« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

【参戦記】陽介、セルは頑張った、さぁ次は元気の番だ

Conv0005

さすがに中位クラスのチーム相手だと、今一つのできでも、結果は出てくるもんですね。貴章が抜け、その代わりチョ・ヨンチョルの入った新潟。一時の負け知らずだった時に比べ調子は下降気味。順位でこそ、レッズの上位にいるとはいえ、勝ち点的には同じような状況にいる相手です。

Conv0003

レッズの試合ぶりは、峻希や宇賀神が出場しているときに比べ、縦への動きとフリーランが物足りなく、相手を崩すシーンを作れない。そんな中、スピラがわずか15分で負傷リタイヤ。太ももの裏を押さえてましたが長引かないことを祈りたいです。

代わりに坪井が入ったけれど、最近のツボは見てて時々怖いプレーをする(笑 相手にかっさわれそうなバックパスや、相手がとれそうでとれないぎりぎりのラインのパス、あげくにギシとお見合いするなど怖いシーンが続出。我々は「ツボの暢久化」と呼んでますw

Conv0002

さて、試合は、いわゆる膠着状態。ただ、ツボを振り切って左サイドから走り込んできたチョ・ヨンチョルには肝を冷やしました。疾いわ。スピードのあるツボを振り切ってい走り込んでくる選手はそうそういません。

そんなヨンピル攻撃をしのいだものの、点は取れず。前半は無得点でおしまいかと思ったその瞬間。ゴール正面から陽介が相手ゴールの右上隅にミドルシュートを決めて先制!いやぁ、あの弾道は目に焼き付きました。

右へ逃げるようにスライドしてキーパーの手の先をすり抜けネットを揺らす。絶品のシュートでした。前節の試合後、ゴール前のチャンスを決めきらなかった元気に苦言を呈した陽介ですが、この試合でそれを身をもって示した感じです。ま、陽介も久しぶりですけどねw

後半、先制したせいか、動きがよくなりボールを支配する時間も長くなったものの、なかなか追加点が取れない。当然失点もしたくない。そうでないと、ここ数試合を再現することになってしまいます。

そうした状況を打破したのがポンテに代わって入ったセル。ゴル前の混戦の中からうまく合わせて、欲しい欲しい追加点を決めました。お世辞にもいい動きをしていたわけではないのですが、ともかく交代後9分で決めました。思うに、セルは峻希や宇賀神などと一緒に使った時の方が光るような気がします。しかし、そうでな状況でも何とかFWとしての役割を果たしたセルでした。

そこで気になるのが元気。後半ようやく、「らしさ」を見せ始めたものの、前半は完全に消えてました。陽介とセルが役目を果たした今、いよいよ元気への期待は高まるばかり。この日もシューとチャンスにパスを選ぶシーンが。思い切って行けよ~!

さて、この試合もうひとりの主役が。木村博之主審殿(28)。今まで主にJ2で吹いていたのでノーマークの審判でしたが、この日の基準無き成り行きジャッジ&ハンドことごとく見逃し&若いくせにジャスティス並に省エネパフォーマンスというなかなかの逸材ぶりを見せてくれました。もっともこの日だけの事かもしれませんが、要注意人物です。

この日のジャッジのぶれに対して、試合後「へたくそ!」の声とブーイングが出たことは事実。試合結果には影響しなかったジャッジにブーイングが出るのは珍しい。J2では明らかにペナルティエリア外でのファウルにPKを与えるクセがあったようですから、この辺は特に注意です。

結局、萌ちゃんがいらぬイエローを1枚。ポンテも1枚もらい次節は欠場。ポンテのプレーはイエローには見えなかったですが、正直、遠目でよくわかりません。萌はファウルを宣告されて、大きく腕を二度あげて「違う!」との意思表示を木村の目の前でパフォーマンス。まぁ、昔のジャスティスやジョージならレッドでしょうw 審判の目の前でああいう態度は行けません。早く、某選手に学べと言っているのに、だめですねぇ。

