だから、そういう質問にもうまくあしらえと言いたいんでしょう。または言っていないことを書かれても気にするなということでしょう。

ちなみに対処法として一番よいのは、質問に答えているようで、応えないこと。関係ない応えをすること。

たとえば、
「8試合も得点してないけど今度のレッズ戦は得点したいよね」に対しては

「やはり今はチームに勝ってほしいですね」と応えるという具合。

ま、元気には、そんなテクニックを学んで駆使するより、自分の実力を伸ばすことにエネルギーを使って欲しいですけどね。

で、名指し同然に批判された放置はどう出てくるでしょうか。どこかで意趣返しをねらってると思うんですが..。新経営陣とは蜜月のようですから、まずは経営陣にそれとなくマイナス情報を吹き込むことですかね。フィンケ監督、気をつけてください。

P.S. と書いたらかん口令解除だそうで。でも自主規制。犬飼氏の批判に妥協ですか。

|

« 【アウェイ情報】雨の青山門で勝負 でも千駄ヶ谷門は燃えていなかった | トップページ | 【試合展望】怖い川崎戦 多くは望みません 勝ち点3で結構です »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/44947368

この記事へのトラックバック一覧です: 彼等は見出しが欲しいのです。 で、いつ噴火するか報知:

« 【アウェイ情報】雨の青山門で勝負 でも千駄ヶ谷門は燃えていなかった | トップページ | 【試合展望】怖い川崎戦 多くは望みません 勝ち点3で結構です »