« 【参戦記】新旧の活躍で久しぶりの快勝 第32節マリノスA戦1-4 | トップページ | この無定見なクラブはどこへ行く »

2010年11月28日 (日)

【参戦記】引き分けでも楽しい試合 第33節川崎A戦1-1

Conv0003

とにかく集中出来た最後30分間。次々と繰り出されるチャントとコール。エスクデロの電光石火のシュートに狂喜乱舞。引き分けであろうと、そして試合開始1分未満での失点をしようと、全力をかけて点を取りに行く選手と一体となって攻撃・サポ出来れば満足。成長を続ける峻希と岡本のプレー、暢久とツボの老練なプレー、前へ前へと動く萌、電光石火のシュートを決め、さらには2人のデフェンダーを引きずり回して前へ進むセル、こんなプレーを堪能できれば不満足なはずはない。

ま、時間がたって今となってみれば、もう一点欲しかったという欲が出て来たりしてますが、現地にいた時にはそんな事は露ほども思わなかった。テレビで見ていてはこの満足感は体験できないだろうなぁ。

Conv0001

試合開始直後、「なんかぬるいなぁ」と寄せの甘さを感じたその直後に呆然の失点。その失点の心理的な要因もあるのか前半、選手がぴりっとしない。寄せ詰めも甘いまま、と言うか逆に早めに詰められてボールがつながらない。こうなると峻希、浜田のサイドをえぐる突進力はなかなか発揮できず。怪我からの復帰後やや精彩を欠く上に中村憲剛とマッチアップせねえばならない柏木と、攻めの起点となるプレーが比較的少ない堀之内というボランチコンビもなかなか攻撃の推進力とならない。

川崎もいつもの迫力はないものの、いつ点を取られてもおかしくない状況。事実、危ないシーンが何度も。2点目を取られたら前半のプレーを見る限り、ジ・エンドだといういやな確信に満ちたでした。

そんな手詰まり感と不安に満ち満ちていた前半、あんな後半がやってくることなんて想像もつきませんでした。

Conv0002

後半、萌が堀之内に替わり、ハーフタイムに監督に何を言われたのか、チームががらっと変わる。寄せ詰めが良くなりボールを保持出来るようになり、面白いように攻め続ける。峻希、岡本が絡むサイド攻撃が繰り返され、さらに攻撃のバリエーションも増えてくる。時間とともに川崎の動きが鈍くなっていき、さらに攻撃のチャンスが増えてくる。もっとも、殴り合い的シーンもありましたが..。

そうなればサポもノリノリ。連続するコール、チャントも何のその。楽しい時間を味わえました。ちなみに得点した後、のセルがはしゃぎまくらず、比較的平静だったのにはびっくりしました。成長したのか?しかし、後半、峻希に代えて啓太の選手交替の意図はなんだったのだろ。

さて、残るはホーム最終戦。必死にならざるを得ない神戸が相手でやりにくいとはいえ、昨日の後半のようなプレーをまたみたいもんです。

閑話休題

この日の主審、飯田淳平って何者?暢久がボールにいったプレーにイエローを出し、ペナルティエリア内のジュニーニョのハンドを見逃し、さらに悪質なジュニーニョのハンドをファウルにしたものの、イエローを出さず。おかげで、暢久が最終節に出られないじゃないか。嗚呼

調べて見ると81年生まれの29歳。「レフェリーカレッジ」第一期生。同期にあの佐藤隆治がいる。07年からJ2で笛を吹いている。J2時代は最年少レフリーだった模様。J1は昨年から今年の9月25日、大宮アルディージャ対FC東京戦で大宮のゴールポストを叩いてゴールに入ったシュートをゴールと認定しなかったらしい。

昨年の名古屋、神戸戦では神戸の茂木にだまされて?神戸にPKを与えているとの話もある.。他にもPK山形、仙台戦でもPK絡みで微妙な判定しているし、他にもそのジャッジをぼろくそにけなしているブログもある。

その一方、高い評価している人もいる。選手でもセレッソの播戸はそのジャッジに敬意を表して、試合後握手にいったらしい。審判に握手を求めたのは2度目だそうだ。1度目の審判は、あの岡田! なんじゃい。ま、今後注意して見ておく必要のある審判のようです。

追伸.
この日は天皇杯準々決勝のチケット販売日。地元でチケットを買ってると開門には間に合わず、さりとて等々力周辺ではロッピの1番目並ぶのは難しい。ということで仲間と分担してレッズサポと瓦斯サポのいなそうなローソンを探索。チケット購入後開門に間に合う立地も大事。ということで私は西大井、お仲間は目黒のローソンで無事1番目のポジションを確保。それでも、目黒ではゴル裏のチケットを買えず。なかなか回線につながらずつながったら予定数終了してたそうです。結局、西大井側で確保したチケットで何とかチケット難民にならずにすみました。まぁ、エコパは慌てる必要はないですが、国立のチケットは買っておくかな。決勝進出が決まってからでは、相当苦労しそうですから。

第33節、川崎1-1レッズ、ゴル裏、飯田淳平 19,411人、晴、午後2時4分、11月27日、土曜、9位)

|

« 【参戦記】新旧の活躍で久しぶりの快勝 第32節マリノスA戦1-4 | トップページ | この無定見なクラブはどこへ行く »

チケット」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

海豚戦」カテゴリの記事

コメント

あのときそうでしたか。困った門です。でも、あのときは自滅だったような。暢久の件はいつまでも恨みます。このやろ飯田!

投稿: 見沼鰐 | 2010年12月 1日 (水) 00:54

忘れもしない、あの『松本山雅』戦の主審です。

だから、飯田って聞いた時に嫌な感じがしました。

それにしても、最終節に暢久が見られないなんて…。

投稿: みつる | 2010年11月29日 (月) 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/50152483

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】引き分けでも楽しい試合 第33節川崎A戦1-1:

« 【参戦記】新旧の活躍で久しぶりの快勝 第32節マリノスA戦1-4 | トップページ | この無定見なクラブはどこへ行く »