Conv0006

そして、試合後のインタビュー。陽介は当然として、なぜか、暢久がインタビューを受ける。前節にJ1 450試合出場したものの引き分けでインタビューできなかった穴埋めなんでしょうか。相変わらずおとぼけな受け答えには笑わせてもらいました。オーロラビジョンに映るサポが皆幸せそうな表情をしているのが印象的。陽介のインタビューもなかなか楽しく和みました。セル、ごめんな。

Conv0004

(第24節、レッズ2-0新潟、北ゴル裏、 31,973人、晴、木村博之、午後4時3分、9月25日、土曜、8位にアップ)→FINKEの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

【参戦記】成長がままならぬもどかしさ 清水H戦 1-1

Conv0001

追いつかれた試合。もやもやした気分ではありますが、殻を破ろうとして、もがいている感じのする試合でした。元気はその象徴。決めていれば勝てていたろうシュートを外す。後一歩。

Conv0002

天皇杯の2回戦のころからようやくデビュー当時のプレーにもどりつつある元気ですが、その後の得点にも関わらず、これぞ元気というゴールにはいたっていません。

一方、峻希や岡本らのほかの若手のプレーを見られる幸せ。レプリカでは「6」と「33」を背負っている私としては、峻希のプレーが見たくてしょうがない。機を見てずんずん前へ進出し、そこで相手をかき回すプレーにはゾクゾクさせられます。でも怪我がちなんだよねぇ(新潟戦もでられないようで)。20代前後の選手が増えていく面白さはたまりません。まぁ、現状の10位の実力なんでしょうが、伸びしろがあるのが嬉しい。

とはいえ、元気に象徴されるようになかなか真っ直ぐ伸びきれません。そのもどかしさ。この試合、勝ってその成長を体感できてればなによりだったんですがね。

Conv0003

で、暢久。450試合って。丈夫な体に産んでもらった親にお礼を言いましょう。

で、久しぶりに見る伸二。やはり怖かった。まぁ、今のレッズのプレースタイルとは合わないかもしれませんが、いやなところに配球してましたね。

しかし、晴天の土曜日、上位の清水戦、前節は勝っているのに4万人集まらないのが残念。平日夜の仙台戦より6000人しか多くないんだよねぇ。

Conv0005

第23節、レッズ1-1清水、北ゴル裏、村上伸次 38,909人、晴、午後4時3分、9月18日、土曜、引き分けて10位ママ)→FINKEの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

【参戦記】とにかく勝ち点3 瓦斯A戦0-1

Conv0001

相手がいくら勝ち星のないチームであろうと、たとえPKの1点のみの得点でも、そして負傷者が3人も出て長友もいなくて、最後は10人しかピッチに立てなかった相手だろうと、勝ちは勝ち。前節の悲し~い結末も再現されず、無失点試合を達成。

Conv0003

さらに先発に元気だけでなく、峻希がFWとして出場。代表帰りの萌と柏木という新ボランチコンビのデビュー、スキラの凄みが徐々に感じられた試合。そして高崎のリーグ戦デビュー。もう、満足です。はい。

レッズは自分たちのプレーを続け、さらに縦パス、縦へのドリブル、素早く上がりながらの早いクロス。大黒を狙った裏取りパスを防ぐ暢久とスキラ。横パスを繰り返してブーイングを受けていたチームからの脱却を感じさせる試合でしたね。

Conv0005

とはいえ、やはり相手は運のないチーム、バーやポストに嫌われるシュートはその象徴。その分、運をこちらが引き寄せている感あり。次節、強い清水との戦いで何を見せ、何を勝ち取れるのか。次節はその意味で、一つの山場です。

ただ、試合後、くだらない段幕を掲げた中心部にはがっかり。言葉はきつくても愛情表現になっているおしゃれなものならともかく、つまらない文言。心で思うのと、それをあそこでああいう風に表すのとでは大きく違うんだよね。せっかくすばらしい集団演技の新チャントを生み出したばかりなのに、一般サポの感覚から乖離して鹿の某グループのように、ならぬようお祈り申し上げます。

