« 【レッズ雑談】暢久は分かっている。分かっちゃいるけどどうにもならんな | トップページ | 【参戦記】おあとがよろしいようで お疲れ暢久、なんとか帳尻あわせ ナビ予 栗鼠戦 »

2009年6月13日 (土)

【試合展望】恒例!罠だ罠だ ナビスコ予選 栗鼠戦

油断していたらもう栗鼠戦。ナビスコ予選の最終戦。

広島に7点、鞠に3点(実質6点)を与えた罪深い栗鼠には是非勝たねばなりませぬ。

しかし、レッズ戦になるとまるで違うチームのようになって走り、奮闘し、守る栗鼠。

パフォーマンスの低下が著しく、リーグ戦では、降格リーグに参戦中。そんな、栗鼠が罠を仕掛けて来ました。

まず、慶行をレンタル移籍したのが伏線。そしてマトを休ませる一方、鞠戦で存在が消えていた土岐田は残し、ユース上がりの新井を先発にするらしい。さらには前節の交代指令に切れたふりをしたデニスを出さず、なんとMFの斉藤をFWにすえる。レッズ戦で点を入れたパクウォンジュ、FWの市川、石原は怪我をしたことにして出場せず。唯一アリバイ的に藤本とFW藤田だけは入れてきました。分かりますね。

これは完全に罠です。

にゃん太2号さんが叫ばなくても罠に決まってます。

これは最近キレキレの暢久を狙ったものでもあります。極秘の「暢久仕様書ver.2.1」によれば第21項に

「相手の実力に合わせてパフォーマンスが上下します。相手が弱いときには取り扱いに注意すること」

とあります。

他の選手も、油断して近づくと足払い、落とし穴が待っています。そして審判はきっと西村なんでしょう。

元気、直輝が復帰し、なんとなく豊かな気分になっている私ですが、恐ろしいのは手負いの栗鼠はラフプレーがお好きなこと。仕掛けられた罠だけでなく、怪我させられるのが怖い。そして西村がそれを見逃すのが怖い。

ともかく、早めにぶっ潰して7点取ってください。祈ってます。

あ~、もうこんな時間だ。8時の当抽に間に合うように起きられるのか...。

|

« 【レッズ雑談】暢久は分かっている。分かっちゃいるけどどうにもならんな | トップページ | 【参戦記】おあとがよろしいようで お疲れ暢久、なんとか帳尻あわせ ナビ予 栗鼠戦 »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

大宮戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/45322280

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】恒例!罠だ罠だ ナビスコ予選 栗鼠戦:

« 【レッズ雑談】暢久は分かっている。分かっちゃいるけどどうにもならんな | トップページ | 【参戦記】おあとがよろしいようで お疲れ暢久、なんとか帳尻あわせ ナビ予 栗鼠戦 »