« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月22日 (日)

【参戦記】ごめんセル。暢久もよかったぜぇ 第20節湘南A戦1-4

Conv0001

いやぁ、久しぶりの勝利。試合後、選手の挨拶も終わり、「We are Diamonds」を歌い上げる前、「歌詞忘れてないかな」と漏らしたら、コールリーダーも同じことを言ったのには笑った。その後は、解散するでもなく、「Pride of Urawa」「浦和を愛するなら(動画リンク)」を歌い上げたり、都築のチャントを歌ったりと、喜び放題。我々がスタジアムを後にするときには暢久のチャントまで始まる始末。それに帰りかけていたサポも歩きながらそれに併せて歌うなど、ちょとしたお祭り気分。

が、しかし。試合の前半はこのところの定番な展開。よく攻め上がるものの、なかなか得点がとれない。FWはエジ、ポンテ、宇賀神と3人配置されているが、いずれもMF的な動き。ボールをもらっても、シュートではなくパスをする動きが目立つ。FW不在のチームではチャンスメイクをしても、なかなか決めきれませんよねぇ。と、いつもの愚痴。

目先を変えるためのロングフィードぐらいはさんでも良さそうなものの、それもなく、いつもの短いパス回し。縦への長めのパスとフリーランしていく選手という組み合わせもほとんどなし。それでも暢久がミドルレンジから狙いすましたちょんげりシュートを試みたり(惜しくもゴールならず)、柏木が果敢にシュート打つものの無得点。結局のところ、いずれも湘南が待ち構えているところにパスを交換しながらぶち当たる感じ(この日はまだましでしたが)。相手の体勢が整わないうちに攻め込むケースがすくないんですよねぇ。で、前半は0-0。

試合前の練習に入る前、選手がゴル裏に整列してゴール裏に挨拶。気合いのほどはよかっただけに、今回は違う展開を期待したんですが、結局変わらない展開と結果。デジャブをみているような展開。それでも、今節も新チャント「浦和を愛するなら」をやって、ゴル裏の気合いは十分。メイン、バックの自由席でも立って肩を組んで飛びはねる苦行をともにしてました。

ちなみに今節もツボは控え。暢久が入り、サヌ、平川が両サイドバック。左サイドのサヌとその前に陣取る宇賀神は、時々ポジションを入れ替えながらプレー。相手からすると捕まえにくくて、面白い布陣とは思いましたが、宇賀神がバックラインまで下がったりして、FWっぽくないプレーになるのがやや難。かつて相馬とアレックスが同じように左サイドに並んでプレーしたことがありました。あれに似ていて、個人的には好きな布陣。ただ、短命に終わった布陣でした。今度はどうなるんですかねぇ。

Conv0002

で、後半。前半途中の競り合いのプレーで左肩?を痛めた阿部ちゃんに代わりセルが出場。このときは、またいつものような不可解な交代などと思いましたが、結果はオーライ。なぜか縦へののグラウンドの長いパスや、それに合わせた縦への長い走り込みが目立つように。見ていても楽しい。相手が応対できないプレーが生まれてくる。そして何よりそれらのプレーに結構セルが絡んでいる。

これは、もしかしてと期待していたら案の定、セルが惜しいシュート放つ。いいねぇ、前を向いてドリブル、パスで切り込んでシュートす。さらに押せ押せの中の右CK崩れから反対サイドに流れたボールを宇賀神が拾ってセンタリング。そこをスピラが見事にヘッドでゴール。倒れ込むスピラの動きが焼き付いています。

そして、動きに切れを見せるセルが、フェイントをかませてゴール前で強引にシュートして得点を決める。これらのプレーに対し、周りの席から「ごめんセル」の声が(笑)。「ごめんエジ」以来のごめんでした。