さて、この日の審判はあの佐藤隆治。一度火が付くと鬼神ここにありというジャッジをする新四天王のエリートPRですが、この日はいたって普通。今まで見たことがないほど目立たない審判に徹しておりました。

そして、帰宅後に見たNHKBS。あ~、萌デーですね。萌を追うカメラ。鬼神のごとく、相手選手を追う萌をこれでもかと見せてくれる。最後のインタビューも萌。この日のやべっちも萌。かっこ良すぎだよな。多少、酷薄な表情をするけど...w 萌株の上昇を願ってます。そういえば、後輩の秀仁(しゅうと)もイケメン路線行けますかね。

Conv0004

第22節、瓦斯0-1レッズ、ゴル裏、佐藤隆治 29,959人、曇、午後7時4分、8月12日、日曜、勝っても同じ10位)→FINKEの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

【参戦記】記憶に残る嬉し悲しの天皇杯2回戦@駒場 6-1

Conv0002_2

このところ鬼門の天皇杯。昨年の松本遠征が思い出されます。オヤジ三人組の心を完膚無きまでに砕いた0-2の敗戦から1年。疑心暗鬼な気持ちで迎えた試合は、久しぶりのゴールラッシュとなり一転、幸せな時間に。

Conv0001

休日出勤の上、昼食も食えず、スタジアムへの道すがら王子の立ち飲みおでん屋で、遅めの昼食を15分で済ませるというばたばたした参戦でしたが、来た甲斐がありました。

試合後には阿部ちゃんが登場し、突発のお別れセレモニー。阿部ちゃんがピッチに出てくるとの話は漏れ聞こえていましたが、本当に出てきた。東側スタンドからゆっくりと場内を一周。東ゴル裏ではスタンドによじり登って、中心部の連中に挨拶をし、胴上げを受ける。ピッチに戻ると、クールダウンに出てきていた選手が胴上げ。

その後、バックスタンド、西ゴル裏に沿って移動しつつ、一人ひとりと丁寧に握手をしていく阿部ちゃん。とはいえ、人に遮られてその姿はなかなか見えず。西ゴル裏前でも丁寧に挨拶をしながら、最後は東京国際大学の応援の学生や、阿部ちゃんをピッチで待ち構えていた国際大学の選手にも応対する。その間、阿部ちゃんコールとWe are Diamondsの歌声が続く。あの阿部ちゃんがいなくなる事の現実感が今ひとつないものの、この天皇杯2回戦はいつまでも記憶に残る試合になりそうです。

Conv0008


そんな中、悔しかったのは、デジカメを忘れたこと。あ~、なんという失態。会社に休日出勤してきたために、つい忘れちゃいました。ケータイでの撮影はぼろぼろでした。

7-0という大差は相手チームの過密日程による疲労や、先取点後、早い時間にPKで追加点を取れたという試合展開のせいもあるでしょう。その辺の事情を差し引いても、水輝、峻希、元気、拓也という旧ユース組の躍動を見られたのは眼福。年内復帰が無理とされた直輝がいないのが何とも残念でした。フィンケの教えはこれら若手に吸収されていると期待したいもんです。

ただ、さすがに高円宮杯を欠場して員数合わせに招集された矢島倫太郎は出場しませんでしたが、高崎、林なども途中出場し、よい結果を残してくれました(倫太郎は、瓦斯戦ベンチ入りのようで)。

これまでなかなか点が取れなかった元気はごっちゃんゴールを2点獲得。そのせいか、後半にはかつての鋭い縦へのドリブルも復活。自分の特長を見失っていた元気がこれで復活してくれるといいんだが。

峻希。やはり魅せるねぇ。攻撃的にどんどん上がる一方、守備でも貢献。これぞ理想のSB。ま、ほめ過ぎですが。

で、暢久。高く宙に舞って地面にたたきつけられ、しばらく動かなかったものの、結局すくっと立ち上がるという強靱な体。さすが。一方、セルは自爆らしき怪我で途中交代。調子が出てくるとすぐ怪我をしてしまうクセはなんとかならないのかねぇ。体が硬いんでしょうか。

