« 【レッズ雑談】ACLと黒い弾丸 あれこれ | トップページ | 【試合展望】気温32度C、湿度48%の試合 »

2009年6月26日 (金)

【レッズ雑談】ちぐはぐな風景 まだら模様から脱する時

鞠戦で怪我したツボは次節やばそうですね。啓太は大丈夫そう。暢久は調整で、無論出場。

そんな中、ポンテが順調に練習に合流。次節は無理としてもそろそろ復帰の気配。平川、堀之内、近藤らも戻りつつある。

思うに、フィンケサッカーをほぼ同じメンバーで複数試合継続的にやっていたのはナビスコ出場のユース組。

残念ながら、主力組は怪我や代表選出などで、フィンケの授業に途切れ途切れの参加。なかなかフィンケ流が染み付いていません。例外は代表に呼ばれず、怪我もしなかったツボと暢久。紐縛り特別講座を受けたこともありフィンケ流を体得。

そんな中、負傷組が戻ってきますが、彼等はフィンケ講座の単位が足りない。試合体験を通じて一つひとつ成長をしてきたユース組に比べ、フィンケ色はまだら模様。ちょっとまずくなると、昔の体質が出てきます。

奇しくもリーグ戦4戦勝ち星なしのレッズ。そろそろ勝たないといけないですが、なかなかフィンケ流に染まりきりません。

先生、大変でしょうが頑張ってください。

次節、闘莉王と暢久のCBの匂いもしてきた今日この頃。このCBどうなるか見ものです。

|

« 【レッズ雑談】ACLと黒い弾丸 あれこれ | トップページ | 【試合展望】気温32度C、湿度48%の試合 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/45454285

この記事へのトラックバック一覧です: 【レッズ雑談】ちぐはぐな風景 まだら模様から脱する時:

« 【レッズ雑談】ACLと黒い弾丸 あれこれ | トップページ | 【試合展望】気温32度C、湿度48%の試合 »