さらに今度は、暢久がゴール前からミドル気味のシュート、ポストに当たって跳ね返ったボールをエジが合わせてごっちゃんゴール。暢久はサイドバックながらシュートを狙いにいくシーンが出てきて、6番を背負っている身としてはうれしい限り。そしてその1分後にエジが4点目を決める。途中交代で入った元気も、ゴールのお膳立てをしてもらい、あわやゴール、のシーンも。でも、あそこではずしちゃいかんよ。

まぁ、相手が降格争い中のチームが相手とはいえ、後半に見せた縦への速い動きが再現できれば、もう少し強い相手でも、そこそこの戦いができるはず。速い縦の動きの結果、選手が前を向いて攻めるケースが増え、シュートチャンスも増えてくる。

ただし、次節は上位クラスの鹿島が相手。もう少し中位クラスと戦って、勝ちを重ねてから対戦したかった。ま、仕方がない。コールリーダーも試合後、「あたって砕けよう」などと口走っていたくらいですから(サポからブーイング食らってました。爆)。試合終了直前の失点という、守備への不安は相変わらず残っていますが、ともかくがんばってサポートしましょう。

Conv0004

話は変わりますが、試合開始前、恒例?なのか、小学生から高校生?くらいの女の子たちのフラダンスが両ゴール裏前で披露されました。あまりの密集度のための不快さもあってか、殺気立っているゴル裏の前にこわばった表情でポジションにつく女の子。さすがのゴル裏サポもいたいけな子供相手にはブーイングできない(20歳以上だとブーイングします)。殺気だったゴル裏と釣り合わないのんびりしたハワイアンの音楽。おもてなしのつもりなんでしょうが、おもてなしの発想のないレッズサポにとって、どう対応したらよいのかわからず、不思議な対峙が続く。それでも、演奏後、拍手が出たため小学生の女の子はゴル裏に手を振るなど、踊る前と打って変わって楽しそうでした。

さて、この日の主審はあの、家本。このところ、安定したジャッジで、もはや「御三家」の座を失ってから久しい。今回も適確で安定したジャッジで、改めて変貌ぶりを見せつけました。いつ選手の抗議に切れて爆発・暴走するか気が気ではありませんでしたが、抗議を受けるようなやばいジャッジもなく平穏無事。今や御三家の名跡は佐藤隆治に完全に譲り渡したかっこうです。ただ、セルがゴール後、喜びのあまり、ユニを頭にかぶった行為にイエローを出したのはいかがなもんでしょう(W杯でもやってたじゃん)。これでセルは次節出られず残念。

ともかく、久しぶりの勝ち点3。では、また来週。

Conv0003

第20節、湘南1-4レッズ、バクスタ自由、家本政明、 14,095人、曇、午後7時3分、8月21日、土曜、5試合ぶりに勝利し1つ順位を上げ10位)→FINKEの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

【不参戦記】決め切らん悲しさよ 第19節H仙台戦1-1

まぁ、なんというんですかなかなか厳しい試合。会社を出た瞬間に届いたメール。「オウンゴール」。血の気がひきましたよ。よりによって、オウンゴールって。呪われてるんですかね。

サヌと平川を両サイドバックに、前節得点した宇賀神をSHに起用したフィンケ。ツボはお休みで暢久がかわりに先発という布陣も、結局前半は無得点。

伝聞によれば、怒濤の攻めながら点が入らないという、いつもの泥沼にはまり、そこを耐えた仙台にオウンゴールを奪われる。しかも残り約10分という時点で。

でも、なんだか予感はあったんですよね。地下鉄に乗って何駅かいったところで、エジの得点をメールで知る。残りわずか、逆転を祈る。だめでしたけどね。

でも、まだめげてませんよ。もちろんもっと得点してほしいですけどね。仙台並の強さであることを認識して、次節、湘南に挑みましょう。ちなみに今日も肩を組んだんでしょうか?
(第19節、レッズ1-仙台、不参戦、松尾 一  32,231人、晴、午後7時33分、8月20日、火曜、引き分けて11位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【参戦記】熱中戦も惨敗 それでも付いていくわ 名古屋A戦3-1

