« 【試合展望】萌はいずこに | トップページ | 【参戦記】直輝、その悔しさがあれば..。暢久、そんなに走ってどうしたの? 勝てなかったことだけが不満な第12節ガンバ戦0-0 »

2009年5月16日 (土)

【試合展望】中盤の攻防戦に賭ける しかない

明日は雨も降らず、日差しもきつくない。環境はベスト。発展途上のレッズが元祖ポゼッションサッカーにどういう成果を出せるのか。じっくり見てみたいです。

去年は一度も勝てず、挙句にホームであのどうにもならない事件の起きた相手。

さて、明日はどんな試合になるのか。

中盤でアグレッシブな守備から攻撃へ
ま、これしかないでしょ。一部には、「しっかり守って、それから反攻」という人もいるようですが、そんな気持ちでは攻撃的なガンバを抑えることはできないでしょう。となれば、最初から踏ん張って、高い位置でのプレス、球を奪われても「すぐにもリカバリ」がどこまで徹底できるかにかかってきます。

そんな圧力をうまく避ける技もあるガンバですが、ポカもやりますからね。高い位置からの圧力は大事です。

で、問題は先発メンバー。普通に考えれば、前節と同じ。個人的には峻希の先発を見たいですが、一応、同じと考えましょう。

そうなると、やはりセルが心配。後ろは暢久が何とか防衛はしてくれるでしょうが、セルはたぶんそれに助けは出せない。ここは怖いところ。

一方、パスの起点となる直輝+ポンテコンビが成立しない以上、直輝は狙われる。

となれば、サイドバックやボランチの選手による高い位置での守備からの反転攻勢が起点。仮にセルがボールを奪ったなら、エジや直輝や元気と連携して仕事をして欲しい。前節では、唯我独尊的プレーが多く、自らも「エジを見てプレーすべきだった」と反省してました。直輝とも連携できず。そういう意味でセルの反省プレーが注目です(たぶんだめなんだろうなぁ)

直輝としては相方として「目を見なくても分かる」峻希とプレーするほうが楽でしょう。それでもボールをもらえれば、ドリブルで切り込んでいくセルの動きは相手に脅威。ガンバの守備を多少は混乱させられるし、そこで適切なパスができれば「前の4人」が活躍できるはす。

そうならず、途中でボールを奪われれば、即、危険なカウンターを食らう可能性が。

気になるのは左サイドの萌。慣れないポジションの萌はこれまでも、いろいろ苦渋をなめてましたが、ガンバ戦でどうなのか。見ものです。

三都主をあまり使わないのは練習でのパフォーマンスがよくないんですかね。それとも無理はさせない?いきなり先発はないでしょうが、最後の攻撃時には出してください。

個人的な願望を言わせてもらえれば、峻希の先発希望。たぶん、直輝の動きをサポートできるし、直輝に集中する圧力の裏で意外なプレーが展開できるかもしれません。まぁ、単なる願望ですけどね。

後は調子に乗っている佐々木を抑えること。萌の仕事が多いな。

ともかく、この試合でもてるものを出し尽くしてほしい。あとは目立ちたがり屋の審判でないことを祈るだけです。

|

« 【試合展望】萌はいずこに | トップページ | 【参戦記】直輝、その悔しさがあれば..。暢久、そんなに走ってどうしたの? 勝てなかったことだけが不満な第12節ガンバ戦0-0 »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/45025346

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】中盤の攻防戦に賭ける しかない:

« 【試合展望】萌はいずこに | トップページ | 【参戦記】直輝、その悔しさがあれば..。暢久、そんなに走ってどうしたの? 勝てなかったことだけが不満な第12節ガンバ戦0-0 »