« 【参戦記】引き分けでも楽しい試合 第33節川崎A戦1-1 | トップページ | この無定見なクラブはどこへ行く2 »

2010年11月30日 (火)

この無定見なクラブはどこへ行く

フィンケの契約更新をしない事が発表されました。残念です。

フィンケが求めた新しいレッズの姿がようやく見え始めたこのときに、明確な理由と説明をせずにサポが持っていた期待と夢を打ち砕いたフロント。しかも、マスコミへのリークという手法を使いながらつぶしたフロント。

それに対する悔しさ、悲しさはあまりあるものがあります。志も無ければ、正しい手順も踏めず、さらに明確なビジョンも示さず、ただ決断をしたふりをするフロントにあきれ果てるだけです。

観客動員が減って、売り上げが減った。サッカークラブだって1企業だから、売り上げ減に対処しなくてはいけない。しかし、ぼろぼろだったチームを立て直すために、長期ビジョンでフィンケを招聘したはず。

確かに、勝てなくなれば、強いレッズを期待してスタジアムに来る「ファン」は減ります。しかし、簡単に勝利を増やすカンフル注射ではなく、根本からチームを変えて新しいチームを作る、そしてその上でファンを積み上げていく、というのが2年前の決断だったのではないですか?少なくとも藤口さんはそう思っていたはず。

しかし、今のフロントがやっていることは、浮動票な「ファン」をほしがるあまり、「コア」なサポの不信感と怒りを増幅させているだけ。コアサポはちょっとやそっとで離れません。しかし、それに甘えて迷走を始めた時、コアサポが崩れ、チームを支えていた基盤を失う事だってありえるのです。そんなチームに発展の可能性はあるのでしょうか。サポや地元を裏切り続けて、サポが崩壊しJ2に落ちて、見る影もなくなった名門チームがありましたよね。

もちろんコアサポの中にも、フィンケ監督の下の成績、特に2年目の成績に戸惑いや失望を感じていた人はいたはず。私もブログで、愚痴をさんざんこぼしました。本当に成長出来るのか疑心暗鬼にもなった。

しかし、あの夏の名古屋戦、同点にしながら、結局、無様な失点で負けたとき、それでもサポは、もう一度踏ん張って、選手とチームの成長にかけたと思っています。それはゴール裏に来る選手に対するサポの態度を見れば一目瞭然だったはず。そのときに書いたブログを引用しましょう。

「試合後、選手にはブーイングではなく激励が。この日、試合前、レッズバスを出迎えての応援、試合後も激励のバス囲みwがあったようで、サポはブーイングモードではなくサポート体勢。サポなら愚痴とヤジを飛ばすのではなく、選手を後押しして勝ち点をとるためのサポートをする状況でしょう。愚痴ったり、野次ったりするステージではないんですよ。では、次節。」

しかし、そのときフロントはそれを理解せず逆の舵を切り始めていた。

フィンケ監督の契約延長がないとの決定にコメントを求められた選手から出てくる声を聞いても、彼らがフィンケサッカーに賭け、喜びを感じていることが伝わってきます。柏木、元気、宇賀神、そしてツボの声。それ以前に早い時期から「楽しい」を連発していた暢久。

一方、サポも、そうした選手の気持ち、成長する若手の姿、ベテランのやる気と奮闘ぶりを感じて、それにかけた。もちろん負ければ悔しいし、優勝戦線、ACL参戦枠を獲得出来ず怒りもした。それでも、内容の良い試合を見られればそれはそれで満足する。来年に期待する。サッカーだって興業の一つ。興業ってそういう側面も大事なはずでしょう。

そして前節の川崎戦、本来なら逆転出来たはずと言いたくなる試合ながら、引き分けでも満足した試合。それは勝とうとする選手の姿を見て、それとサポがシンクロしたからのはず。

もちろん、フィンケの求めたサッカーは、そう簡単に達成できるものではないことは、この2年間、痛いほど感じてきました。理想のチームになったと思った瞬間があると思えば、その次の試合にはめろめろということが何回もありました。詰めの甘さ、BKのもろさ、決定力のなさと課題も数多くあった。それでも、何かを感じたからサポは応援を続けた。

百歩譲って、監督を変えない限り事態が改善しないとフロントが考えた事を認めるとしても、愚劣だったのは、マスコミに対するリークで外堀を埋めていくフロントの姑息な手法。

