« 【参戦記】ごめんセル。暢久もよかったぜぇ 第20節湘南A戦1-4 | トップページ | 【参戦記】スカッと爽やかなでしこリーグ 日テレ・ベレーザA戦0-3 »

2010年9月 4日 (土)

【参戦期】今期最大の呆然自失 第21節鹿H戦1-1

Conv0003

今期最大の呆然自失。第9節清水A戦の呆然自失を上回る衝撃。最後の最後残り30秒で勝利が手からこぼれていく。今年はこういう展開が多いよなぁ。試合前の「浦和愛すなら」や壮大な「コレオグラフィfor阿部ちゃん」も、勝利にはつながらず。

Conv0001

試合終了10分前のポンテの得点には絶叫。と同時に10分は長いと感じた私。果たして持ちこたえられるのか。とはいえ、レッズは引きこもることなく追加点を狙う。宇賀神のあわやのシュート(これで負傷、退場。in堀之内)もあり、押せ押せ。ところが終了間際の時間帯からしかに押し込まれる。セットプレーが増え、失点直後に交代して入った本山に正面からズドンと...。

今思えば、どこかのタイミングで、ボールを保持して時間稼ぎのプレーをしてもよかった。しかし、レッズはまともに試合を続けてしまいました。そして、鹿島の粘りにやられた。
湘南に対する勝利に喜びながらも、やや疑心暗鬼になっていた試合前。しかし、それを払拭する出来。選手の意欲もプレーも高いレベル。縦へのパス、スペースへのパスなどの仕掛けもある。とはいえ、がっぷり四つの試合。鹿のゴールはなかなか抜けない。それでも鹿お得意の堅守から気を見ての素早いカウンターを食らうこともなく、逆にカウンターを仕掛ける。

この日、セルの欠場、達也の負傷の中、元気が先発。宇賀神、エジとともにFWを形成。しかし、相変わらず動きが中途半端。思い切りのあるプレーが見えなかったのが残念。宇賀神負傷の後に入った峻希。久しぶりのピッチでの動きはまぁまぁ。チャンスを生かせないシーンもあったが、動きは悪くない。

Conv0005

それにしても宇賀神、暢久の負傷という代償を払いながら逃した勝利。悔しさと残念さで心はいっぱい。それでも、選手のプレーに何かを感じたせいなのか、恒例豊丸での反省会も心なしか、明るめ。次節FC東京戦での開花を願うのみ。

ん?その前の天皇杯。萌の代表選出の代わりはだれか。水輝が出場を狙っているようですが、果たしてどうなるか。で、暢久は大丈夫なのか?

ちなみに今節の審判は「世界の西村」。でも、実態は「いつもの西村」。相性が悪い。さらに、ジャスティスのような見逃しが目立つ。大丈夫か西村。

Conv0004

第21節、レッズ1-1鹿、北ゴル裏、西村雄一 51,177人、晴、午後6時3分、8月28日、土曜、10位)→FINKEの戦い

|

« 【参戦記】ごめんセル。暢久もよかったぜぇ 第20節湘南A戦1-4 | トップページ | 【参戦記】スカッと爽やかなでしこリーグ 日テレ・ベレーザA戦0-3 »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/49346237

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦期】今期最大の呆然自失 第21節鹿H戦1-1:

« 【参戦記】ごめんセル。暢久もよかったぜぇ 第20節湘南A戦1-4 | トップページ | 【参戦記】スカッと爽やかなでしこリーグ 日テレ・ベレーザA戦0-3 »