« 【ラーメン】支那麺 はしご 溜池山王(赤坂店) | トップページ | 【ラーメン】ぼすや さいたま市見沼区 東大宮駅東口 »

2011年2月 6日 (日)

【練習試合】TM 東海大学戦5-1@大原

Conv0003

「レッズ禁断症状」が出始めて、うずうずしてきた今日この頃。ちょうど良く東海大とのTMが開催されると知って、大原へ。

久しぶりに自宅からチャリで約7キロの道のりを行く。幸いな事に、この日は寒さも和らぎ手袋なしでも手がかじかまない。

Conv0001

で、3時前に到着。すでに駐輪場はいっぱい。クラブハウス前のスタンドは大混雑。どう数えたんだか知りませんが、大本営発表では650人もの人出だったそうです。

スタンドだけでなくクラブハウス側のスペースは、ネットの後ろに何重にも人が並んでいる状態。入り込むのは断念してクラブハウス側から見て右側のゴール裏に何とか隙間を見つけて潜り込む。

ちょうど1本目はこちら側にレッズが攻めてくるので好都合。

先発は高崎がワントップ、その下に左からマゾーラ、セル、達也という布陣。ボランチというべきかCHというべきか、そのポジションは啓太と暢久。両サイドは平川と宇賀神。CBはツボと堤。

試合が始まって感じたのは、その攻撃性の高さ。特にマゾーラの前への突破力は秀逸。宇賀神との連携で、東海大学のサイドをえぐって左サイドからセンタリングを連発。マゾがボールを持ったときのスピード、相手をかわす足技は魅力的。

そうして切り込んでセンタリングすれば、中央には高崎、セル、ファーサイドには達也が待ち構える。

右サイド側の平川、達也のコンビも同様にサイドに深く進入しセンタリングを連発する。それにたいしては高崎、セル、マゾが待ち構えている。

そんな流れで前半4分、マゾーラが頭をかすめたボールに触って(だったと思う)得点、19分には受けたパスをセルが真ん中で受けてゴール。29分には左サイドからの平川のクロスを達也がヘッドで決めて得点。

とはいえ、ボールをカットされてカウンターをくらうと、中盤はスカスカですから大変危険な布陣。ただ、ボールを奪われても、ワントップの高崎を除く前5人と暢久、啓太のベテランコンビが早めに相手をつぶすので大事に至らず。まぁ、相手の実力を考えれば、割り引かないといけないですが。

ただし、この間、3回ほど大きなチャンスをもらった高崎はいずれも決められず。そのうち1回は1対1。ちなみに達也も1対1を決められないシーンがありました。もったいないことで。

この布陣、ペトロに言わせれば、面談で選手の希望を聞いて決めたとのこと。確かに、そんな感じはします。ただし、暢久が果たしてボランチを望んだかは不明。だいたい本番でボランチを続ける体力が持つんですかねw

さて、その後、マゾが交替。そこに元気が入り、セルの位置には○塩、セルは達也の位置にずれて、達也がoutという布陣に。

ところがこれで、急に攻撃力が低下。元気が下がり目で、前にあまり出てこない。元気はサイドから短いパス交換をして、真ん中に入り込んでゴールを狙う動きをするものの、真ん中から突っ込むと、混戦気味になって、うまくボールがつながらない。結果、途中でボールを奪われる。○塩もセルに比べて位置を下げて、トップ下らしく動くものの、前線への配球がママならず不完全燃焼。

ただし、セットプレーの際、ゴール前にポジションを取った○塩は、セルからのボールにうまく合わせて得点。さらに、高崎が後ろから倒されて得たPKを決めて、2得点。この辺のプレーは器用な感じがしました。

高崎は多くのチャンスを決められなかったものの、アシストはしましたし、PKをもらった時の動きは迫力がありました。ただ、チャンス時にシュートに持ち込むのに1動作余計にかかり、その間に詰め寄られてシュートチャンスを失ってしまう。

試合の最中、観客が湧いたのはやはりマゾがボールに触ったとき。期待にたがわぬプレーはさすが。ボールをもって突っ込んでくるときの動きは確かにエメを感じさせます。

次に湧いたのは、ツボがゴール前に入り込んで頭を使って得点を狙いにいった時。すでに今年は1得点していますから、皆、期待しますw 前半終了間際に怪我で退いたのが心配です。 

それと達也が右サイドで生き生きしていたのが印象的。さらに暢久が遠目からシュートを打ったのもご愛敬。完全な宇宙開発になってしまいましたが、あのポジションから打ってきたことに意欲を感じます。試合後の取材にも、後ろ目のポジションながら攻撃にもからみたいと発言。まぁ、期待せずに待ってます。

それと、CBに入った堤の体つきがたくましく、大きく見えたことも印象に残ってます。堤ってあんなに大きかったっけ。

試合の方は、前半に5点取った後は沈黙。野田、小島、そしてエジ、梅崎、原が出て来ましたが、そのたびに迫力がなくなっていく。後ろはユースが動員されたため、前線はなかなか仕事ができずジエンド。途中、1失点して、5-1で試合終了です。小島がCHで、時折、センスの良いパスを出していたのが印象に残りました。

さて、今日の先発の布陣、今後どうなるかまだまだわかりませんが、これも面白いかなと。

前目の選手には達也、セル、マゾ、エジ、原、原口という選択肢が。両サイドバックは宇賀神、平川、峻希、司、岡本の選択肢、ボランチには暢久、啓太に加え、柏木、直輝、○塩、青山、水輝、小島という選択肢。CBはツボ、堤に加えてスピラ、永田、暢久という選択肢があります。特に、ボランチは相手チームの特性に合わせて、いろいろな組み合わせができるかと。試合前の先発予想が結構楽しいものになるかもしれません。

ま、まだ妄想の域は出ませんが、当面、これを楽しみに、これからのPSMを見ていきたいと思います。

TM 東海大学 5-1@大原、ゴル裏、650人、晴、午後3時、2月5日、土曜)

|

« 【ラーメン】支那麺 はしご 溜池山王(赤坂店) | トップページ | 【ラーメン】ぼすや さいたま市見沼区 東大宮駅東口 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

練習試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/50796991

この記事へのトラックバック一覧です: 【練習試合】TM 東海大学戦5-1@大原:

« 【ラーメン】支那麺 はしご 溜池山王(赤坂店) | トップページ | 【ラーメン】ぼすや さいたま市見沼区 東大宮駅東口 »