« 【試合展望】いざ行かん新潟へ 懲りないおやじたち | トップページ | 嗚呼 石川よ 貴子よ »

2009年10月20日 (火)

【参戦記】とにかくよかった。で、犬飼うるさい

Conv0004 勝ちましたね。それがたとえコロコロゴールであろうと、攻めても攻めても点が取れなかろうと、闘莉王とツボがと~っても危ないプレーをしようと、ポーランドからやってきたミクルスキーのジャッジがわけが分からなくても、勝てたことを素直に喜べました。

Conv0001 それでも心臓に悪い試合であることは間違いなし。スカッとさわやかと言うわけにはいきません。サッカーは水もの。1点差ではいつ、どんなことから失点して同点にされるか分からない。事実、あわやの山岸と1対1のプレーや、あわやのFKがありましたが、私の祈りのおかげで山岸が獅子奮迅、失点に繋がらず。祈ってみるもんですw  

Conv0002 とはいえ、天皇杯@松本戦に比べりゃ天地の差の良いでき。ともかくボールへの寄せが早かった。ボールを奪われても、すぐ取り返しにかかる。この粘り強さは松本戦でほとんど見られなかったもの。まぁ、気合さえあれば一番達成しやすいことですから、ここで奮起しない選手は人でなしですね。稚拙ながら、加えて、縦への攻めも意識していたようで、後ろへのパスも激減。

Conv0003 サポもいつもと違う展開。試合開始前にWe are Redsをコール。試合開始後から「アレ浦和」を実施と異例の展開。おかげで跳ね続けたおやじの脚がガクガクになりました(跳ねない時間の短いPOUだったら脚は崩壊してました)。

一方で、連携プレーはまだまだ。スペースへのパスや、大きくサイドを変えるプレーが少なく、近場でパスを繰り返し、相手に奪われるシーンも頻発。

急造サイドバックの堀之内が健気にフリーポジションでボールを求めているのに、それに気づかず、ちまちま近場のパスをしてボールを奪われるなどちぐはぐぶりもたっぷり。

極め付けは新潟の選手に詰め寄られた闘莉王と坪井がパスを交換しながら、どんどん自陣のゴールに逆走したプレー。いや~、スペクタクルでした。

結局、試合開始後38秒の得点を守りきった「おしん」のような戦いでした。終了間際、図ったかのように雨が降り出す。新潟の涙雨ですか? ともかく、今は勝てば良い。勝つうちに、きっと内容がついてくるでしょう。きっと、たぶん、もしかして。

で、試合の日記を上げるのをサボっているうちに、某犬を飼う人が、「レッズサポは狂ってる」と暴言を放言(ま、実際に「狂ってる」とは言ってないけど記者が脚色してんだろうけど)。ほっといてください。もうあんたのもんではないし、言葉で人をあおるのはレッズサポだけで十分ですw。7連敗中の複雑な思いを一刀両断して欲しくない。

もっとも、3連敗くらいの時点でフロントがもっとはっぱをかけるなり、刺激を与えるなりしてほしかったけどね。天皇杯で負けてから言われても、後出しじゃんけんみたいじゃないですか。

さて、次節の相手は、今節、埼スタで開催し、4万3000人を集めた栗鼠(ナクスタでやれよ~!)。

ともかくレッズ相手に異様にハッスルするand乱暴になる相手だけに、気を抜けない。なぜか栗鼠相手に気を抜くレッズですが、流石にこの状況で、気を抜くやつはいないはず...........と、思うが。 暢久、頼むよ、そこんとこ。栗鼠と犬には是非J2に行っていただきたいので、その意味でも負けられない。もちろん引き分けもだめです。それから試合後にコールされた「さいたまには浦和だけ」はいらね。相手の悪口言う前に、自分のチームを後押ししようよ。

あっ、忘れてた。レッズ、J1残留決定おめでとう! そして大分、よく頑張った。このまま、頑張ってくれ!

Conv0005 (第29節、新潟0-1レッズ、南ゴル裏、ミクルスキ 39,963人、晴れのち雨、午後4時4分、10月17日、土曜、得失点差がきいて8位、30,365)

|

« 【試合展望】いざ行かん新潟へ 懲りないおやじたち | トップページ | 嗚呼 石川よ 貴子よ »

参戦記」カテゴリの記事

新潟戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/46532642

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】とにかくよかった。で、犬飼うるさい:

« 【試合展望】いざ行かん新潟へ 懲りないおやじたち | トップページ | 嗚呼 石川よ 貴子よ »