« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

【参戦記】文句はありません 理想的な勝利 浦和3-0名古屋

Conv0002_2

これ以上、贅沢な結果は求めません。試合前、ケネディ、永井、ムー、藤本という前線に何点取られるんか、なんて悩んでたオヤジです。

で、あに図らんや。それらの選手を押さえきって3-0の勝利。嬉しくないはずはありません。ああ、幸せ。

Conv0003

まずはボールを持った相手選手への詰めのすばらしさ。外部から進入した異物を取り込む白血球のように、素早く,的確に、相手のプレーの目を摘みます。

ボールを奪ってからの展開の早さも秀逸。そしてシュートの意識の高さ。痛快です。さらに中盤で相手選手の間を抜くパスと、それを楔にしたゴール前の進入、サイドからの素早い攻撃。スペースへ向けたパスと、そこへ走り込む選手。どれをみても、開幕戦や練習試合を上回る内容にわくわくどきどき。(上の写真は試合前の黙祷)。

いずれの選手も高いパフォーマンスを示していましたが、特質すべきは峻希。攻撃や守備のいずれにも、ここぞと言うところで、好プレーを続け、試合に貢献。永井やムーの攻撃を見事なボールへのアタックでつぶしていきます。

危なっかしさもあった永田とスピラのDFコンビもおちついてきていて、まずまず。また、丸塩も今日は自由なポジションどりで、柏木やエジと変なかぶりが無くて動いていたのが良い感じ。なんでこんなに変わったんでしょうか。もっとも、陽介と暢久が危ういパスを出していましたがw

Conv0001

貢献と言えば試合開始直前にスプリンクラーで水を巻いたのが功を奏したのかは不明ですが、速いパスが通るプレーはグランパスを多少は悩ましたんでしょう。峻希も水に足を取られて滑ってましたがw。

笑えるのは、1点取られた時点から闘莉王が前線に上がってきたこと。早すぎるでしょうw。ずっと前線に残っていれば守備が弱くなるんでそれはそれで良い感じ。
いやだったのは小川と中村の中盤コンビ。ただ中村は調子が悪いのかスタメンをはずれ、ほっと一息。

得点経過は、達也のシュートからこぼれたボールを丸塩がゴールを決め、先制点。2点目は柏木、丸塩とつないで相手を崩し、達也が得点。そして最後は元気が自らのシュートの跳ね返りを押し込んで3点目。この3点目でほぼ試合は決まり。

Conv0004

とにかく、守備に攻撃にスピードのあるプレーが続き、変な放り込みサッカーではなく、つなぐサッカーで相手を崩す内容は痛快きわまりない。まったりとした横パスも全く無し。これまでの練習試合での問題点が消えていることにびっくり。楽しくないはずはありません。

カウンターにもろいグランパスの体質につけ込んでいたのも痛快。スカウティングもうまくいってたんでしょう。

グランパスで目立ったのは、永井の速さ。さすがでしたが、これも峻希、スピラがうまく押さえてました。後、ケネディと闘莉王の身長が後10センチ高かったらw危なかったシーンはありましたが、これも何とかクリア。

そして3点目をとった後の、セル、マゾの投入の痛快さ。疲れを見せ始めた相手選手を痛快に抜き去り、ゴールを目指す。結果として得点には結びつきませんでしたが、この時間帯のわくわくさも秀逸。あれで点を取っていれば最高だったんですけどね。

ともかく、劇的な勝利で盛り上がる仙台と戦う前の試合としては、これ以上の内容はありません。これがフロックではなく、コンスタントに出せる実力なら、こんなにうれしいことはありませんです。

では、来週。仙台でお会いしましょう。

Conv0006

P.S.今日は暢久の公式戦500戦目だったはずですよね。鉄人です。

それとエジの頭の色が..。かつてのセル並み。正直、少しきもち悪いんですが。しかし、目立つんで遠目にはわかりやすくていいんですけどね。

Conv0007

そして、ちょっと気になるのは山岸のフィード。これまでもフィードするまでの間が長く、もっさりしている感がありましたが、今日はゴールキックが精彩をかいていました。心配です。

第7節、レッズ3-0名古屋、北ゴル裏、村上伸次 42,767人、晴、午後2時4分、4月24日、日曜、14位から8位に浮上)

Conv0005

試合後、インタビューを受けた丸塩がゴル裏に来て、ユニを投げ入れ、さらにゼリコがゴル裏にやってきて挨拶するなど、フィンケ時代とはまたひと味違った、展開。まぁいいですよね。ちなみに村上審判、流す流す。流しの 村上とインプットしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観戦記】教訓:優勢な時に点を取れ。幸せは長く続かない。 栗鼠0-1柏戦

Conv0008

雨のしとふる土曜日。明日は、ホーム開幕戦となるグランパス戦。
フト気づくと栗鼠-柏戦が無くスタで開催とのこと。

でも外を見ると、突然の豪雨。まるで台風の時の風雨のような風情。だが、しばらくすると、何事も無かったかのように雨が止み、日差しさえ垣間見える。ここは南の島でしょうか。そして再度、強い雨が降り、また短時間で止む。

