« 【試合展望】萌よ峻希よ。君たちのいないレッズなんて | トップページ | 【ただのぐち】嬉し悔しの夜はふけて »

2010年4月13日 (火)

【参戦記】覚醒した阿部ちゃん、嵌った暢久 新潟A戦0-2

Conv0007

いやぁ、新潟アウェイでよいものを見せてもらいました。サヌのパスからのボールをズドンと決めたシュートの素晴らしさ。その喜びで1メートルぐらい飛び上がったような気がします。回りの見知らぬサポとハイタッチの嵐。千葉時代の攻撃的ボランチの雰囲気が戻ってきました。そして数分後、ポンテのFKの軌道を変えて、2得点目を決める阿部ちゃん。1試合2得点。爽快です。

達也は攻守に献身的なプレーを繰り返す。ゴール前では、ファウルでないと止められない状態。湘南戦を含め、達也のとったファウル&FK・PKはチームに貢献してますねぇ。

 

Conv0006

楽しみながらCBをこなす暢久の姿にもほれぼれ。相手の背が高かくても、フィード争いに負けることなく悠々プレー。お決まりの危ないパスも今回はなく(でも遊んでましたがw)、詰め寄る新潟の選手を軽くいなして、前線へフィード。さらにはゴール前右斜め前まで出てきてシュートをうかがうそぶりまで。結局、パスして自ら打ちませんでしたが、これとは別にゴール前からのシュートもあり。もはやCBが天職のごとく振舞う暢久には惚れ惚れ。完全にCBにはまってます。暑くなってヘロヘロになる季節になるまでは安心しましょう。

坪井も相変わらず俊足ぶりを印象付けるプレーを披露。攻め込まれてもゴールライン&サイドラインぎりぎりのところで、ファウルなしで相手ボールを奪う手際(足際?)や、スペースに放り込まれたボールを相手選手と競争して追いかけ、追い抜き、マイボールにしてしまうシーンが多数。見ていてはらはらしながらも、最後はマイボールにしてくれるので、これは楽しい。

Conv0008

怪我の萌に代わって出場した啓太も、守備的ボランチとというよりも、阿部ちゃんと旨くバランスをとって、前にも出てきてプレーします。そして啓太に限らず、他の選手も後ろ向きのパスをほとんどしない。

暢久、坪井と言う2人のCBが安定しているからこそ、阿部ちゃんも啓太も攻撃的なれるんでしょう。どこかに行ってしまった某選手のおもりをしないで済むのも大きい(しつこい)。フィンケのやりたいサッカーが次第に見えてきた感じです。

昨年も、今頃までは楽しいサッカーを見せてくれてました。その後、昔に戻ってしまったレッズ。あの頃のサッカーはつまらなかった。直輝や元気などの新加入の選手が抜けると、多くの選手が昔のレッズに先祖帰りしてましたが、今年はそんなことはなさそうです。

もっとも、前半は湘南戦のように圧倒的な形にはならず。5試合連続無得点の新潟は勝利を勝ち取るべく積極的に仕掛けてきたせいなんでしょうか。某NHKのJリーグ番組では「前半はレッズが圧倒的に試合を支配」などと言ってましたがそんなことはない。事実、サイドからの攻撃からゴール前に肉薄されるシーンが何度かありました。久しぶりに先発したアトムがゴール前でシュートを打ち込んだ瞬間は本当に肝を冷やしました(大きく外れましたが...w)。

ただし、後半になると前半踏ん張りすぎた新潟の運動量はがた落ち。そこをつけこんで2得点。しかし、レッズが相手チームに運動量で上回るなんて、いつ以来でしょ。

特に後半10分当たりからは、試合を支配。攻め続けていても、点が取れず、カウンターでアボーンと言うことが起こりがちなサッカーですが、今回は、阿部ちゃんが良い時間帯に決めてくれたおかげで落ち着いたサッカーができました。

そしてサヌ。宇賀神の急な故障で、前半の途中から、今までやったことのない左サイドで登場。その動きは期待するに十分。得点につながる阿部ちゃんへの軽く 触るだけのパスが印象的でした。遠くまっすぐ飛ぶスローインでは、投げた瞬間、ゴル裏がどよめきましたねぇ。いわく、反対サイドまで投げられるとのこと。 見てみたいもんです。

で、暢久はロスタイムに自陣のゴール前で2度倒れ、新潟サポからブーイング。流石、年の功で時間稼ぎかと思いましたが、2度目の倒れこみは、山岸にパンチ ングを食らったせいだそうで。笑えます。もっとも、反対サイドのこちらからは何が起きたか分からず、やや心配しました。暢久が倒れていた時間としては久し ぶりの長さでした。さらに、その前にも足が攣っって倒れこむなど、珍しいシーンも。

さぁ、明日は早くも神戸ナビスコ戦。平川、達也は居残りのようです。夜7時の試合では、1泊しなくてはならず、流石に、参戦できませぬ。今季、初めての欠席試合。参戦の皆様、よろしく願います。先発メンバーがどうなるか楽しみです。

Conv0004

(第6節、新潟0-2レッズ、アウェイゴル裏、廣瀬格 32,485人、晴れ、午後4時3分、4月10日、土曜、直後は暫定首位、最終的には勝ち点1差の2位。首位は清水。鹿島は引き分けで5位。ありがとう瓦斯)


より大きな地図で 2010年参戦マップ を表示

|

« 【試合展望】萌よ峻希よ。君たちのいないレッズなんて | トップページ | 【ただのぐち】嬉し悔しの夜はふけて »

参戦記」カテゴリの記事

新潟戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/48081208

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】覚醒した阿部ちゃん、嵌った暢久 新潟A戦0-2:

« 【試合展望】萌よ峻希よ。君たちのいないレッズなんて | トップページ | 【ただのぐち】嬉し悔しの夜はふけて »