« 中断までの不完全燃焼戦 | トップページ | 【参戦記】悔しかろう柏木 いつかこの借りは返そうな »

2010年8月 8日 (日)

【参戦記】暢久天中殺 しかし合宿の成果はいずこ

Conv0010

中断明けの最初の試合。オーストリア合宿を経てちったぁ進化したかと思いつつ参戦したものの、見事にその思いは雲散霧消。暑い中、行列を作って入場されたゴル裏の皆さま御苦労さまでした。

Conv0001

(そういえば、SMのコンコースに運営側がしきりを作ってた。往来はできるものの、シートは敷かせない?スタジアムの外に一時退場はできるので、買い物には困りませんでしたが、コンコースのしきりは意味ないよなぁ。スタンドにも意味ないしきりを設けてましたが、レッズサポが増えていくにつれ、ずるずるとセンター寄りにしきりが移動。意味ないことはやめましょう)。

Conv0003

ガンバの動きもそれほどよいとは思えないのに、相変わらずのパス回しで得点のにおいのしない試合展開。それでも、なぜか先制できて大喜び。これはサッカーの神様が勝たせてくれるのかと思いきや、一気に奈落の底へ。こんな劇的(悪い意味で)な試合を見られるなんてそうそうない。それも全部自ら招いた結果なんで落ち込むことしきり。それにしても暴れん坊将軍「佐藤隆治」によるレッドカードで1人多い状態になってからも点が取れないレッズ。そうこうしているうちに暢久がレッドをもらいしかも2試合出場停止って、何。

最初の失点は暢久の不注意なパス、次は暢久(たぶん)によるオウンゴール。そして、レッドを食らう暢久。天中殺ですな(知っている人は相当の高齢w)。

エジによる劇的なロスタイムの得点後、ばたばたしているうちに何とワールドカップ明け初出場の遠藤に逆転ゴールを決められる。周囲の「集中しろ~」の声もむなしく一瞬のうちの失点。悲しいことに遠藤の放ったシュートの軌道が目にくっきり焼き付いてます。天国(といっても引き分けですが)から地獄に引きずり降ろされ、試合後、久しぶりに体がしばし動かず。

前半終了直前の失点(同点)の前に思わず漏れた「早く(前半が)終わらないかなぁ」とつぶやいた私。その私をあざ笑うように得点するガンバ。実際、状況は相当やばやばだったんで、前半よ早く終われとねがったのですが、まさか暢久があんなパスミスをするなんて(想像の範囲内ですが)。ともかく前半を1点リードで乗り切れればなんとかなると思ったんですよ。でも現実はまったくどうにもなりませんでした。

試合後、茨木駅への下り坂を仲間ともくもくと歩いていくことのむなしさ。蒸し暑い中、だらだらと汗が流れおちて不快なこと極まりない。

Conv0009

試合前から、行こうと決めていた茨木駅前の「豊丸」で反省会。浦和にある「豊丸」の本店。冷房がガンガン効いていて救われました。入店後すぐは、あまりの負けっぷりにビールも飲む気にはなりませんでしたが、一杯飲んだら復活しました。そんなもんか?

Conv0008

第13節、ガンバ3-2レッズ、SMゴル裏寄り、佐藤隆治 20,201人、晴れ、午後6時5分、7月18日、日曜、6位)→フィンケの戦い

|

« 中断までの不完全燃焼戦 | トップページ | 【参戦記】悔しかろう柏木 いつかこの借りは返そうな »

ガンバ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/49095538

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】暢久天中殺 しかし合宿の成果はいずこ:

« 中断までの不完全燃焼戦 | トップページ | 【参戦記】悔しかろう柏木 いつかこの借りは返そうな »