Conv0009

そして、主審のジョージ。試合前ストレッチをしていた姿は、どこかの高校教師風情で、かつて四天王と言われた凄みが全く感じられない。試合に入っても、肥満気味のオヤジ審判状態。あの闘莉王を鹿島で狂わせた狂気のジャッジはどこへいったのでしょう。狂気のジャッジをして欲しいいわけではありませんが、昔を知るものにとって、ある意味寂しい現実でした。

ともかく、次回は岡野との対決はなく、危険な地域のチーム との戦い。まだまだ気は許せません。そうこれは壮大な悲劇に向けての罠かもしれないのですから。

Conv0006

(天皇杯2回戦、レッズ7-0東京国際大学、駒場バックスタンド西寄り、柏原丈二 9,701人、晴、午後5時4分、9月5日、日曜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【参戦記】酷暑の逆転6得点 高円宮杯予選第1試合H戦6-2

Conv0003

異様に暑い土曜日。拷問のような午前11時KOという高円宮杯初戦。相手は清水エスパルユース。トップチームの成績を考えると、やはり負けたくない相手。とはいえ、駐車場のスペース探しに時間がかかって、入場したらすでに1点失点(6分)してました。清水ユースのサポは、トップチームの威光を背負ってか、はなはだ元気、というか五月蠅い。1点先攻したこともあるんでしょうがボルテージは高め。

Conv0002

1失点後はしばらくは降着状態。パスミスも目立ち、今ひとつぴりっとしない。というかやや押され気味。まぁ、あの暑さの中で精度の高いプレーを要求するのも酷かもしれません。こちらは座っているだけなのにだらだらと大汗をかき、直射日光で肌がじりじりと音をたてて焼けていく。前半だけでペットボトル飲料を2本消費しました。

さて、久しぶりのユース戦ということもあり、名前と顔が一致しない。1年生の時から知っている矢島倫太郎がなぜかいない(実は翌日の天皇杯に招集)。後は矢島慎也と磯部裕基くらいしかわからん。

それでも、前半38分、磯部のドリブルの切り込みからの得点で雰囲気が変わりました。その後はいけいけ状態で、矢島(39分)、堀田(42分)、高木(45+1)と、あれよあれよの4点奪取。前を向いた磯部のプレーに元気づけられた形です。それまではスタンドから「声を出せ~」と励まされるほど静かだったチームが豹変しました。やはり若さですか。

笑えるのは、とうてい触れない高さのクロスに磯部が手を出してイエローをくらったこと。高揚してたんですかね。普通、あそこで手は出さないよなぁ。

一方、清水サポは得点差が広がるにつれ、野次、文句の嵐。こういうときこそ支えてやらないといけないのにねぇ。反面教師として心に刻んでおきました。俺たちはサポでありたいです。

Conv0004

結局、後半に1失点をしましたが、堀田(49分)、高木(64分)が2得点して6-2で勝利。試合後、清水サポから「あと2回勝てばいいんだ」と励ましの声が出てましたが、それを言うなら試合中の野次はやめとけっての。

直輝時代の栄光のユースと比べるとかなり小粒ですが、がんばって欲しいものです。今度の日曜(12日13時30分)は瓦斯戦@味の素と重なるのでいけませんが、あの流通経済大学付属柏高校と埼スタ2で試合のようです。がんばってください。で、倫太郎はまた出られないのかねぇ。

Conv0005

(高円宮杯予選リーグ第1戦 レッズユース6-2清水ユース、埼スタ3、バックスタンド、791人、晴、午前11時、9月4日、土曜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

【参戦記】スカッと爽やかなでしこリーグ 日テレ・ベレーザA戦0-3

Conv0002

前日の悔しい引き分けの口直しというわけではないですが、お誘いを受けて参戦することにした「なでしこリーグ」第9節日テレ・ベレーザ戦。西が丘サッカー場へ、オヤジの殿堂赤羽からバスに乗って行ってきました。前の週のなでしこリーグカップ2010 決勝戦では、同じベレーザ相手に悔しい敗戦。リベンジに燃える皆様が参集した試合です。