でも、サッカーのドタ感が伝えてくれました。
この後は、もう大きくは崩れない。行けるって。

そんな感に従って、まだ小雨がぱらつく中、キックオフの45分前に家を出発。

途中、大宮駅で、昼食用に500円のおにぎりセット(おにぎり2個+玉子焼き、鳥唐揚げ1個ずつ)をエキュートで買って、無くスタへ。
チケットは買って無かったので無くスタの途中にあるローソンでお買い上げ。

しかしホームゴル裏が売り切れとは。意外。仕方がないのでビジター券を購入。しかし2500円と高い。釈然としないがしょうがない。

で、スタジアムに着いたのは試合開始5分後。

昨年、マリノス戦の時、アウェイゴール裏のメインより3分の1は、「一般」観戦者用ゾーンのようになっていたので、そんな状態を予想して入ったら..。すいません、柏サポはゴル裏全部に広がってました。長い中断期間に柏サポも気合いが入ってるんでしょう。開幕戦は清水に3-0でしたし、電車1本でこれるしw

しかたがないので、中心部から離れたメインよりの空き席を探して黄色い人の中でおとなしく観戦。予想通り天気は好転に向かい、風は強いものの、晴れ間さえ見える状況に。

前半は、大宮の好き放題の展開。中盤とFWの連携が良くて、ど真ん中から、組織的に柏を崩してチャンスを作る。

ラファエルやイチョンス、東のからみが絶妙な大宮に対し、柏は中盤からFWにボールがつながらない。FWの大津、田中も、ボールが来なければ何もできません。一方の、大宮は渡部や左サイドバックの村山も活性化して、前線が躍動。ある意味一方的な展開なんですが、運もありましたが、あまたのチャンスに点が取れない栗鼠。いけませんね。

Conv0009

ところが後半、真ん中からの崩しは無理とみたのか、サイド攻撃を繰り返す柏。そして、それが功を奏する。大宮の左サイドを崩してきた柏がシュートの跳ね返りを再度打ち込み、それがゴールポストにあたってゴールラインを割って得点。

失点以降、追加点を恐れたせいか栗鼠のポゼッションが下がり、前半のプレーが嘘のように、中盤が攻撃面で機能しなくなる。柏の方も、得点機のような活性化したプレーが再現できない。

と言うことで、両者得点ができないまま、そのまま試合終了。

結局、前半押されっぱなしの柏が、後半、この試合唯一といって良い攻勢の時間帯に点をとって勝ちました。内容に勝って、試合に負けた大宮。

前半のほぼ全部の時間に優勢に攻め込んでいたのに決め切らんとこういう目にあうという、典型的なパターンでした。どっかのチーム、こういう展開が大得意。今日の試合、他山の石として頭にたたき込んでおいて欲しいもんです。

Conv0010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

【練習試合】動いている選手を見に1万6200人

Conv0003

まぁ、今頃何書いてるんだということですが、いよいよ24日は実質第2節。その前に書いとかないとね。誰も読まなくても備忘録としては大事。

ポロリが「1万来るかな」と言ってましたが甘い。開門2時間前に埼スタに到着したものの、待機列はメイン裏の入り口から北門を経て南門までつながり、南門前に並ぶのが精一杯。その後も、南広場に二重三重四重の列ができていく。

Conv0001

この日はユースやレディースの公式戦(右)も開かれるトリプル試合の日でもありました。結局、1万6200人の観客だったようで。恐るべし。神戸で開幕戦を迎えたものの、このアウェイ戦に行けなかったレッズサポは、結局約1ヶ月、埼スタで試合を見ることができなかったわけで、むべなるかな。

で、スタジアムに入った時点では、早くもメインロワーの中心部は満杯。そのとき、本来あける予定のなかった北ゴール裏をあける事になり、流れでそちらへ。結局、シーズン中いつも陣取っている207前の同じ場所に席を取る約12人でしたw

続々入ってくるサポはついに我々のうしろで立ち見する人も出て来た。これがレッズサポと嬉しくもあり、あきれたりもする。

対戦相手の山形サポはメインロワーの南ゴル裏よりに陣取って太鼓を鳴らし、声を上げてサポート。で、レッズサポは大筋座って観戦という不思議な雰囲気。

Conv0002_2

そして練習に登場した選手はゴル裏前でダッシュを始める。目の前で久しぶりに見る選手に感慨深い思いがふつふつと。

Conv0004_2

練習後、試合に出て来た選手が着ていたのは噂のACミラン風赤黒縦縞の練習着。違和感はあるものの、新鮮なユニを見ながら試合観戦。

試合結果は3-0。これまでの練習試合や神戸戦よりはトップのエジと丸塩の関係が改善していていること、途中で入ったマゾやセルが結果を出した事などいい感じ。11分マルシオ リシャルデス、 後半21分エジミウソン、 後半27分マゾーラ という結果を素直に楽しみました。

Conv0005

とはいえ、攻撃の型ができている感じでもなく、バックスの落ちつかなさも気になるところでした。まぁ、バックスは時間かかるよな。それでも永田は少しずつ良くなっているし、スピラも試合経験を積めば良くなるはず。ツボとの関係を含めどういう定番になるのかな。

そういう意味では中盤、FWの基本がまだ決まっていないのが辛い。現時点(4月20日)でも、今一つわからない。

Conv0006

試合後、いつものごとく浦和に繰り出して反省会。こんな日常が早く戻ってくることを祈るばかりです。

ま、慌てず騒がずサポしましょ。

仙台チケットは手に入れました。行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »