« 【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0 | トップページ | 【参戦記】西野に嵌められて2失点負け 第31節ガンバH戦0-2 »

2010年11月20日 (土)

【参戦記】峻希、峻希、峻希 天皇杯4回戦Hジュビロ戦1-0

Conv0001

いやぁ、峻希ががんがん成長してますねぇ。午後7時KOにぎりぎり間に合い、低い気温と冷たい雨で体は冷えまくりましたが、心は燃えました。

サイドバックから前目のポジションに移って2試合目。「得点することが使命」と意識する峻希の動きは出色でした。いつものごとく縦横無尽に駆け回り、常に意識は前へ前へと高まるばかり。唯一の得点となったシーンでは、ジュビロの右サイドを切り裂いて、素早く低い弾道のセンタリング。

Conv0002

これが泥臭いながら、エジの腹wにあたってゴール。サイドをえぐってからゴール前にボールを放り込むまでの時間が短く、ジュビロの守備陣が体制を整えることができなかったことが得点につながりました。

その後も、前への推進力は素晴らしいの一言。けが人の続出で、とうとう萌、柏木の両ボランチに代わって、堀之内、啓太というコンビがチームのエンジンに。堀之内も良いプレーを見せたし、後半の啓太の守備は昔を彷彿とさせるものでした。とはいえ、どちらかというとこのエンジンは萌・陽介エンジンに比べ前への駆動力は弱い。それだけに峻希の突進力が目立つことに。

ボールを奪われかけて倒れ込みながら、ボールを保持しながら立ち上がり、再び、ドリブル、パスをし始める粘り腰も見物。ボールを奪われたら、即スライディングでボールを奪い返しにかかる。そして機を見てロングシュートも打つ。見ていて楽しいサッカーとはこのこと。

峻希ほどでないにせよ18歳の岡本も獅子奮迅。と言うかサイドバックなのに、そんなところまで上がっちゃうのと心配させるプレーを連発。サイドバックだから、いざとなれば、高い位置まであがるのは当たり前とはいえ、高い位置での滞在時間の長いことw もっともミスパスも多かったですが、これもわくわくさせるプレーで打ち消してましたね。フィンケには怒られたようですがw

先発したポンテは、90分プレーするつもりで時間配分をしたのか、はたまた本調子でないのか、これはというプレーはあまり見られず(もっともゴールにつながった峻希へのパスはポンテでしたけどね)。

ともかく若い二人が目立った試合ですが、暢久だって負けてません。前半こそ寝てるんじゃまいか、という感じのプレーを見せてましたが、後半に入り、徐々にスイッチが入り、ついには完全体に変身。こうなったら怖いものはない。危ない前田のプレーをことごとく防ぐプレーを披露。10日ほど前に亀裂骨折を疑われた人物とは思えない動き。ジャンプも高い。すごい男です。

一方のジュビロはバックス全員入れ替え、意識はしないもののナビスコ優勝による意欲の低下など、マイナス要素がありました。とはいえ、レッズだってけが人続出で、薄氷の思い。セルがベンチに入ってましたが本当に出られたかは不明。ともかく、この状態で、今期勝てなかったジュビロから勝利を勝ち取ったことは素直に喜びたいもんです。ただ、元気が最後まで出られなかったのは残念。少しいらだってましたが大丈夫ですかね。気持ちを強く持ちましょう。

Conv0003

そして、悲しい事に宇賀神が負傷退場。試合直後は症状は軽いような事を言ってましたが、仄聞するにガンバ戦には出られない模様。これ以上メンバーが減ってどうするんだか。

Conv0004

最後に、試合後のジュビロサポの撤退の早さには驚きましたね。レッズの選手がゴル裏に挨拶に来る前までにひとっこ一人いなくなってしまいました。そこには取り残されたのは、寂しげに風舞う「FORZA JUBILO」のダンマク。コールリーダーの「ダンマク忘れてるよ」の声にレッズサポが大笑い。あのダンマクは無事回収されたんでしょうか。あっ、回収してますねw(上)。

追伸 ついにポンテの退団が決まりました。ともかくありがとうと言いたい。わくわくするプレーはいつまでも忘れません。いろいろな雑音が聞こえてますが、やるべきことはリーグ戦はもちろん天皇杯を一つでも多く勝つべく、最大限のサポをすること。皆様、万博、エコパ、国立でお会いしませう。

天皇杯4回戦、レッズ1-0ジュビロ、北ゴル裏、山本雄大、11,129人、曇後雨、午後7時2分、11月17日、水曜)

|

« 【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0 | トップページ | 【参戦記】西野に嵌められて2失点負け 第31節ガンバH戦0-2 »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

天皇杯」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/50076610

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】峻希、峻希、峻希 天皇杯4回戦Hジュビロ戦1-0:

« 【参戦記】ポンテの涙を歓喜の涙に 第30節京都H戦2-0 | トップページ | 【参戦記】西野に嵌められて2失点負け 第31節ガンバH戦0-2 »