« 【試合展望】闘莉王のいない名古屋なんて..とーっても怖いw | トップページ | 【試合展望】罠におちないでね。 鞠戦 »

2010年5月 7日 (金)

【参戦記】元気「こどもの日だからのこども...」発言の謎 名古屋H戦2-1

Conv0004

タイトルの元気のヒーローインタビュー。この後、言いよどんだ理由が、私には分かります。そのことは後にして。

茫然自失の清水戦から中3日。バックスタンドには「PRIDE OF URAWA」のダンマクが掲げられました。清水戦でもゴル裏に掲げられたダンマクです。意味深なダンマク。

Conv0003

それを正面に見て入場した選手。気合の入る攻めが見られると期待しましたが,あにはからんや、どうもうまくいかん。うまく攻め込んでいくものの、途中でパスミスやパスカットを受け、両サイドに振られ、縦に侵食され反撃にあう。特に、サイドから入り込む三都主の正確なクロスやCKキックにひやひやさせられる。

Conv0002

さらには、お決まり暢久のミス。今回は、はでにミスをして、小川にあわやのゴールを決められそうな大ピンチを招く。しかし、小川はゴールをはずし、一件落着。この日は、小川の度重なるミスに助けられました。本来は良い選手なのにねぇ。ついでに言えば千代反田も良い選手ですが、今日はダメダメ。達也にヘディングかませて脳震盪を起こさせたり、クリアをポンテに奪われ決勝点を元気に決められたりと散々。

で、CK崩れで三都主から出たクロスが、ケネディにどんぴしゃ。くっついていた暢久も、後頭部にあてたケネディのヘディングシュートになすすべもなく失点。

試合後、暢久は「三都主に自由に蹴らせないようにしないと」という意味の談話を残してますが、その通り。たしかに、前半、レッズの寄せがやや甘かった感じがします。

結局のところ、名古屋相手にやや慎重になった結果なのかなと。引いて護るほどでもなく、ちゃんと攻めてましたが、寄せがやや弱く、また選手間のコンパクトさも足りなかったかと。そんな微妙な違いですが、セカンドボールを拾えず、それが綻びに繋がったのでしょう。また三都主を含め、ボランチが予想外に両サイドに広がり、攻めてきたのにあたふたしてました。

それでも失点後、思ったよりはバタバタせず、何とか前半をクリア。ただし、もう2点ほど入れられてもおかしくない内容。それだけに、前半終了後、ゴル裏からは少数ながらブーイングも出るほど。

で、なぜか、後半、形勢が逆転。一つはルーズボールを拾えるようになったこと。レッズの選手の間の距離が詰まってきたせいでしょうか。寄せも厳しくなったように思えます。そして、サイド攻撃に対処したこと、さらに、次第に名古屋の選手が動けなくなってきたこと。理由は一つではないでしょう。複合的に効いてきた感じ。

それでも、得点は後半の早い時間。脳震盪の達也に代わって入っていた元気がドリブルでバイタルエリアに入り込んで、倒され、あ~!と言う瞬間、ボールは柏木にパスされて、ドカーン!

追加点もその直後のこと。千代反田のクリアミスのボールをポンテが奪い、元気にパスし、ゴール。

後は押せ押せ。時間がたつごとに、彼我のプレーの質に差がでる。と、いいながら、決定的なチャンスでポンテ、エジ、元気が得点できず、あぼーん。3点損した。

後半、ポンテ、エジ、ホントに疲れてましたね。元気は1アシスト2ゴールとなるチャンスを逃し残念。2得点目のチャンスは、ちゃんと蹴れれば、得点でした。

この日の敵将の采配も最高。何がよかったといって、「止まったボールを正確に蹴る」三都主を交代させたこと。攻めたい気持ちは分かるけど、代わって入った杉本は、敵の裏を取るボールを出してもらってなんぼの選手。配給係がいなくては機能せず。CKでも三都主、玉田がいないので、助かりました。挙句に闘莉王もどきの扮装の巻が出たときには一同拍手。

それでも2-1の最少得点差だけに、最後までヒヤヒヤでしたが、無事試合終了。

Conv0009

このところプレーの質は一定水準を維持してます。それでも結果はさまざま。結局のところ、最後の詰めは選手の意識なのかなと思わせる内容でした。頭では油断してはいけないと思っていても、結局無意識のところで油断したジュビロ戦、やや受身で入った名古屋戦の前半。この試合も、失点後の粘りの意識がなかったら、そのままあぼーんだったかもしれません。サッカーは怖いなぁ。

最後に扇谷に一言。中学生相手にレフリーしとけ。色が黒くてもいい審判にはなれないよ。

で、元気の言葉。「こどもの日だから、こどものためにゴールを決めたかった」と言い掛けて、自分がまだ子供だと気づいて言いよどんだですね。頑張れ18歳! うちの息子は20歳w そして、柏木発ゴールおめでとう!

Conv0005

(第10節、レッズ2-1名古屋、北ゴル裏、扇谷健司 55,410人、晴、午後2時4分、5月5日、水曜祝日、鹿が負け4位)

Conv0006

■今節の写真

|

« 【試合展望】闘莉王のいない名古屋なんて..とーっても怖いw | トップページ | 【試合展望】罠におちないでね。 鞠戦 »

グランパス戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/48290987

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】元気「こどもの日だからのこども...」発言の謎 名古屋H戦2-1:

« 【試合展望】闘莉王のいない名古屋なんて..とーっても怖いw | トップページ | 【試合展望】罠におちないでね。 鞠戦 »