Conv0001

いやぁ、暑いなんてもんじゃない。2時過ぎに到着した豊田スタジアム。知立でウナギを食ってきたのに、瞬く間にエネルギーを吸い取られる。

Conv0004

スタジアム横の待機列はコンクリートの照り返しで、尋常ではない蒸し暑さ。お仲間を捜すも見当たらず、電話をしてもつながらず、呆然としていた時に出会った某やす女子。熱いコンクリートの上に地蔵のように、泰然自若として座っていたその姿に脱帽。さらに合掌。

しばし某女子と会話をした後に、その場を離れうろうろしていたら、偶然お仲間に遭遇。その方々と連れだって、スタジアムのコンクリート熱射地域から離れ、敷地内にある噴水のそばにシートを敷いて開門の4時半までの2時間半を過ごすことに。さすがに芝生と噴水と風のおかげで多少は救われる。

そして列整理。暑い中、待機列に並んで入場を待つモードに。開門時間を過ぎても30分近く列は動かない。まぁ、そんなもんです。そんな中、雨がぱらつきはじめる。降るなら入場後にして欲しいと祈ると、何とか雨は止むw

その後、少しずつ列が動き、スタジアム横に移動。そんな時に目に入った貼り紙。スタジアムの壁に貼ってありました。内容は、曰く「雨が降っても、(可動)屋根は開放します」。とぼけた文言でございます。動かない屋根をごまかすなよ。この日は、夕方から雨の予報。実際、名古屋の中心部では昼間に大雨が降った由。そんな雨予報に備えた貼り紙らしい。しかし「開放」するんではなく可動屋根が故障していて「閉められない」んでしょw その罪滅ぼしなんでしょうか、入場してすぐのところにビニール袋の山が用意されてました。皆で争って確保。雨が降っても荷物を入れて濡れないようにとの配慮ですね。ありがとうございますw ちなみにホーム側のゴル裏は中途半端に止まった屋根があるので雨が降っても濡れない模様。まったく。トヨタはケチだ。

入場したものの、試合開始まではまだ約2時間ほどある。コンコースで1時間ほどトイレ、食事、休息・歓談をした後、試合開始1時間前にゴル裏のスタンドへ移動。いやぁ暑い。いつもよりサポーターは少ないので、ご好意で開放された2階はがら空き。それでも、このお盆の中、家族・親戚・人生を捨ててやってきたサポの意識は高い。1階に陣取ったサポは、皆精鋭(のはず)。

Conv0002

そう、こんな時にもなぜか階段に陣取る人々がいる。どれだけ階段が好きなんだか。おかげで、1階の中心部周辺は階段にも人が立って密集状態。だから暑い。なのに、そんな中、両隣のサポと肩を組んで飛び跳ねながら歌う新チャント「歌え浦和を愛するなら!」の洗礼。

神戸戦で初お披露目だそうで、体験した方々から「厳しいよぉ」と脅されていたあのチャント。帰宅後、元祖であるフランクフルトサポの映像もみて、その志には共感したんですけどね。でも夏の暑い盛りにやると、非常に厳しい。死ぬ。特に半世紀近く生きてきたオヤジには拷問w やるなら冬でしょ。体が暖まる。ちなみに崩壊寸前の等々力ではできませんねw 

でも、気配りがされているのかこの日は、長時間はやりませんでした。それでも何回か目の「歌え浦和を愛するなら!」が終わった時(まだ試合開始前ですw)には、周りの人たちの体から発する熱気で、湿度は90%。ああ、恐ろしい。

そうこうするうちに試合開始。平川、宇賀神、サヌが並び立つ布陣。少しは期待しましたが、前半は健闘するものの無得点。前に回そうとするパスは悪くないんですが、最後の最後の押し込み力が足りない。バイタルエリアでは、パスをもらってすぐシュートしないと点はとれないんですが、そんなプレーがない。