そして、ぬけぬけと「方針継続」を宣言するフロント。言うにことかいて次のステップの「レッズスタイル」を作ると宣言。2008年の末、09年の始めに見たぼろぼろのチーム。見ていて何の期待も出来ないプレーに呆然としました。あのチームを未完成ながらここまで引き上げた功績をどう見るのか。

経営的に観客減が耐えられず、選手やサポから信頼を得ている監督を切ると決断したのなら、たぶん新監督の就任時にそれなりの説明があるんですよね。社長の求めるスタイルとは何か、フィンケと何が違うのか? 方針継続というならフィンケに足りなかった何を実践出来ると考えたのかを示して欲しい。それが、2年間我慢し来年のフィンケにかけたサポに対する礼儀でしょう。

顧客(=サポ)をごまかすような手法で経営をすることがいかにまずいか、三菱自工にいて、あの危機的状態の矢面にたった社長にわからないはずはない。だが、その教訓をサッカーには持ち込めなかった。いかにサッカーを軽く見ているのかが良くわかる。

オフト→ギドという例が示すように、養成系の監督の後に気持ちでリードする監督が来て、成功することはあり得ない話ではない。しかし、賽の河原のようなガラポンが起こる可能性があるのも事実。そんな危険やリスクの高い決断をフロントはした。それもサポに誠実に向き合うことなく。その責任は大きい。

うまくいかなかった時、その責任を新監督に押しつける事は出来ない。まぁ、恒例で社長の首を切るのか。監督と社長の首を交替で切ればよいのか。そうならこのチームは誰のために、何のためにあるのか。

最近、フロントはファンサービスを増やしているようです。社長はホーム、アウェイを問わず、現場に顔を見せてきた。そのことを悪いとは思わない。私も、アウェイの待機列にやってきた社長に親近感を持てた。しかし、本当のサポの思い、選手の思いを感じられないなら、そんな行為は意味のないこと。

噂では、フロントの関係者がフィンケに9割のファンがフィンケ批判をしていると伝えたとのこと。そうですか。それが真実なら私はその1割なんでしょう。それならあきらめましょう。でも、本当にそうなのですか?

そして経営的に見れば、過去の観客数の増加は一種のバブル。それを前提に企業経営をすることの危険性は理解していたはず。レッズは本体と切り離したとはいえ、箱物を抱えている。売り上げが70億円程度の企業体が箱物運営をすることは危険きわまりない。それら事業費がチーム強化費を大幅に上回っていることは社長就任時にわかっていたはず。それに対する経費節減の努力はしたのか。体制の見直しをしたのか。今時の企業がやる事をやったのか。適当運営をしておきながら、すべての責任を監督に押しつけていなかったのか。これらも明確にして欲しい。

もはや決まった事は覆ることはないし、チームも企業体。判断はフロントに任せるしかないが、サポ(=顧客)との関係をめちゃくちゃにした運営には危機感を感じざるを得ない。

悲しいかな、それでも来年もサポはレッズをサポするでしょう(もしかすると崩れるかもしれない。選手も逃げるかもしれない)。そして、フロントへの不信は当分消えないだろう。選手、サポ、フロントの関係をねじれたものにしてしまったフロントの罪は深い。

さぁて、週末はドイツ国旗と抗議の黒手袋でもして行きますか。そして、天皇杯優勝しましょう。元旦のチケットは買いましたよ。

|

« 【参戦記】引き分けでも楽しい試合 第33節川崎A戦1-1 | トップページ | この無定見なクラブはどこへ行く2 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

あっ、にゃんた2号さん。いつもニヤニヤしながら見てますよ。

投稿: 見沼鰐 | 2010年12月 2日 (木) 00:42

そうですか。もしかするとレッズは超ビッククラブなのかw

投稿: 見沼鰐 | 2010年12月 2日 (木) 00:41

お邪魔します。ワタシも1割のうちのひとりです。

でも周りの知人とかブロガーさんの意見を見てて、これが1割ならレッズサポどんだけ多いんだよと思うんですけどもw

投稿: にゃんた2号 | 2010年12月 1日 (水) 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/50177519

この記事へのトラックバック一覧です: この無定見なクラブはどこへ行く:

« 【参戦記】引き分けでも楽しい試合 第33節川崎A戦1-1 | トップページ | この無定見なクラブはどこへ行く2 »