« 【レッズ雑談】山形戦チケット第二ステージ 何とか勝利 | トップページ | 【レッズ雑談】ボールに触ったようで »

2009年6月 9日 (火)

【観戦記】手負いの栗鼠ができちまった

Conv0001 広島にぼろぼろにされて、余計な大量点を与えた上に、鞠にも負けた栗鼠の罪は重い。おかげで得失点差で豊富な貯金をした広島が厄介な存在に。次節、レッズが引き分けだと、得失点差が効いてきそう。勝たなくてはならなくなった土曜日の栗鼠戦。で、今のところ予報は雨。ああ、鬱陶しい。

7日の栗鼠vs鞠戦、行って来ましたよ。試合後、300人が居残って、チームに抗議したらしいですが、試合後とっとと帰ったので、紛糾ぶりは見てません(笑

Conv0003 チャリで20分という立地、いつ行っても好きな場所に席が取れる楽さ、勝負の行方はどうでもいい気楽さ(もっともこの日は引き分けを願ってましたが)から、泣くスタ観戦は意外に好きです。

が、栗鼠のあまりの試合振りに泣きそうになりました。4バックといいつつ、左サイドの村山と主税のみ機能。右サイドの波戸は音なし。さらにマルケスは徹底マークで機能せず。開幕戦で、清水のヨンセンへの放り込み戦術を封じたマトは、ドリブル&パス攻撃に精細を欠く。CBと中盤は鞠の中央突破、センターライン辺りからゴールラインへの放り込みパスを中心としたサイド攻撃にさらされぼろぼろ。山瀬、渡邊、坂田よく動いてました。

それでも、最初は村山、主税コンビを中心に鞠の右サイドをえぐって何度かチャンスを作り、ついにゴールライン際からマイナス気味の藤田へのパスに、松田が反応してオウンゴールを獲得。しかしわずか5分ほどで、渡邊のシュートの跳ね返りを山瀬が決めると、急に小心者になって、DFラインが下がって防戦一方に。前半のロスタイムに渡邊にグランダーのシュートでゴールを決められ逆転される。

Conv0004 後半はこれも4バックとは名ばかりだった鞠の両サイドの小宮山と田中ががんがん上がりはじめ、鞠のすき放題に。勘弁してよ~。最後は鞠の攻撃に対処すべくGKの高木が前に出てきてボールを抑えたのはよいものの、返しのキックが中途半端で、狩野にボールを奪われ、無人のゴールに蹴りこまれる。GKの高木はあわててゴールに戻るものの間に合わず3失点目。醜態。

最後、マトは闘莉王大作戦ばりに、上がったままで攻撃を仕掛けるものの、DF陣は上がらず不発。マトはラインを上げないDFにイライラする始末。DFがボールを奪っても、前線との距離があり、中盤、FWにパス先を見つけられず、ウロウロ。でも、FWの藤田は良く動いていい選手でしたね。

こんな日のこんな時間に試合するのはかわいそうなくらい暑い日ではありましたが、ともかく悲しい試合でした。最後の決定力のない鞠のおかげで(水沼は何度ゴールのチャンスを逃したことやら)3失点で済みましたが、後3点は取られてもおかしくなかった試合。

さすがに、萎えました。カテゴリー5(ビジターゴール裏の隣にあるホームスペース)に席をとったのですが、前はタダ券らしいサッカー少年団、後ろの家族連れも隣の老夫婦もどう見てもタダ券くさい。試合後、後ろの家族の子供が「ママ、今日はタダで見れたんでしょ」と話してましたし(笑 

Conv0002 おかげでレッズは大宮に勝たないと予選突破しにくい状況に。しかし、何でうちとやる時だけ燃え上がるんでしょうか。最近はうちのサポが試合前にあおりすぎて、無駄にやる気にさせてるような気がします。相手にしなきゃいいものを。栗鼠をゴミ箱に入れるもんだから、向こうもよせばいいのにやる気を出してくる。

しかも、予選落ちは確実で失うもののない栗鼠。「予選を通過させないぞ」モードで変に盛り上がってくるのがミエミエ。ラフプレーで選手が怪我する恐れも。面倒なことになったもんです。

|

« 【レッズ雑談】山形戦チケット第二ステージ 何とか勝利 | トップページ | 【レッズ雑談】ボールに触ったようで »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

大宮戦」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/45282873

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】手負いの栗鼠ができちまった:

« 【レッズ雑談】山形戦チケット第二ステージ 何とか勝利 | トップページ | 【レッズ雑談】ボールに触ったようで »