その点、闘莉王はさすが。フリーになった右サイドの選手からのクロスに後ろから縦に入り込んで有無を言わさずヘッドで得点。まぁ、レッズにいたころからの定番プレーですが、わかっていても、ああいう動きに人間は対応できないんですよね。相手に構えさせないうちに打ち込むプレーができないとそう簡単には点は取れません。

その後、宇賀神のすばらしい同点ゴールで大盛り上がりしたものの、ツボのミス(というよりツボに戻した某選手のミス)で玉田に得点される。後半、パスを多様するレッズに早め早めに詰める意識を高めていた名古屋に対して、対応が甘かったですね。その後、ゴール前の混戦で再び玉田に決められて、ジエンド。

悔しくはありましたが、負けの耐性ができてしまったのか、それほど落ち込みませんでした。選手の動きは悪くない。でもチームとして、好機を作っても得点に結びつけられない。何かが足りませんね。

試合後、選手にはブーイングではなく激励が。この日、試合前、レッズバスを出迎えての応援、試合後も激励のバス囲みwがあったようで、サポはブーイングモードではなくサポート体勢。サポなら愚痴とヤジを飛ばすのではなく、選手を後押しして勝ち点をとるためのサポートをする状況でしょう。愚痴ったり、野次ったりするステージではないんですよ。では、次節。

Conv0003

第18節、名古屋3-1、北ゴル裏、岡田正義  31,715人、晴、午後7時3分、8月14日、土曜、負けたのに11位) →FINKEの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

【不参戦記】癖はなかなか治らない? 神戸A戦1-0

Photo

家庭の事情で、参戦は断念。で、いつもの通りiPodでJ'sGOAL速報頼みの試合チェック。

先発にサヌをFWで使い、宇賀神、平川のサイドバック体制。暢久はまたベンチ。スキラが出てきました。そしてサヌが出た分、達也を先発からはずす。

これはこれで、理解できる布陣。ただ、これで結果が出ないとやばいよなぁの予感。

そして、案の定、前半は無得点。ただ、終了直前に神戸のDF茂木がイエロー2枚で退場。後半は1人多い体制で臨める。ん?これはいつか見た風景。そう前節の大宮戦の再現。というより両チーム無得点だから、レッズには有利、のはずがやらかしました。後半8分で、得点されるって何? また気の緩みでしょうか。

ガンバ戦ではロスタイムに得点して気が緩んですぐ決勝点をあげられ、大宮戦では後半1人多い体制で1点も決め切らず、今度は1人多くて1点を開始8分で奪われる。そして、そのまま、得点できず試合終了って...。

スタジアムでのブーイングが想像できます。あきれてブーイングも出なかった?
どうなんでしょう。いずれにせよ、日曜の夜の遠方アウェイ戦に参戦した皆さまにエールを送ります。お疲れ様です。

昨年の夏、遠方アウェイ3連敗(ガンバ、広島神戸)したときのことを思い出します。体力、お金、時間を消費するアウェイ戦に3回連続で負けると疲れます。来週こそは!

第17節、神戸1-0レッズ、不参戦、扇谷健司  12,799人、雨、午後6時3分、8月8日、日曜、ついに二桁順位の10位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

【参戦記】どあほな試合 呆然と言うよりあきれる

Conv0002_2

Conv0006

ダービーとかで騒ぐ人がいますが、大宮を意識しすぎて盛り上げたいなんて全く思ってません。つまらないチームだと思うんですが、皆さんは気合いが入るようで。リスゴミゲーフラもまた出たようですが、勝たなきゃカッコ悪いよね。

ラファエルのシュートはうまかった。ああいうこぼれたボールをうまくさばく姿はワシントンを思い起こします(でも小ワシントン)。

Conv0005

で、結果はどあほ。内容も呆然というよりあきれる。このチームに意思があるんでしょうか。さすがの私もフィンケに疑念が。目指すサッカーは良いけれど、選手に結果を出すだけの理解や動きがないのか。そんなにできない子たちなのか?フィンケは選手に何を伝えているのか?よくわかりません。ちぐはぐな意思のつながりのないパスだけの試合は見たくないですねぇ。前半のいい時間にラファエルにやられてしまい、ハーフタイムはこれまでの実績から逆転できる気もせず、盛り上がらず。

