« 【参戦記】強風と寒風と遅攻は嫌いだ 山形A戦1-1 | トップページ | 【試合展望】やっぱり年度末はねぇ »

2010年3月30日 (火)

【参戦記】勝ったけど、まだ不満足なりセレッソ戦 アウェイ2-3

Conv0019_2

終わってみると2-3の乱打戦。本当なら血肉沸き踊る試合というべきなんでしょう。が、まだ、そんな気になれない試合。もちろん勝ってうれしい勝ち点3なんですが。贅沢でしょうか。

Conv0002

達也、セルの先発と個人的には嬉しいメンバー。柏木、宇賀神とともにボールをもったら仕掛けてくれる選手。自らボールをもって動いて展開する端緒を作ってくれる。もっとも、今期はその動きが次に繋がらないケースが多いのだけれど。

達也の先制点は、いつものごとくよくわかりませんでした。こんなことなら家でスカパーを見ていりゃいいものと自問することもありますが、そうならないのはしょうがない性。ともかく先制点に喜んでいたのに、好事魔多し。

喜びもまだ収まらないうちに、あっという間に失点。茫然自失。というより、またやっちまった感がてんこ盛り。まだまだ穴が多いねぇ。

Conv0014

結局、後半早々、エジが得点するも終盤にまた失点。そしてなんとかその直後にエジが追加点で勝ちました。たしかに阿部ちゃんや萌のパスがエジへ通ったことは大きいです。これまでボランチと前線の絡みが今一つだっただけに、今後に期待を持たせる試合でした。もっとも、セレッソの守備のお粗末さにも助けられたのも事実。そういう意味で、勝ったというより、勝たせてもらえたという感じでしょうか。

セルが前半、負傷退場したのが残念。セルについては批判の声が多いけれど、個人的には取り合えず局面打開の起爆剤になる点を評価したいです。もちろん、ボールをもってドリブルを仕掛け、その次のプレーの質が問題ですが、こういう仕掛けをやってくれるだけでもワクワクします。

この後の試合は、ジュビロ、湘南と強豪相手ではないだけに(失礼)、ここで、チームとしての連携プレーをさらに向上させてください(願望)。うまくジュビロ、湘南戦をこなして新潟をぶったたきに行きましょう!

ちなみに達也は504日ぶりの得点だそうで。そう聞くと涙が出ます。というよりあの駒場のシーンが思い出される。救急車が達也を運んで行ったあの試合を。おかげで22歳の達也は事実上5年を棒にふることになりました。

フィンケはまだ達也を90分間使いません。私は、達也に無理をさせないという狙いだと思って納得してます。本人はできると言っていますが、やはり慎重に行きましょうよ。

P.S 久しぶりの長居。丸3年いけなかったんですかね。ただ、5万人のキャパに観客が1万6000人だと寂しい限り。山形アウェイ戦より少ない。レッズサポも決して多くなかったですが、勝てないとはいえセレッソサポがもっと行って欲しいもんです。もっとも2万人収容の長居球技場を改修してホームにするという構想もあるようで。確かに見やすいけれど、チケットが心配。

そういえば、ホームは当然ながらアウェイでもいつも会う某ほぼ同年齢のおやじに会えなかった(参戦されてたようですが)のは残念。新潟行きますよねw

Conv0019_3

第4節、桜2-3レッズ、アウェイゴル裏、飯田淳平 16,261人、晴のち曇、午後4時4分、3月27日、土曜、8位)

より大きな地図で 2010年参戦マップ を表示

■今節の動画 

■今節の画像

|

« 【参戦記】強風と寒風と遅攻は嫌いだ 山形A戦1-1 | トップページ | 【試合展望】やっぱり年度末はねぇ »

セレッソ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/47946616

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】勝ったけど、まだ不満足なりセレッソ戦 アウェイ2-3:

« 【参戦記】強風と寒風と遅攻は嫌いだ 山形A戦1-1 | トップページ | 【試合展望】やっぱり年度末はねぇ »