« 【試合展望】そろそろ昨年を吹っ切ろう ジュビロ戦 | トップページ | 【参戦記】3-0の勝利!次節は鞠との首位決戦 »

2010年4月25日 (日)

【参戦記】なぜ、そうなる?昔の記憶が蘇った ジュビロH戦0-1

Conv0010

恐れていたことが起きました。それも最悪の形で。

タダでさえ弱いチームに弱いというジンクスをめいっぱい実践。それ以外にもフラグがいくつもたちました。

去年と同じ勝敗で進んできた今年のレッズ。そのまま行けば引き分けという芳しくない、予想。先発要員としてスタジアムへいつもより早く行けば、要員が余り、解雇され、入場まだ時間をもてあます。今年になって会えば勝てるいう某おやじは影すら見えず。そして、参戦すると勝てないというフラグのたった2人の博多女性が突然現れる。あげくにデジカメを忘れ写真はケータイで撮るはめに(ですから今回の写真はケータイ写真)。

なんてフラグはどうでもいいんです。要は選手の心持なんだろうと推察するしだい。やはり、引き分けを挟んで公式戦6連勝という余裕と低迷する対戦相手という緩みがあるんだろうと。選手だけでなく、観客数も3万6000人と低迷。この試合が大事な試合だと思えば、晴天の昼間の試合にもっとサポが駆けつけても良いはず。そういった緩みは誰の心にもあったはず。

それでも前半、これまでのようなプレーでジュビロに攻め込む。一方のジュビロは日いい手護って、攻撃は散発的で弱弱しい。中盤の押しはあまりなく、連係プレーもうまく続かず散発感たっぷり。中盤の圧力も感じられず。

Conv0012

当然ながら、それなりに試合を支配できてました。ただし、レッズもこれまでのような鬼の寄せが余り見られない。そこまでしなくてもなんとかなる感じ。現にゴールポストに当たるシュートが2度もあり、これでも点が取れるという気分も当然ながら出てくる。そこが落とし穴。結局、両方無得点に終わるものの、「このまま行けば何とかなる」という気持ちになったはず。一方、ジュビロにすれば、引いて粘って点を取らせなかったわけで、これでOK.

しかし、その結果、後半のプレーは縦への攻めがなくなるなど、さらにまったりしたものに。その結果、次第にジュビロのボール支配率が高まり、レッズは受身のプレー時間が長くなる。相手にスペースを使われるシーンも出てくる。

得点された西には得点機の前にもゴールに肉薄されるなど、いやなシーンを演出される。そして、再び西にやられます。暢久の応対はやや緩慢というか諦めがよかったというべきか、最後の一線を越えさせないという迫力がありません(まぁ、暢久はどんなときもそうなんですが)。結局、暢久がかわされてフリーの西にボールが渡りジエンド。しかし、西かよ、西。あ~。

しかし、失点したとはいえ、後半10分のこと。ナビスコ神戸戦の再来を願ってもおかしくない状況なのに、この日はなぜか、目が覚めず、逆に連携プレーが崩れていく。選手交替で攻撃的な選手を入れても、連携がとれずにうまくいかず。なかなか点が取れるという気がしません。こんな気分はここ数試合はなかったこと。

恐ろしいのは終盤、レッズが、昔のチームを彷彿とさせる横パス、バックパスが増えたこと。挙句にパス先を探してうろうろするシーンも復活。

Conv0013

もっとも、いつの試合も絶好調と言うわけにはいかないもの。ただそんな内容の悪い試合でも何とか勝ち抜くことが大事。それができて本当の強さなんだけどなぁ。まだ、そこには到達せずということなんでしょう。

一緒に見ていた某ブロガーさんの一言。
「昔はジュビロ相手にこうやって何とか勝ちを拾ってたもんだ」
ま、この言葉で自分を慰めるしかないですかね。

次は、伸次のいる清水戦。その次は闘莉王のいる名古屋。昨日のような気の抜けた試合は見せられませんぜ。

第8節、レッズ0-1磐田、北ゴル裏、岡田正義 37,116人、晴、午後4時3分、4月24日、土曜、負けて暫定2位へ転落)

Conv0016

■今節の写真

 

|

« 【試合展望】そろそろ昨年を吹っ切ろう ジュビロ戦 | トップページ | 【参戦記】3-0の勝利!次節は鞠との首位決戦 »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

タイトル意味がわかりにくいのですがw

投稿: crash634 | 2010年4月25日 (日) 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/48176963

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】なぜ、そうなる?昔の記憶が蘇った ジュビロH戦0-1:

« 【試合展望】そろそろ昨年を吹っ切ろう ジュビロ戦 | トップページ | 【参戦記】3-0の勝利!次節は鞠との首位決戦 »