« 【ラーメン】桂花ラーメン 東京新宿駅東口 | トップページ | 【練習試合】TM 東海大学戦5-1@大原 »

2011年1月30日 (日)

【ラーメン】支那麺 はしご 溜池山王(赤坂店)

20110114_141919

某巨大キャリアとの打ち合わせ後、昼飯を食べてなかったので同僚と2人で行ってみました。私はここにラーメン屋があるとはつゆ知らず。一方、同僚は最初からこの店を狙っていたようで一直線に店内へ。

たまたま、レッズサポとして知り合いのブログで、「はしご」の谷中店が紹介されていたのは偶然。銀座が本店のようです。元々は銀座の東芝ビルの地下にあり、その頃は結構怪しい雰囲気だったようです。この赤坂店の他、銀座本店、銀座八丁目店、入船店、谷中店、新小岩店があります。

20110114_140716

店内は昼飯の時間帯を外れていたので先客は2人のみ。カウンターだけの店内の奥の方に陣取る。

しかし、この店、風変わりなレイアウト。厨房を中心に同心円を描くようにカウンターがあるのだが、厨房とカウンターの間に無意味に広いスペースがある。怪しい記憶をたどると昔、ここは韓国料理屋だったような気もする。その店のレイアウトにしばられて、こうなったのかと考えてみたものの、理由はわかりません。

で、注文は、同僚の勧めに従ってだんだん麺系の「排骨担々麺(ぱいこうだんだんめん) 」を注文。基本的には担々麺の店だそうで。四川風の坦々麺を日本流にアレンジしたものだから「だんだんめん」なんだろうと勝手に想像。担々麺定番の挽肉がないなど、担々麺らしくないのは事実。担々麺風支那麺ですか。お値段は1100円なり。まぁ高いです。銀座ならあり得るのかもしれませんが、谷中店では似合わないような。

担々麺系とは別に酸紅麺(さんほんめん)系があります。これは次回の楽しみにとっておきましょう。

出て来た担々麺の麺は極細。ボリューム感はあまりありません。個人的には細い麺は好きです。ご飯も無料でついてくるので、それなりに満腹感を味わえます。

味は繊細でおいしいです。たしかに担々麺とは違う味。ピリピリ、カラカラが全面に押し出してくるわけではなく、比較的上品な辛さです。より日本人好みということでしょうか。辛さは「マイルド、普通辛、中辛、大辛」と選べるので、好きな辛さで食べられる。私は中辛を注文しましたが、それでも激しく辛くはない。全般的にマイルドかと。

ただ、店員の応対が微妙。たまたまなのかもしれませんが、虚無感たっぷり。悪く言えばやる気無し。我々の後に入ってきた客には、特定のメニューを食べさせようとするなど、あまり印象はよくない。

ちなみに、食べませんでしたが餃子は900円。これほど高いと、逆に食べてみたくなります。もっとも、夕方5時以降でないと注文できないようです。それほどスペシャルなんでしょうか。誰かかわりに食べてくださいw

今回も写真ピンぼけ失礼

◇店舗情報
営業時間
 月~金   AM11:00~01:00
 土・日・祝 AM1:00~21:00
定休日 無休
住所 東京都港区赤坂2-2-21 永田町法曹ビル 1F
電話番号 03-3583-5225
駐車場 無
2011年1月14日(金)14:00訪問

より大きな地図で 鰐のラーメンマップ を表示

|

« 【ラーメン】桂花ラーメン 東京新宿駅東口 | トップページ | 【練習試合】TM 東海大学戦5-1@大原 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ラーメン】支那麺 はしご 溜池山王(赤坂店):

« 【ラーメン】桂花ラーメン 東京新宿駅東口 | トップページ | 【練習試合】TM 東海大学戦5-1@大原 »