Conv0008_2

しかし後半、大宮の村上が前半40分に退場したからなのか、急にボールを支配し始める。とはいえ、あれだけ攻め込み、ボールを支配し続けたのに、ゴールどころか、ドキドキするシュートがほとんどなかったのには呆れました。交代したセルも元気もうまくピースにはまらない。集まった4万人を超える観客に申し訳ないだろうに。

ただ、選手起用にやや変化も。後半、平川の変わりに宇賀神を入れて、サヌ、宇賀神を並立させた点。どうでしょう。サヌは真ん中の方がいいのだけど。それから達也が決め切らない。本人も辛いだろうが、フィンケどうするか。

前節の京都戦の内容がフックだったのが明らか。レッズは大丈夫なんだろうか。

そういえば噂の審判、スチュアート アトウェルは凄かった。悪い意味でw しかし、そんなことも忘れる凡戦の方が心に染みました。悪い意味で。

Conv0009_2

で、この日も懲りずに豊丸。ここの店長は茨木の店で修業した人。参戦仲間がガンバ戦の時に茨木店に行ったことや、浦和店にはないハモを食べたいといったことを言ったら、今度用意しときますと言ってくれた。それを期待してこの日も行ったものの、入荷せずとのこと。残念。こんな話題で気を紛らわすしかない日でした。挙句に飲み終えて、帰ろうとしたら宇都宮戦が止まってました。orz

第16節、レッズ0-1大宮、北ゴル裏207、スチュアート アトウェル 40,326人、曇りのち雨、午後7時4分、7月28日、水曜、9位)→フィンケの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【不参戦記】なぜか大爆発 見たかった勝利

この時期の平日の試合は厳しい。翌日の仕事にも影響が出るためさすがに不参戦。当日はiPodをWiFiでネットにつなげてJ'sGoalの速報を横目に某会合に参加。前半終わって1点も入らないので、ああ、また同じような試合をやってるんだなと思ってました。それに弱~いチームや連敗チームにからきし弱いジンクスも気がかり。いやな予感が。

ところが後半に入ると、あれよあれよという間に2得点。最後、3点目が入った時点でもう終わりかと思いきや、何と4点目。心の中でお祭り状態。何試合分の得点をしたんだか。

ちなみ、参戦したお仲間によると前半もなかなかのできだったようで。

1得点目のサヌ、やはり真ん中目でのパフォーマンスが高いのでは?

ただ、気になるのは相手の京都がボロボロだったこと。恥ずかしい失点が2つ続いて、こころが折れて、最後に宇賀神にだめ押しされた感じ。

勝ったはいいが相手は最下位のチーム。実力復活とはまだ言えないでしょう。

第15節、京都4-0レッズ、不参戦、吉田寿光 10,530人、曇りのち雨、午後7時4分、7月28日、水曜、6位)→フィンケの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【参戦記】悔しかろう柏木 いつかこの借りは返そうな

Conv0004

ぐだぐだのガンバ戦から6日。暑~い、暑~い日。スタジアムに着いて、入場までにしたことはビール飲みではなく、かき氷食い。こんなのは初めてです。

Conv0003_2

さて、久しぶりの埼玉スタでの試合。暢久がレッドを食らって出場できずスピラが登場。そしてポンテにかえて、古巣相手ということで柏木が先発。

しかし、結果は全くの凡戦。パスは多いものの得点のにおいはしない、つまらない試合。守備に不安があるのか前がかりにならないサヌのおかげでバランスは崩れる。昔の暢久のようにボールを受けるとすぐ後ろに戻すパスって..。もっともSBは本来のポジションではないのだが。やはりより真ん中目でないとサヌの特性が生きてこないのでは?万博ではサヌに代わって入った宇賀神の動きの方がよかったものの、この日は出場はなし。平川は逆に少し前の平川ではなく積極的な平川。ただ、なかなか結果がでない。

