« 【雑談】ふくらはぎと中山と市橋と森繁 | トップページ | 【レッズ雑談】我々はタナカに関心がある »

2009年11月22日 (日)

【参戦記】やればできるんじゃん ジュビロ戦ロスタイム逆転劇

Conv0001 練習時間から始まった異様なサポの応援に緊張感が高まった前節の瓦斯戦と比べて、まったりとした雰囲気に包まれる埼スタ。その雰囲気が選手に伝染してまったりプレーになってしまうのではないかとやきもきしてました。

Conv0002 そんな不安も試合が始まるとふっとんでしまいました。ボールを奪われるやいなや、素早い寄せで相手にプレーを自由にさせず、さらに2人目、場合によっては3人目が寄せてボール奪い返しにかかる。ボールを奪えば反転攻勢。まるで昨年のユースの試合を見ているかのようなプレーを堪能できました。

攻撃もこれまた日ごろのレッズとは違って前へ前へのパス、スペースへのパスが連続しスピード感がある。ワンタッチのパス交換も数多し。パス先を求めて、ボールをもちながらキョロキョロするプレーはほとんどなく、これが同じチームかと思うほどの変貌ぶり。やればできるんじゃん。最初の10分をみたところで、このペースが後半まで持つのか心配しましたよ。

そして、前半21分に左サイドの高原のドリブルの上がりからエジへのクロスで先制点。「この調子なら、今日は勝てる」という思いがふつふつと湧いてきました。

好事魔多し

選手もそんな気分だったのか、はたまた、戦術的に少しペースを落としたのか、後半の出だしは動きが緩慢に。早く2点目とらなきゃいかんはずなのに、どうしたんだと見ているうちに、案の定、後半10分に失点。あ~あ、と見ているまもなく14分にCKから2点目の失点。いずれもエジと得点王争いをしている前田の得点です。

流石にその後はエンジンがかかり、チャンスが何度も生まれる。ちょっと前まで、攻めにならないパスごっこをしていたとは思えないでき。なにがあったんでしょうね。勝利した前節の瓦斯戦でさえぐだぐだシーンがあっただけに、その変貌ぶりが不思議といえば不思議。

しかし、チャンスは幾度となくあるものの得点に繋がらない。「プレーで勝って、勝負に負ける」典型のような試合展開。結局、後半37分まで得点できず。引き分けはともかく、勝てないかもしれないという弱気がムクムクともたげてきます。

しかし! エスクデロのゴール左へのドリブルからのゴール前へのパス、そのパスを闘莉王がゴールポストにあてて万事休すかと思いきや、跳ね返ったボールをエジが打ち込み、ゴールネットを揺らすゴール。そしてロスタイム直前のFK崩れのプレーでは、ポンテのシュートから跳ね返ってきたボールをエジがロングシュートでサイドネットを揺らし、3-2の逆転勝利。こんな試合はそうそう見られません。スタジアムに来た人は勝ち組です。気になった観客も4万を割らず、4万3000人台。天気が良かったのも幸いしたんでしょう。

ロスタイム、ジュビロゴール横のペナルティエリア内で脚を攣って?動きがとれなくなった達也が、攻め込んでくる味方の邪魔にならないよう、そして残りすくない時間をプレーの中断で減らさないために、仰向けのまま腕だけでピッチの外に出ようともがいていたのには泣けました。その後、ポンテがFKを奪ったときにエジが助けに来て、タンカも入り、何とか運びだされました。

その後のFKでエジが得点。そしてそのまま試合終了。達也の努力は報われました。

Conv0003 それにしても選手の動きは出色。

エジはもちろん途中交代で入った暢久は攻撃的前に上がりクロスをあげてましたし(多少単調でしたがw)、啓太の怪我で入ったエスクデロもサイドをえぐってましたし(ボールに乗って?ころんでましたがw)、そして何よりもあの平川が別人のようにサイドを抉る軽快なプレーを見せてくれました。平川さん、散々悪口いってすいません。そして、ポンテも走りまわり、判定にもエキサイトせず(イエロー3枚貯まってたせいでしょうか)、そして闘莉王も阿部ちゃんも代表疲れを見せずなにより。

Conv0004 インフルエンザでサブにも入れなかった峻希、前十字靭帯をやってしまった司、累積警告で出場できなかった元気ら若手がいませんでしたが、選手は素晴らしいプレーを魅せてくれました。坪井が単独ドリブルで敵陣に攻め込み、闘莉王がそれに併走して上がるというワクドキなシーンや、ポストに当たりまくるシュートシーン、セルの突貫シュートならずのシーン、フィードされたボールを相手より背が低いのになぜかうまく奪う暢久、そして冒頭に述べたようなボール奪い返しへの迫力あるプレー。そして、ロスタイムの逆転劇。いや~、いいもの見せてもらいました。

これで、まだ、ACL出場のチャンスは残っています。まだ、来年は行かなくてもいいのではと言う意見もあり、それはそれで一理ありですが、取れるチャンスがあるものは取っておくべきです。残り2試合、ともかく勝点6を狙いましょう。

しかし...なぜ選手のプレーは変わったのか。それがやはり謎だ。

(第32節、レッズ3-2ジュビロ、北ゴル裏、奥村彰男 43,619人、晴、午後2時3分、11月21日、土曜、4位)

|

« 【雑談】ふくらはぎと中山と市橋と森繁 | トップページ | 【レッズ雑談】我々はタナカに関心がある »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/46830947

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】やればできるんじゃん ジュビロ戦ロスタイム逆転劇:

« 【雑談】ふくらはぎと中山と市橋と森繁 | トップページ | 【レッズ雑談】我々はタナカに関心がある »