« 【参戦記】スカッと爽やかなでしこリーグ 日テレ・ベレーザA戦0-3 | トップページ | 【参戦記】記憶に残る嬉し悲しの天皇杯2回戦@駒場 6-1 »

2010年9月11日 (土)

【参戦記】酷暑の逆転6得点 高円宮杯予選第1試合H戦6-2

Conv0003

異様に暑い土曜日。拷問のような午前11時KOという高円宮杯初戦。相手は清水エスパルユース。トップチームの成績を考えると、やはり負けたくない相手。とはいえ、駐車場のスペース探しに時間がかかって、入場したらすでに1点失点(6分)してました。清水ユースのサポは、トップチームの威光を背負ってか、はなはだ元気、というか五月蠅い。1点先攻したこともあるんでしょうがボルテージは高め。

Conv0002

1失点後はしばらくは降着状態。パスミスも目立ち、今ひとつぴりっとしない。というかやや押され気味。まぁ、あの暑さの中で精度の高いプレーを要求するのも酷かもしれません。こちらは座っているだけなのにだらだらと大汗をかき、直射日光で肌がじりじりと音をたてて焼けていく。前半だけでペットボトル飲料を2本消費しました。

さて、久しぶりのユース戦ということもあり、名前と顔が一致しない。1年生の時から知っている矢島倫太郎がなぜかいない(実は翌日の天皇杯に招集)。後は矢島慎也と磯部裕基くらいしかわからん。

それでも、前半38分、磯部のドリブルの切り込みからの得点で雰囲気が変わりました。その後はいけいけ状態で、矢島(39分)、堀田(42分)、高木(45+1)と、あれよあれよの4点奪取。前を向いた磯部のプレーに元気づけられた形です。それまではスタンドから「声を出せ~」と励まされるほど静かだったチームが豹変しました。やはり若さですか。

笑えるのは、とうてい触れない高さのクロスに磯部が手を出してイエローをくらったこと。高揚してたんですかね。普通、あそこで手は出さないよなぁ。

一方、清水サポは得点差が広がるにつれ、野次、文句の嵐。こういうときこそ支えてやらないといけないのにねぇ。反面教師として心に刻んでおきました。俺たちはサポでありたいです。

Conv0004

結局、後半に1失点をしましたが、堀田(49分)、高木(64分)が2得点して6-2で勝利。試合後、清水サポから「あと2回勝てばいいんだ」と励ましの声が出てましたが、それを言うなら試合中の野次はやめとけっての。

直輝時代の栄光のユースと比べるとかなり小粒ですが、がんばって欲しいものです。今度の日曜(12日13時30分)は瓦斯戦@味の素と重なるのでいけませんが、あの流通経済大学付属柏高校と埼スタ2で試合のようです。がんばってください。で、倫太郎はまた出られないのかねぇ。

Conv0005

(高円宮杯予選リーグ第1戦 レッズユース6-2清水ユース、埼スタ3、バックスタンド、791人、晴、午前11時、9月4日、土曜)

|

« 【参戦記】スカッと爽やかなでしこリーグ 日テレ・ベレーザA戦0-3 | トップページ | 【参戦記】記憶に残る嬉し悲しの天皇杯2回戦@駒場 6-1 »

ユース」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

清水戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/49411646

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】酷暑の逆転6得点 高円宮杯予選第1試合H戦6-2:

« 【参戦記】スカッと爽やかなでしこリーグ 日テレ・ベレーザA戦0-3 | トップページ | 【参戦記】記憶に残る嬉し悲しの天皇杯2回戦@駒場 6-1 »