Conv0001

サッカーそのものは見ていて面白い展開のあるプレー。ちょっと前のトップチームなぐだぐだな試合より全然楽しい。懸命にプレーする選手の気持ちが伝わってきます。たまにしか行かないレディースの試合ですが、今回目についたのは途中出場の熊谷。馬じゃないんですが、その走りっぷりが美しい。個人的には永井をおもいおこさせました。途中出場でしたが、アシストも決め、ガッツポーズ。なかなか魅力的な選手です。

試合は1-3で勝利。前日の悔しさもやや相殺され、オヤジ4人で赤羽で小一時間ほど祝杯を挙げて帰りました。ちなみにこの日は、この試合の後にJ2のベルディの公式戦もありました。ちょっと感慨深いものがありましたね。

Conv0003

(第9節、日テレ・ベレーザ0-3(前半0-0)レッズ、得点者:56分西田、70分北本、75分藤田、西が丘サッカー場ゴル裏、1,813人、晴、午後3時、8月29日、日曜、得失点差で首位に返り咲き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

【参戦期】今期最大の呆然自失 第21節鹿H戦1-1

Conv0003

今期最大の呆然自失。第9節清水A戦の呆然自失を上回る衝撃。最後の最後残り30秒で勝利が手からこぼれていく。今年はこういう展開が多いよなぁ。試合前の「浦和愛すなら」や壮大な「コレオグラフィfor阿部ちゃん」も、勝利にはつながらず。

Conv0001

試合終了10分前のポンテの得点には絶叫。と同時に10分は長いと感じた私。果たして持ちこたえられるのか。とはいえ、レッズは引きこもることなく追加点を狙う。宇賀神のあわやのシュート(これで負傷、退場。in堀之内)もあり、押せ押せ。ところが終了間際の時間帯からしかに押し込まれる。セットプレーが増え、失点直後に交代して入った本山に正面からズドンと...。

今思えば、どこかのタイミングで、ボールを保持して時間稼ぎのプレーをしてもよかった。しかし、レッズはまともに試合を続けてしまいました。そして、鹿島の粘りにやられた。
湘南に対する勝利に喜びながらも、やや疑心暗鬼になっていた試合前。しかし、それを払拭する出来。選手の意欲もプレーも高いレベル。縦へのパス、スペースへのパスなどの仕掛けもある。とはいえ、がっぷり四つの試合。鹿のゴールはなかなか抜けない。それでも鹿お得意の堅守から気を見ての素早いカウンターを食らうこともなく、逆にカウンターを仕掛ける。

この日、セルの欠場、達也の負傷の中、元気が先発。宇賀神、エジとともにFWを形成。しかし、相変わらず動きが中途半端。思い切りのあるプレーが見えなかったのが残念。宇賀神負傷の後に入った峻希。久しぶりのピッチでの動きはまぁまぁ。チャンスを生かせないシーンもあったが、動きは悪くない。

Conv0005

それにしても宇賀神、暢久の負傷という代償を払いながら逃した勝利。悔しさと残念さで心はいっぱい。それでも、選手のプレーに何かを感じたせいなのか、恒例豊丸での反省会も心なしか、明るめ。次節FC東京戦での開花を願うのみ。

ん?その前の天皇杯。萌の代表選出の代わりはだれか。水輝が出場を狙っているようですが、果たしてどうなるか。で、暢久は大丈夫なのか?

ちなみに今節の審判は「世界の西村」。でも、実態は「いつもの西村」。相性が悪い。さらに、ジャスティスのような見逃しが目立つ。大丈夫か西村。

Conv0004

第21節、レッズ1-1鹿、北ゴル裏、西村雄一 51,177人、晴、午後6時3分、8月28日、土曜、10位)→FINKEの戦い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »