« 【参戦記】酷暑の逆転6得点 高円宮杯予選第1試合H戦6-2 | トップページ | 【参戦記】とにかく勝ち点3 瓦斯A戦0-1 »

2010年9月11日 (土)

【参戦記】記憶に残る嬉し悲しの天皇杯2回戦@駒場 6-1

Conv0002_2

このところ鬼門の天皇杯。昨年の松本遠征が思い出されます。オヤジ三人組の心を完膚無きまでに砕いた0-2の敗戦から1年。疑心暗鬼な気持ちで迎えた試合は、久しぶりのゴールラッシュとなり一転、幸せな時間に。

Conv0001

休日出勤の上、昼食も食えず、スタジアムへの道すがら王子の立ち飲みおでん屋で、遅めの昼食を15分で済ませるというばたばたした参戦でしたが、来た甲斐がありました。

試合後には阿部ちゃんが登場し、突発のお別れセレモニー。阿部ちゃんがピッチに出てくるとの話は漏れ聞こえていましたが、本当に出てきた。東側スタンドからゆっくりと場内を一周。東ゴル裏ではスタンドによじり登って、中心部の連中に挨拶をし、胴上げを受ける。ピッチに戻ると、クールダウンに出てきていた選手が胴上げ。

その後、バックスタンド、西ゴル裏に沿って移動しつつ、一人ひとりと丁寧に握手をしていく阿部ちゃん。とはいえ、人に遮られてその姿はなかなか見えず。西ゴル裏前でも丁寧に挨拶をしながら、最後は東京国際大学の応援の学生や、阿部ちゃんをピッチで待ち構えていた国際大学の選手にも応対する。その間、阿部ちゃんコールとWe are Diamondsの歌声が続く。あの阿部ちゃんがいなくなる事の現実感が今ひとつないものの、この天皇杯2回戦はいつまでも記憶に残る試合になりそうです。

Conv0008


そんな中、悔しかったのは、デジカメを忘れたこと。あ~、なんという失態。会社に休日出勤してきたために、つい忘れちゃいました。ケータイでの撮影はぼろぼろでした。

7-0という大差は相手チームの過密日程による疲労や、先取点後、早い時間にPKで追加点を取れたという試合展開のせいもあるでしょう。その辺の事情を差し引いても、水輝、峻希、元気、拓也という旧ユース組の躍動を見られたのは眼福。年内復帰が無理とされた直輝がいないのが何とも残念でした。フィンケの教えはこれら若手に吸収されていると期待したいもんです。

ただ、さすがに高円宮杯を欠場して員数合わせに招集された矢島倫太郎は出場しませんでしたが、高崎、林なども途中出場し、よい結果を残してくれました(倫太郎は、瓦斯戦ベンチ入りのようで)。

これまでなかなか点が取れなかった元気はごっちゃんゴールを2点獲得。そのせいか、後半にはかつての鋭い縦へのドリブルも復活。自分の特長を見失っていた元気がこれで復活してくれるといいんだが。

峻希。やはり魅せるねぇ。攻撃的にどんどん上がる一方、守備でも貢献。これぞ理想のSB。ま、ほめ過ぎですが。

で、暢久。高く宙に舞って地面にたたきつけられ、しばらく動かなかったものの、結局すくっと立ち上がるという強靱な体。さすが。一方、セルは自爆らしき怪我で途中交代。調子が出てくるとすぐ怪我をしてしまうクセはなんとかならないのかねぇ。体が硬いんでしょうか。

Conv0009

そして、主審のジョージ。試合前ストレッチをしていた姿は、どこかの高校教師風情で、かつて四天王と言われた凄みが全く感じられない。試合に入っても、肥満気味のオヤジ審判状態。あの闘莉王を鹿島で狂わせた狂気のジャッジはどこへいったのでしょう。狂気のジャッジをして欲しいいわけではありませんが、昔を知るものにとって、ある意味寂しい現実でした。

ともかく、次回は岡野との対決はなく、危険な地域のチーム との戦い。まだまだ気は許せません。そうこれは壮大な悲劇に向けての罠かもしれないのですから。

Conv0006

(天皇杯2回戦、レッズ7-0東京国際大学、駒場バックスタンド西寄り、柏原丈二 9,701人、晴、午後5時4分、9月5日、日曜)

|

« 【参戦記】酷暑の逆転6得点 高円宮杯予選第1試合H戦6-2 | トップページ | 【参戦記】とにかく勝ち点3 瓦斯A戦0-1 »

参戦記」カテゴリの記事

天皇杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/49414861

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】記憶に残る嬉し悲しの天皇杯2回戦@駒場 6-1:

« 【参戦記】酷暑の逆転6得点 高円宮杯予選第1試合H戦6-2 | トップページ | 【参戦記】とにかく勝ち点3 瓦斯A戦0-1 »