« 【レッズ雑談】我々はタナカに関心がある | トップページ | 【参戦記】最後まで決定力不足に泣く 最終節 鹿島戦 »

2009年12月 2日 (水)

【参戦記】人がよいのにもほどがある アウェイ京都戦1-0

Conv0001 最盛期は過ぎていたとはいえ京都の紅葉は、とてもきれいでした。東福寺、清水寺、三年坂、二年坂、高台院、八坂神社をめぐった京都の旅は良い思い出になりました。

Conv0002_2 その前日には京都の名居酒屋「赤垣屋」「伏見」「たつみ」を巡り、その風情と喧騒と味を堪能しました。さらにその後にはあの第一旭でラーメンを食しました。

また、翌日には錦市場の「大安」で焼き牡蠣と、はもあげを賞味。その旨さにまた、訪問したい気持ちがふつふつと。ビールをトマトで割った「レッドアイ」も美味しゅうございました。

ん?レッド? そういえば、これらのことの前になにかありましたね。そのために3時間睡眠で5時前におき、始発の列車に乗って東京駅に行き、新幹線に乗って9時半には京都に着いていたんでしたっけ。

紅葉の京都の宿泊事情が厳しく、おやじ2人で四畳半の畳の部屋のホテルに泊まったのもそのためでしたっけ。手元にはなぜかサンガとかいう文字の入ったタオルが手元にあります。

そう。もう思い出したくもない京都戦です。

Conv0005 前節の好プレーもあってか、先発は前節と同じ。前節ほどの激しいプレスではなかったものの、試合を優位に進めていたレッズ。しかし、なぜか点が取れません。気迫が足りないのか、そんな実力なのか。なぜかまったり感を漂う中、前半は0-0。

降格の危機が残る相手。そんな相手に気合が入らなかったんでしょうか。

人が良いのにもほどがある。

そして後半。選手を交代すればするほどチームの連動性が失われていく不思議な現象。そして、後半の1失点に最後まで反撃できず零封。これでガンバも川崎もACL行きを決めてしまいました。諸事情で、初めてのバックスタンドでのサポでしたが、そんな新鮮さも雲散霧消。なぜか後ろには会社の同僚がいたのにはびっくりしましたが(笑。あいつもレッズサポだったのか。

Conv0007 あの日を思い起こさせる巨大ゲーフラ(右。拡大してみましょう)が掲げられる中、悔しい思いを背負ってスタジアムを出て、西京極駅での大混雑にもまれる。

あ~。

もう1試合しか残っていない。後は意地だけです。
Conv0008 (第33節、京都1-0レッズ、西京極バックスタンド、松尾一 18,121人、曇、午後2時3分、11月28日、土曜、6位に転落

|

« 【レッズ雑談】我々はタナカに関心がある | トップページ | 【参戦記】最後まで決定力不足に泣く 最終節 鹿島戦 »

京都戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

おーっ ニアミスしてます! 私も赤垣屋に行ってました。

私にドンピシャの店でした (・∀・)

投稿: L-I-P-G | 2009年12月 3日 (木) 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/46914405

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】人がよいのにもほどがある アウェイ京都戦1-0:

« 【レッズ雑談】我々はタナカに関心がある | トップページ | 【参戦記】最後まで決定力不足に泣く 最終節 鹿島戦 »