« 【観戦記】教訓:優勢な時に点を取れ。幸せは長く続かない。 栗鼠0-1柏戦 | トップページ | 【参戦記】なんで前節とそんなに違うかい 仙台A戦1-0 »

2011年4月24日 (日)

【参戦記】文句はありません 理想的な勝利 浦和3-0名古屋

Conv0002_2

これ以上、贅沢な結果は求めません。試合前、ケネディ、永井、ムー、藤本という前線に何点取られるんか、なんて悩んでたオヤジです。

で、あに図らんや。それらの選手を押さえきって3-0の勝利。嬉しくないはずはありません。ああ、幸せ。

Conv0003

まずはボールを持った相手選手への詰めのすばらしさ。外部から進入した異物を取り込む白血球のように、素早く,的確に、相手のプレーの目を摘みます。

ボールを奪ってからの展開の早さも秀逸。そしてシュートの意識の高さ。痛快です。さらに中盤で相手選手の間を抜くパスと、それを楔にしたゴール前の進入、サイドからの素早い攻撃。スペースへ向けたパスと、そこへ走り込む選手。どれをみても、開幕戦や練習試合を上回る内容にわくわくどきどき。(上の写真は試合前の黙祷)。

いずれの選手も高いパフォーマンスを示していましたが、特質すべきは峻希。攻撃や守備のいずれにも、ここぞと言うところで、好プレーを続け、試合に貢献。永井やムーの攻撃を見事なボールへのアタックでつぶしていきます。

危なっかしさもあった永田とスピラのDFコンビもおちついてきていて、まずまず。また、丸塩も今日は自由なポジションどりで、柏木やエジと変なかぶりが無くて動いていたのが良い感じ。なんでこんなに変わったんでしょうか。もっとも、陽介と暢久が危ういパスを出していましたがw

Conv0001

貢献と言えば試合開始直前にスプリンクラーで水を巻いたのが功を奏したのかは不明ですが、速いパスが通るプレーはグランパスを多少は悩ましたんでしょう。峻希も水に足を取られて滑ってましたがw。

笑えるのは、1点取られた時点から闘莉王が前線に上がってきたこと。早すぎるでしょうw。ずっと前線に残っていれば守備が弱くなるんでそれはそれで良い感じ。
いやだったのは小川と中村の中盤コンビ。ただ中村は調子が悪いのかスタメンをはずれ、ほっと一息。

得点経過は、達也のシュートからこぼれたボールを丸塩がゴールを決め、先制点。2点目は柏木、丸塩とつないで相手を崩し、達也が得点。そして最後は元気が自らのシュートの跳ね返りを押し込んで3点目。この3点目でほぼ試合は決まり。

Conv0004

とにかく、守備に攻撃にスピードのあるプレーが続き、変な放り込みサッカーではなく、つなぐサッカーで相手を崩す内容は痛快きわまりない。まったりとした横パスも全く無し。これまでの練習試合での問題点が消えていることにびっくり。楽しくないはずはありません。

カウンターにもろいグランパスの体質につけ込んでいたのも痛快。スカウティングもうまくいってたんでしょう。

グランパスで目立ったのは、永井の速さ。さすがでしたが、これも峻希、スピラがうまく押さえてました。後、ケネディと闘莉王の身長が後10センチ高かったらw危なかったシーンはありましたが、これも何とかクリア。

そして3点目をとった後の、セル、マゾの投入の痛快さ。疲れを見せ始めた相手選手を痛快に抜き去り、ゴールを目指す。結果として得点には結びつきませんでしたが、この時間帯のわくわくさも秀逸。あれで点を取っていれば最高だったんですけどね。

ともかく、劇的な勝利で盛り上がる仙台と戦う前の試合としては、これ以上の内容はありません。これがフロックではなく、コンスタントに出せる実力なら、こんなにうれしいことはありませんです。

では、来週。仙台でお会いしましょう。

Conv0006

P.S.今日は暢久の公式戦500戦目だったはずですよね。鉄人です。

それとエジの頭の色が..。かつてのセル並み。正直、少しきもち悪いんですが。しかし、目立つんで遠目にはわかりやすくていいんですけどね。

Conv0007

そして、ちょっと気になるのは山岸のフィード。これまでもフィードするまでの間が長く、もっさりしている感がありましたが、今日はゴールキックが精彩をかいていました。心配です。

第7節、レッズ3-0名古屋、北ゴル裏、村上伸次 42,767人、晴、午後2時4分、4月24日、日曜、14位から8位に浮上)

Conv0005

試合後、インタビューを受けた丸塩がゴル裏に来て、ユニを投げ入れ、さらにゼリコがゴル裏にやってきて挨拶するなど、フィンケ時代とはまたひと味違った、展開。まぁいいですよね。ちなみに村上審判、流す流す。流しの 村上とインプットしておきます。

|

« 【観戦記】教訓:優勢な時に点を取れ。幸せは長く続かない。 栗鼠0-1柏戦 | トップページ | 【参戦記】なんで前節とそんなに違うかい 仙台A戦1-0 »

グランパス戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/51485077

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】文句はありません 理想的な勝利 浦和3-0名古屋:

« 【観戦記】教訓:優勢な時に点を取れ。幸せは長く続かない。 栗鼠0-1柏戦 | トップページ | 【参戦記】なんで前節とそんなに違うかい 仙台A戦1-0 »