« 【試合展望】広島戦 両サイドガシガシできますか? | トップページ | 【試合展望】広島の二の舞をどう避ける?清水戦 »

2009年7月12日 (日)

【参戦記】ガシガシやられてボロボロでも勝った!広島戦

Conv0001 ああ、なんて心臓に悪い試合なんでしょう。しかし、アレだけ自由自在、すき放題されたのもある意味久しぶり。それでも勝ち点3を拾えたのは僥倖の至り。

それにしても左右中盤から両サイドへのミドルの放り込みにレッズは弱い。マリノスも似たような攻撃仕様を持っていますが、マリノスにもやられてました。中盤のプレスが緩んでいるのか。復帰直後のポンテ、元気では辛いのは事実。

Conv0002 先発を見たときに少しびっくりしたのは元気が左サイドで先発だったこと。それ以外は想定の範囲内。ミキッチがいないにせよ、お相手するのは、ドリブルでの攻め込みとためができるセルの方が向いていると思ってましたから。「攻撃こそ最大の防御」論です。右はポンテなので、この辺同様に心配ですが、後ろに暢久がいるので何とかなるというのが印象。

なのに~!試合が始まってみると先発メンバーに入っていたツボがおらず、暢久がCB、よっしゃが右サイドバック。ありゃぁ、こりゃ怖い。サイドから裏取られそうな悪寒。

ツボどうしたんでしょ。ネットもテレビも見ずに書いているのでその辺の経緯は不明ですが、この両サイドバックのほころびが今日のあわや大虐殺の原因だと思ってます(違っていたらごめん)。

で、面白いように攻められ先制点を決められる。運がなければ後数点はやられてた。先制点で活躍した柏木が、次の決定機をからぶり?したおかげで助かりました。あれで命拾い。

前半終わって選手に大ブーイング。珍しいことです。

後半、火種になったよっしゃを代えて、セルを投入。これで少しためができて攻撃的になって、多少可能性が見えてきました。

それにしても、エジの決めたゴールをアシストした高原のパスは秀逸。今日も、キレキレでしたね。

その後、エジの来日初めて(らしい)PK失敗、エジの華麗なヘッドと見せどころ満載。というか、今だからそんなこといえますが、もう引き分けさえ許されない状況では1点ビハインド、同点時、勝ち越し時でも気がまったく抜けませんでした。

そういえば槇野が試合終了後、ゴル裏やバックスタンドにお辞儀をしてから、闘莉王に寄っていって話をしていたのが印象的。レッズに来たいんかい。もっとも、どの試合でもやっているとの話もありますが...。

下位チームにも苦戦してますが、中位のチームにはもっと苦戦する。それが現実。次も 頑張っていきましょい!

Conv0008 ちなみに山形が2-1で逆転勝ちのようで、その結果を聞いたスタジアムのサポが大歓声。みんな山形愛してるんだな、行きたいんだな。最初の得点は、新加入の赤星のCKから、広島から新加入の西河が決めたようです。おめでとう!

岡田に対する、文句が多かったようですが、まだ今日の岡田は許容範囲です。何が怖いって、佐藤隆治が怖い。今季、もうあたりませんように。南無。
Conv0003 (第17節、レッズ2-1広島、北ゴル裏、岡田正義、44,149人、晴、午後7時4分、7月11日、土曜、2位、3位の新潟、川崎戦が引き分けで、たなからボタ餅2位)

|

« 【試合展望】広島戦 両サイドガシガシできますか? | トップページ | 【試合展望】広島の二の舞をどう避ける?清水戦 »

参戦記」カテゴリの記事

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/45604481

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ガシガシやられてボロボロでも勝った!広島戦:

« 【試合展望】広島戦 両サイドガシガシできますか? | トップページ | 【試合展望】広島の二の舞をどう避ける?清水戦 »