« らーめん道 龍丸 上尾栄町 | トップページ | 【試合展望】萌はいずこに »

2009年5月14日 (木)

峻希への思い

あれはいつだったんでしょう。元気という素晴らしい選手がユースにいると聞いて、見に行った日。そこでみたのは元気だけでなく、直輝の素晴らしいプレー。

何回かユースの試合を見ているうちに気になってきたのが、永田、濱田、峻希。

中でも峻希の縦の上下運動の激しさに、感慨が。それから峻希ファン。でもポジションはわれらの暢久とかぶる。悩みました、今年は。6と33。でも3と3を足せば6。いいじゃないか。

川崎戦。6と33をダブルで着ました。仲間からなじられました。でも、いいんです。不思議なことに暢久と直輝は共存してました。これからもそうなるかは別として。私には至福の時間。負けてしまいましたが、最後の得点は峻希のスローインから。上下に激しく動くプレーも楽しい。直輝も「いてくれると、やりやすい」と。

今後、どこまで使われるかは分かりませんが、峻希がトップでも活躍できる芽が見えた川崎戦。それだけでも価値がある試合だったかもしれません。もちろんポンテにはかなわないかもしれない。でも、直輝、元気、峻希の連動プレーを次節ガンバ戦で見てみたいもんです。それこそ新旧パスサッカー対決。「ユースはユース」といった某氏のみたて違いを実証するためにも。

|

« らーめん道 龍丸 上尾栄町 | トップページ | 【試合展望】萌はいずこに »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/45006592

この記事へのトラックバック一覧です: 峻希への思い:

« らーめん道 龍丸 上尾栄町 | トップページ | 【試合展望】萌はいずこに »