« 【参戦記】デジャブのような負け試合 第29節広島A戦2-1 | トップページ | 【参戦記】峻希、峻希、峻希 天皇杯4回戦Hジュビロ戦1-0 »

2010年11月14日 (日)

【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0

Conv0002

試合後のインタビューでいきなりポンテが涙ぐんだのには驚いた。と、同時にもらい泣きしました。

Conv0005

今期限りで契約が終了するとはいえ、まだ試合は残っているのに、天皇杯もあるのにと思いつつ、ポンテの気持ちがそこまで高まっていたことをわからなかった私。突然の涙にやや動揺しました。

マリッチと一緒に加入したポンテ。チャンピオンリーグにも出場したポンテが来ると知ったときにはその価値がわからず、その後の活躍には驚かせられました。

Conv0003

今日の試合は、降格崖っぷちの京都が相手。得てして、こうしたチームに勝ちきれないレッズだけに不安はありましたが、前半は、ペースを握った試合展開。先制もして、本来ならいい感じでいられるはずですが、今年の勝負弱さ、先制しても逆転をくらう粘りのなさを考えると、安心もしていられない。

案の定、後半に入ると自陣での攻防が続き、いっこうに京都陣営に攻め込んでこない。思うに、セレッソ戦の時の寄せがピークで、その後、ボールを持つ相手へのプレスが今一つの状態が続いてきたレッズ。山形戦ではそんな状態でも何とか、試合を支配していたにも関わらず、一発のFKで負け。広島戦では寄せの強さは相手が上回り、主導権を取れないまま敗戦。

Conv0004

今日の京都戦は、同じように寄せが甘いにもかかわらず、広島戦のように主導権を奪われずにすんだのは僥倖。ただ、寄せの甘さは広島戦と同じ。ただ、攻め込まれても、相手の凡ミスに助けられて、何とかしのぐ。結局、ポンテの一発芸で追加点を取って勝利を確実なものにできました。

結局のところ、降格圏内の京都のレベルなら何とか勝てると言うのが、今のレッズの正直な実力なんでしょう。中盤の強さはそれなりながら、点を取れないもどかしさは変わらず。それだけに、ポンテの一瞬の隙を突くシュートにはロスタイムとはいえ、気持ち的に救われました。

岡本、峻希、元気という若手に、ルーキーの宇賀神という両サイドの選手の動きは確かに見ていて楽しい。最近、ややスラン気味な元気とはいえ、同世代の峻希、岡本の成長ぶりにはわくわくさせられます。積極的にシュートを狙う2人の小気味よさは魅力的(元気も良いシュートを打ってました)。

しかし、強い相手い勝ちきるには今日の試合のようなままでは心許ない。とはいえ、セレッソ戦のような戦い方もできるんだから、全く実力がないわけでなし。

残りの試合、そんなレッズがフルに力を発揮させる事を祈るばかりです。

今日の敗戦で降格が決まった京都。試合終了直後くずれ落ちる選手が印象的。サポは挨拶に来た選手に罵声を浴びせるわけでもなく、拍手で迎えるでもなく、無言(かどうかはこちらからはわかりませんが)の出迎えをしたようにみえます。試合後、レッズが「We are Diamonds」を歌い上げてもそのまま、居座り続けるサポ。フロントへの批判を綴ったゲーフラが掲げられてましたが、その後どうなったんでしょう。何を要求したんですかね。

Conv0001_2

で、心配なのは細貝の怪我。鉄人、暢久は今日の試合に戻ってきましたが、怪我を再発させた司をはじめ、けが人はまだまだ多いのが実情。でも、前に進もう。ポンテの涙を歓喜の涙にするために。

P.S. さてこの日、先発要員として埼スタに9時20分頃に着いた私ですが、そこで見たのは驚愕の事実。なんとあのレディア一家とコバトンが勢揃いして、一緒に営業活動をしていたこと。この5人(匹)が今後一緒に登場することはあるんでしょうか。貴重な写真をあげておきます。

Conv0006

第20節、レッズ2-0京都、北ゴル裏、廣瀬 格、32,398人、曇、午後2時4分、11月14日、日曜、9位) Finkeの戦い

|

« 【参戦記】デジャブのような負け試合 第29節広島A戦2-1 | トップページ | 【参戦記】峻希、峻希、峻希 天皇杯4回戦Hジュビロ戦1-0 »

京都戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/50031661

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0:

« 【参戦記】デジャブのような負け試合 第29節広島A戦2-1 | トップページ | 【参戦記】峻希、峻希、峻希 天皇杯4回戦Hジュビロ戦1-0 »