« 【チケット】瞬殺@ロッピ 山形戦 | トップページ | 【参戦記】寒さと新チャントとハム焼と »

2010年3月 7日 (日)

3年の熟成と2ヶ月の新生チームの差

Conv0001_5

昨年の開幕戦、「2年の熟成と2ヶ月の促成の差」というブログを上げましたが、今年は「3年の熟成と2ヶ月の新生チームの差」というべきでしょうか。氷雨の中の試合,辛ろうございました。メッシュの靴を履いていったおかげで、足が冷えまくりました。反省です。

Conv0005_3

2-0の結果はある意味想定の範囲内(せめて1-0で踏ん張ってくれと期待してたんですが)。恒例のデカ旗の虫干しを行うものの、いつものごとくうまく広げられないお馬鹿インファイトと違い、にくらしいくらい落ち着いている鹿。

Conv0002
序盤、奇襲攻撃で先制点を取れば勝機があると思ってたんですが、逆にやられちゃいました。結局、鹿の守りを崩すシーンはほとんどなく、あげくに最後に追加点を決められてしまう悲しさ。熟成したチームにうまくやられた感がたっぷり。

それでもセル、宇賀神、柏木のプレーにはワクワク。特にセルの対人の強さやスピードは出色。宇賀神も試合が進むにつれ、攻撃的になり、後半、エジの頭にどんぴしゃのクロスを上げるなど良いプレーをしてました。柏木も活動量が高くて今後に期待が持てます。

ただ、チームとしての完成度はまだまだ。なぜかボランチの阿部ちゃん、萌の動きがちぐはぐ。2人が一緒に上がってしまい、平川が内側に入り込まざるをえないプレーも。試合後、柏木は前線との連携がとれなかったと言っていますが、その要因の一つは、この2人のプレーと関係があるような気がします。ところで、萌の調子が悪かった理由は何だったんでしょう。

Conv0003

失点後、なんとか踏ん張り、攻撃もしかけてましたが、後半、ゲームを支配していた時間帯に点をとれず、これが試合を決めた感じ。

敵陣の真ん中くらいまでは攻め込めるのですが、そこからのプレーが迫力不足。特にサイドの深い位置からの攻めこまず、正面玄関からばかり攻めている感じ。サイドでボールを保持した選手を追い越そうとする選手はいるものの、その選手の前方にある空いたスペースへボールを出すシーンが皆無。ほとんどが横パスとなって、サイド攻撃につながらない。

中盤での展開でも選手の足元へのパスが多く、スペースを使った攻撃がみられません。雨のせいもあるんでしょうが、大きなサイドチェンジも皆無。これでは攻撃される、鹿島も怖さを感じない。

2点目を入れられるまで、同点になることを期待してましたが、実際のところ、得点の匂いはほとんどせず。達也、元気を入れて超攻撃的な布陣にしても効果なし。選手交替をすると却ってうまくまわらくなるという傾向があるのもやや心配です。

ちなみに元気が入っって坪井がアウトとなったとき、阿部ちゃんが両手が上げて「俺がバックス~?」(想像)と困惑してたのが印象的でした。

とはいえ、チームとして成長できれば面白いなと思わせる雰囲気はありました。これに、直輝、峻希、司という若手が加わってくれば...。昨年に続き一蹴された悔しい試合でしたが、チームの今後の成長に期待して次節に臨みましょう。..と、去年も書いたような気がしますが。

参戦体験記はまた後日

(第1節、鹿2-0レッズ、ゴル裏23-282、吉田寿光 35,251人、雨のち曇、午後6時4分、3月6日、土曜、セレッソが栗鼠に3点差で敗れたおかげで最下位は免れたものの、16位)。

Conv0004

■今節の写真
2010/0306 第一節 鹿島戦 アウェイ

|

« 【チケット】瞬殺@ロッピ 山形戦 | トップページ | 【参戦記】寒さと新チャントとハム焼と »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/47748743

この記事へのトラックバック一覧です: 3年の熟成と2ヶ月の新生チームの差:

« 【チケット】瞬殺@ロッピ 山形戦 | トップページ | 【参戦記】寒さと新チャントとハム焼と »