« 【参戦記】決定打の出ないのはなぜ?第28節H山形H戦0-1 | トップページ | 【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0 »

2010年11月 8日 (月)

【参戦記】デジャブのような負け試合 第29節広島A戦2-1

Conv0006

どこかで見た事のあるような負けかた。先制しながら後半に2点とられてジエンド。ジュビロ戦を彷彿とさせる展開。しかも最後の1点はロスタイム1分、途中交代で復帰戦となった寿人に決められるとは。

Conv0004

試合開始直後からボールを持つレッズの選手に襲いかかる広島の選手。連勝していた頃のレッズのお株を奪うような寄せの早さに試合のペースを完全に握られる。 中2日、中3日でこの試合に臨む広島なのに、そんな疲れを見せない選手たち。

寄せが早いので、少しプレーに遅れをとったり躊躇しているとすぐにボールを奪われる。セカンドボールもほぼ奪われてしまい、なかなか前を向いた試合が出来ないもどかしさ。 レッズはボールへの寄せが1対1、守りも1対1。数的優位が作れない。

さらに両サイドに張っているミキッチと山岸に好きなように侵入を許す。 そういう意味ではいつ点をとられてもおかしく無いはずなのに、先制点をうばっちゃいました。あの角度でゴールを決めたエジは素晴らしいが、基本的には広島のミスからの得点。こうした幸運を生かして粘り勝ちというのが理想だったんですけどねぇ。

Conv0007_2

後半に入っても状況は変わらず。それでもエジがGKと1対1となったシーンやサヌのあわやPKのシーンもありましたが得点出来ず。結局、このまま試合を支配されたまま、最後の最後に決められちゃいました。

これで、3連敗。ACLはもちろん、順位的にもかなり厳しい状況においこまれてしまいました。それより何よりも監督解任の確率が高まることに。個人的にはフィンケの目指すサッカーを今後も続けて欲しいと思ってます。若手中心中盤が作り出すのポゼッションサッカーは見るべきものがあり、それに向けてこれまで培ってきたものを監督解任で失うのは愚の骨頂。

どこから監督を連れてきても、そう簡単にはいかんでしょう。逆にチームが崩壊しかねない。

ただ、チャンスを作っても得点につなぐFW力と、安定したCBをうまくかみ合わせる事が出来なければ、良い試合をしても勝ちを拾えないのも事実。劣勢の試合を何とか引き分けにし、厳しい試合でも何とか勝ち抜く力がないと長丁場のリーグ戦は勝ちきれない。これ出来るのかできないのか、フィンケなら出来るのか、それともフィンケだと出来ないのか。この辺がわからず悩ましいのは事実。 そして、夏場にどういう戦い方をするのか。これも課題。

この試合、不可解だったのは、暢久の欠場。サブとはいえハーフタイムも含め練習にも出てこない。ベンチにいてもウォームアップはなし。ずっと座り続けてました。 実は、帰りの新幹線が選手と一緒の列車だったため暢久にも遭遇。足を引きづってました。怪我ですか?ただ、東京駅でもまた遭遇しましたが、このときは普通に歩いてた。4時間で直ったんですかねw

もう一つ。今日の試合で柏木のチャントをお披露目。柏木も気づいていたようですが、残念ながら結果は残せず。

試合終了後、拍手も無かったけれど、ブーイングもなし。そんな中、「次はホームで頑張ろう」の声があがり少し救われた感じ。

さて、次節はホームでの京都戦。ともかく勝ち点を積み重ねて、少しでも順位を上げたい。降格必至の相手と思わずやるべき事を徹底してやって欲しいものです。

それと、今日の主審、今村の不安定さには閉口。J1でのジャッジはまだ5試合目だそうで。もう少し経験が必要なようです。

Conv0008

第29節、広島2-1、ゴル裏、今村義朗、21,725人、曇、午後1時4分、11月7日、日曜、10位) Finkeの戦い

|

« 【参戦記】決定打の出ないのはなぜ?第28節H山形H戦0-1 | トップページ | 【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0 »

参戦記」カテゴリの記事

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/49967232

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】デジャブのような負け試合 第29節広島A戦2-1 :

« 【参戦記】決定打の出ないのはなぜ?第28節H山形H戦0-1 | トップページ | 【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0 »