« 【試合展望】トリポジ、トリポジ、トリポジ | トップページ | 【試合展望】開幕神戸戦 暢久、峻希、直輝を出せ  と言ってみる »

2011年3月 4日 (金)

【参戦記】PSM 栃木SC A戦 0-1 勝ったけれど、こころは重しグリンスタ

【参戦記】PSM 栃木SC A戦 0-1 勝ったけれど、心は重しグリンスタ
勝った試合なのに、これほど心が重かった試合は久しぶり。得点時にハイタッチさえしなかったしなぁ。

Conv0003

試合内容は寒々しいのひとこと。動きのない前線には、バックスからの有効なパス、フィードはできず、両サイドも単騎突破の域を出ず、一人達也が気を吐いても孤立。

Conv0001

パスミス、サイドチェンジの失敗は山ほど。前半のシュートはわずか1本。エジも丸塩も相変わらず窮屈そうで、機能せず、先発したマゾもボールを持つと、あっという間に取り囲まれ、激しくつぶされ良いところ無し。マジは完全に狙われてたなぁ。

昨年見せてくれた中盤でのプレスも陰を潜め、ボールを奪えず。セカンドボールもコンパクトな栃木に拾われまくる。

ボールをもってもすぐに2~3人が寄せてくる。逆にレッズは、サポートが遅く、常に数的不利の中で戦わざるを得ない。それに前線がほぼ全員ボール待ち状態になっていて、動いてパスを受けるシーンがない悲しさ。

あまりに得点の臭いがしない内容に前半終了後、ブーイングが飛び出す始末。

後半、マゾが引っ込み、元気がイン。その後、柏木がセルとの交代でいなくなると守備力が低下、両サイドにワイドに広がるフォーメーションのため、ただでさえ負担の大きい中盤はこれで崩壊。栃木SCに好き放題攻め込まれる。都築の祈りはなかったけれど、ゴールポストに救われた試合。

それでもエジ、高崎が2トップ気味になったことで、攻撃が噛み合い始める。交代した元気も守備に、攻撃に粘り、チャンスを作り始め、ついには元気が深い位置までサイドをえぐってクロスをあげ、ニアでつぶれたエジを囮のようにして、高崎が(オウン)ゴールに持ち込む。少ないチャンスを得点に結び付けることができました。

それにしても高崎のプラトーン並みの喜び方は笑えた。このゴールでヤマダ電機から40インチ液晶テレビをゲット。これじゃ記録もオウンゴールに変更できいかw

ちなみにプレーの流れで左サイドに位置したときの丸塩は生き生きしてたなぁ。やはりサイドにいた方が丸塩は生きるように思えるんですが。

Conv0004

試合前、県知事が挨拶。「来年は、一緒に戦いたい」てな意味のことを話してましたが、それを聞いて、うちがJ2に下がるんかいとふざけてみる我々。いやいや、栃木が昇格しても、うちが降格するから対戦はできないな、などとネタにしたものの、いざ試合を始めたら、笑い話でなくなってしまったのには呆然。

いずれにせよ、今年は覚悟が必要そう。これからチームが完成度をあげて戦術的に動けるようになるとしても、後、5試合程度やらないとだめでしょうね。

となればチームはどんな形でもいいから、どんなに泥臭くても、格好悪くても、負けない試合を、続けて欲しい。

そして、サポとしては負けが続いても、選手を支え続けたい。惑う選手を追い詰め、監督の立場を悪くはしたくない。監督が変わりゼロから出発する以上、時間はかかるさね。

ともかく、開幕から5試合、踏ん張り続けましょ。

Conv0005

P.S 気になるのは元気以外の直輝、峻希、拓也、水輝らの元ユース組。フィンケの申し子として働いてきた彼らにこの先出番はあるのか。今の布陣を見る限り、なかなか厳しい。彼らにレッズの未来を見た私にとって、今の布陣は悲しい限り。FWは2トップにして、丸塩は右、真ん中に直輝を入れてくれないかなぁ。その後ろに暢久だともっと嬉しいんだが。あ~、司もみたいよぉ。

第20節、栃木0-1レッズ、南ゴル裏、扇谷健司、 10,271人、晴、午後1時3分、2月27日、日曜)


より大きな地図で 11年遠征記 を表示

|

« 【試合展望】トリポジ、トリポジ、トリポジ | トップページ | 【試合展望】開幕神戸戦 暢久、峻希、直輝を出せ  と言ってみる »

参戦記」カテゴリの記事

栃木SC」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/51025571

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】PSM 栃木SC A戦 0-1 勝ったけれど、こころは重しグリンスタ:

« 【試合展望】トリポジ、トリポジ、トリポジ | トップページ | 【試合展望】開幕神戸戦 暢久、峻希、直輝を出せ  と言ってみる »