« 【試合展望】いよいよ川崎戦 よそ行きプレーは危険な匂い | トップページ | 【アウェイ情報】遠征思案 楽し悩ましの清水、仙台戦 »

2010年4月19日 (月)

【参戦記】狂い咲き萌はどこへ行く 川崎H戦3-0

Conv0002

達也が2点目を決めたとき、隣のおやじとハイタッチだけでは飽き足らず、抱き合ったのですが、お互いの腹がぶつかってやや変な感触。

萌のシュートが決まってからわずか1分。試合前の想定とは違い、あっという間に2点をとれた喜びは限りなく甘美でした。

Conv0001

試合前の想定とは違い、横パスを奪われるようなぬるい攻撃は皆無。縦へ縦へとボールが運ばれる。ボールを奪われてもすぐ2人、3人と取り囲んで奪い返そうというプレーを実践。中でも萌は狂ったように相手を追いかけボールを奪い返し、即攻撃に転じる。好調な阿部ちゃんを上回る積極プレーには脱帽です。早い時間にイエローをもらって本人は控えめなプレーを心がけたと言ってますが、あれが控えめなプレーとは到底思えません。凄すぎる。

Conv0003

某高畠監督は川崎の選手のほうが力があると試合後ものたまわっていましたが、自慢の選手も分断されれば、機能はしない。確かに、ゴール前でボールを持てば、いつシュートを決めてもおかしくない選手もいるし、ぬるいパスをかっさらって、カウンターを決めてしまう底力もある。

でも、ゴール前に近寄らせず、ぬるいパスもせず、それどころか、バンバンボールを奪ってしまえば、流石の川崎も何もできない。レナチーニョもチョンテセもほぼ為すところはなく。稲本はまったく仕事ができず消えてました。稲本は欠場だと思っていたお仲間がいたという笑える話もあります。途中出場の憲剛も孤立してましたし。

川崎にすれば出会い頭のような2失点だけに、負けた気がしないかもしれませんが、失点後点が取れなかったこともまた事実。賭博性の高いサッカーだから、あわや失点(川崎にとって得点)と言うシーンはありましたが、それもいわば偶発的なもの。

Conv0009

後半の20分間ほど、押し込まれていた時間帯も、早めに芽を摘んで、それほど怖くなかった。もっとも、例のPKが決まっていたら試合の流れが変わっていたかもしれない感じはします。山岸は良いプレーをしてくれたもんです。試合後のインタビューの照れぶりが可愛い。ちなみにPKの発端となったファウルはほんとにエリア内だったんですかね。

ともかく、今のレッズがやっているプレーが川崎にも通じたことが嬉しい限り。ただ、柏木も言っているように、このプレーは日本の夏ではできません。たぶん。その時のやり方、対処法を早くフィンケにひねり出して欲しいもんです。暑い季節はもうすぐそこに来てますから。

Conv0007

第7節、レッズ3-1川崎、北ゴル裏、村上伸次、46,313人、晴れ、午後4時3分、4月18日、日曜、暫定首位)。

P.S.村上主審のぐだぐだぶりには脱帽w 判定に対するポンテの抗議にイエローを出した村上。しかし線審がアピールしていたように、ことの発端は川崎側にあったはず。結局、しつこく判定のミスを訴える線審の言うことを認めた村上ですが、今度はそれに執拗に抗議するレナチーニョにはお咎めなしとはねぇ。ま、主審の顔色をうかがう線審が多い中、しっかり自己主張した線審はあっぱれでした。

|

« 【試合展望】いよいよ川崎戦 よそ行きプレーは危険な匂い | トップページ | 【アウェイ情報】遠征思案 楽し悩ましの清水、仙台戦 »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

海豚戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/48123228

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】狂い咲き萌はどこへ行く 川崎H戦3-0:

« 【試合展望】いよいよ川崎戦 よそ行きプレーは危険な匂い | トップページ | 【アウェイ情報】遠征思案 楽し悩ましの清水、仙台戦 »