« 【日本代表】隠しきれないのね にじみ出る愛に負けた直輝 | トップページ | 【参戦記】第13節 引き分け多し 不完全燃焼な栗鼠戦 1-1 »

2009年5月24日 (日)

【試合展望】 飛車角落ち どこが起点になるかわからな~い

長谷部おめでとう!

スパサカの録画を先ほど見ましたが、あの位置から積極的にシュートを打っていくのは大事ですね。それが、得点ゴールに繋がりました。

さて、今日は大宮戦。今やレッズに欠くことのできない直輝が欠場。ポンテ、直輝不在の飛車角落ち状態。起点がどこになるんだか皆目検討が尽きません。そういう意味ではコンビネーションサッカーが機能するのかというところから心配しなくちゃいけなそう。

大宮vs清水の開幕戦を見ましたが、そのときはカウンター攻撃が目につきましたが、今はどうなんでしょう。後、マトがうまくヨンセンを封じていたのが目立ちました。背の高いマトはDFながら得点しているようで、セットプレー時には気をつけたい。

前節の鯱戦は先制点を奪った後、鯱の猛攻を受けて、耐えに耐えたようです。売り出し中の藤田はどんな動きのするのやら。鳥栖で一昨年24点、昨年18点の得点力を無力化できるか。

中盤をうまく抑えないとデニスマルケス、藤田・原田ラインが煩そうです。

うちのFWは、エジ、タカコンビですか?個人的には峻希を入れてセル、エジコンビを見てみたいですが、峻希は後半からですかね。エジ、タカ、元気、セルって、攻撃パターンがまったくイメージできません(笑

で、昨年、一昨年に続き今日も雨模様。なんでかねぇ。埼スタではゴル裏のコンコースがメイン、バックと行き来できないので、大変な混雑になります。しかも雨となればなおさら。まるで難民キャンプのようだった一昨年の悪夢を思い出します。シャッター開けろよ~。

|

« 【日本代表】隠しきれないのね にじみ出る愛に負けた直輝 | トップページ | 【参戦記】第13節 引き分け多し 不完全燃焼な栗鼠戦 1-1 »

栗鼠戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/45109405

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】 飛車角落ち どこが起点になるかわからな~い:

« 【日本代表】隠しきれないのね にじみ出る愛に負けた直輝 | トップページ | 【参戦記】第13節 引き分け多し 不完全燃焼な栗鼠戦 1-1 »