Conv0002

失点は槇野から。広島もそれほどのできではなかったものの、この失点時にはうまくやられました。

しかし、レッズに得点に向けての決まりごとはないんでしょうか...。ちなみに梅崎はどうしているのだろう。まさか...。

で、あまりの負けっぷりに情けなくなり反省会を開くことに。場所は、浦和の豊丸w 懲りない親父たちです。

Conv0001_2

第14節、レッズ0-1広島、北ゴル裏207、廣瀬 格  37,470人、晴れ、午後6時3分、7月24日、土曜、9位)→フィンケの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【参戦記】暢久天中殺 しかし合宿の成果はいずこ

Conv0010

中断明けの最初の試合。オーストリア合宿を経てちったぁ進化したかと思いつつ参戦したものの、見事にその思いは雲散霧消。暑い中、行列を作って入場されたゴル裏の皆さま御苦労さまでした。

Conv0001

(そういえば、SMのコンコースに運営側がしきりを作ってた。往来はできるものの、シートは敷かせない?スタジアムの外に一時退場はできるので、買い物には困りませんでしたが、コンコースのしきりは意味ないよなぁ。スタンドにも意味ないしきりを設けてましたが、レッズサポが増えていくにつれ、ずるずるとセンター寄りにしきりが移動。意味ないことはやめましょう)。

Conv0003

ガンバの動きもそれほどよいとは思えないのに、相変わらずのパス回しで得点のにおいのしない試合展開。それでも、なぜか先制できて大喜び。これはサッカーの神様が勝たせてくれるのかと思いきや、一気に奈落の底へ。こんな劇的(悪い意味で)な試合を見られるなんてそうそうない。それも全部自ら招いた結果なんで落ち込むことしきり。それにしても暴れん坊将軍「佐藤隆治」によるレッドカードで1人多い状態になってからも点が取れないレッズ。そうこうしているうちに暢久がレッドをもらいしかも2試合出場停止って、何。

最初の失点は暢久の不注意なパス、次は暢久(たぶん)によるオウンゴール。そして、レッドを食らう暢久。天中殺ですな(知っている人は相当の高齢w)。

エジによる劇的なロスタイムの得点後、ばたばたしているうちに何とワールドカップ明け初出場の遠藤に逆転ゴールを決められる。周囲の「集中しろ~」の声もむなしく一瞬のうちの失点。悲しいことに遠藤の放ったシュートの軌道が目にくっきり焼き付いてます。天国(といっても引き分けですが)から地獄に引きずり降ろされ、試合後、久しぶりに体がしばし動かず。

前半終了直前の失点(同点)の前に思わず漏れた「早く(前半が)終わらないかなぁ」とつぶやいた私。その私をあざ笑うように得点するガンバ。実際、状況は相当やばやばだったんで、前半よ早く終われとねがったのですが、まさか暢久があんなパスミスをするなんて(想像の範囲内ですが)。ともかく前半を1点リードで乗り切れればなんとかなると思ったんですよ。でも現実はまったくどうにもなりませんでした。

試合後、茨木駅への下り坂を仲間ともくもくと歩いていくことのむなしさ。蒸し暑い中、だらだらと汗が流れおちて不快なこと極まりない。

Conv0009

試合前から、行こうと決めていた茨木駅前の「豊丸」で反省会。浦和にある「豊丸」の本店。冷房がガンガン効いていて救われました。入店後すぐは、あまりの負けっぷりにビールも飲む気にはなりませんでしたが、一杯飲んだら復活しました。そんなもんか?

Conv0008

第13節、ガンバ3-2レッズ、SMゴル裏寄り、佐藤隆治 20,201人、晴れ、午後6時5分、7月18日、日曜、6位)→フィンケの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »