« 【参戦記】陽介、セルは頑張った、さぁ次は元気の番だ | トップページ | 取り合えずアップ 天皇杯3回戦 徳島戦 »

2010年10月 3日 (日)

【参戦記】ようやく型が固まった?残るは強者のメンタルとポカつぶし 第25節A大宮戦1-2

Conv0002

朝7時の当日抽選に参加した甲斐もあって勝利。久しぶりに大宮に快勝といいたいところですが、また、大天使様に一発くらってしまい、やや不完全燃焼な試合に。これでラファエルにはリーグ戦3試合で4失点orz

前半終了間際にスローインから一瞬の隙をつかれて失点。まぁディフェンダーがクリアをからぶってしまったのでは仕方ない。この日、ラファエルにほとんど仕事をさせなかったものの、こういう隙をものにするのはさすがと言うべきか。

Conv0004

この失点までは、完全に大宮の中盤を押さえ(陽介はそれでも不満だったようですが)、前線のラファエルとイチョンスにほとんど仕事をさせずに、4分高崎、16分陽介が先制点、追加点とベストな展開。ほれほれもっと取れ、後半もいけるぞと思っていた瞬間の失点でした。

その後、精神的に動揺したのか、攻守のバランスが崩れてしまう。後半もその状態が続いて、攻め急いでる風。前半の得点前までは落ち着いて、遅すぎるんではないのと思うくらいゆったりとパス回しをしていたのと好対照。中盤で大宮にボールを奪われるケースも散見されるようになってくる。それでも何とか試合は支配し続けたものの、攻勢になかなか出られず、得点できない。

Conv0007

まだメンタル面での弱みがあるですかね。1点とられても突き放してやるという強者の気持ちを持てないようです。この先、連勝を続けるにはメンタル力を高めないといけません。ま、勝ち続ければそうしたメンタルが強くなるんでしょうが、鶏と卵のような関係ですから、そう簡単にはいかない。

Conv0008

それでも以前と違って進化したのは、点を守ろうと引くのではなく、「攻撃は最大の防御」を実践していたこと。相手エリアでの展開が多く、おかげで、そう不安を感じずに試合を見ていられました。

これでオレンジ3連戦は引き分け(清水)、勝利(新潟)、勝利(大宮)とまずまずの展開。選手が足りなくても、若手中心でも、そして先発メンバーが入れ替わっても同じような試合展開が出来ている。

Jリーグ初先発となった高崎は早々と得点するし、陽介は2試合連続のスーパーゴールを放つし、途中出場の濱田、林も危なげないプレーを披露するなど、手応えは十分。あの失点が無ければ、後半もさらに得点出来たはず。メンタル面の強化とポカをなくすことが大事です。これで、怪我をしている選手、特に峻希や宇賀神、そしてセルが復帰してくるとさらに破壊力が増しそう。

しかし、大宮サポ帰るの早すぎ。ホームなんだから悔しさをもう少しかみしめてから帰ったらいかがでしょう。もっともホームだなんて思ってないんでしょうが。それからゴール裏、もう少し埋めようね。いつもはフリーに移動出来る北ゴル裏とメインを封鎖してまでレッズサポを封じ込めようとしてるんだからさ。ま、南広場使って本当のホームでは出来ないイベントをたくさん展開出来てよかったですね(棒読み)。

さて、今回大宮で注目したのはACLA3でガンバ相手にハットトリックを決めたイチョンス。あの場外暴れん坊がどんなプレーをするのかを見てました。見事に仕事をさせてもらえずイライラしているのがありあり。そして、次第にラフなプレーを見せ始める。怖いですねぇ。いつか誰かを怪我させますよ。出来ればもう当たりたくない。ま、世界のイチョンスですからそのうちどこかの国へ行ってしまうんでしょう。たぶん。一応、品行方正がウリのはずのドコモさんあんな選手と契約していいのかねぇ。

Conv0006_2

で、もうひとりの注目。松村。試合前、松村が主審とわかった時は、やや不安には思ったもののさほど気にしなかった。ところが、試合が始まって見るとPK取りたくない症候群が発症。ま、全部が全部PKにしろとは言いませんが、なんだかねぇ。ダービーを面白くしてやろうなんて思わなくていいんですが。

そして、もう一人の注目はETUのマスコットパッカくん。リアルのJリーグマスコットのよりもかなり水準高いです。出来ればうちにも欲しいw 埼玉のゆるキャラ集合というイベントの一環で招待されたようで。試合終了後、ゴール裏のコンコースに現れたので、とりあえず1枚。

Conv0003

そういえば、ここ数試合、3Dカメラらしきものが(右)スタジアムに登場。どこで使うんですかね。レッズの試合なら見てみたいですが、もっと観客の多い試合でとって欲しいもんです。

Conv0010

試合後は久しぶりに浦和丸へ。試合の録画を見るのを楽しみにしてたんですが、新任店長が録画を忘れ、向かいの「力」の録画再生?の盛り上がり(右)をBGMにセレッソ-新潟、名古屋-仙台戦をはしご観戦。しかし新潟も仙台も負け。特に仙台は逆転負け。見るんじゃなかったw 

祝勝会の後、お仲間は「歌え浦和」を歌いに浦和の街に消えていきました。家訓でカラオケを歌えない私は一人帰宅。東大宮の駅で寂しそうにたたずんでいるリスサポ2人を横目に家路につきましたとさ。

さて、来週は天皇杯。チケットまだ買ってません。買わんと。

Conv0005

第25節、大宮1-2レッズ、北ゴル裏、松村和彦 33,660人、晴、午後1時、10月2日、土曜、8位。ACL出場までの勝ち点6差、その間に5チーム)→FINKEの戦い

|

« 【参戦記】陽介、セルは頑張った、さぁ次は元気の番だ | トップページ | 取り合えずアップ 天皇杯3回戦 徳島戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/49635096

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ようやく型が固まった?残るは強者のメンタルとポカつぶし 第25節A大宮戦1-2:

« 【参戦記】陽介、セルは頑張った、さぁ次は元気の番だ | トップページ | 取り合えずアップ 天皇杯3回戦 徳島戦 »