« 【参戦記】なんで前節とそんなに違うかい 仙台A戦1-0 | トップページ | 【遠征記】仙台戦、久しぶりの土産4点 微力ながらお役に立てれば »

2011年5月 4日 (水)

【参戦記】プレーはまずまず、でも結果は最悪 第9節鞠H戦0-2

Conv0001

4万7000人も入ったのに、結果としてため息と情けなさをふんだんにふりまいた試合。

Conv0002

試合の入り方は良かったんですよ、仙台戦に比べれば。そこそこプレスをかけていたし、ポゼッションサッカーをパスでつなぐプレーでやろうとしてました。この日もまいた水のせいじゃないでしょうがw

Conv0004

相変わらず最前線のごたごたぶりは残ってますが、峻希も達也も元気も自らの特徴を出してたと思います。守備もバタバタせず、前半は試合を支配して攻め続けます。守備の強さで成果を上げてきている鞠としては想定内の展開でしょうが、仙台ほどではないにせよ、引き気味の鞠にプレーを仕掛けてシュートを狙っていく内容は悪くはなかった。鞠も思ったよりも引かずに対応したせいかもしれませんが、攻撃のリズムを作れずに、横パスを繰り返すなんてシーンはありませんでした。

Conv0005

で、一つ欠けたもの。それは得点、先制点。Jリーグ中断明けに見た栗鼠-柏戦でも似たような展開を見ました。前半、ボールを支配し続け攻撃しまくる栗鼠に柏は防戦一方。しかし栗鼠に点が入らない。そして後半、柏は初めて迎えた自分たちの時間帯できっちり点を取ってそのまま勝利。点を取るべき時に取らんとこういう目にあうという典型的な試合。それがレッズにもやってきました。

後半、急に殴り合いの様相を呈する試合。それでも、それほどの危険なシーンは来ず、やや優勢に試合を進めている感も。ドリブルでゴール近くに進入した元気のクロスに達也がからんだあわやというシーンも演出。

しかし、そこは、サッカー、ちょっとしたきっかけで、すべてが崩れる。出入りの激しいサッカーで起きがちなファウルで与えた自陣左45度のFK。

しかし、彼にやられるとは。そこが悔しい。ほとんど機能してなかったクセに。ここで、やるかね。放たれたボールは渡辺を経て、ゴールポスト、そしてゴールラインを割っていく。

失点後も、前がかりになって攻めかかるものの、得点できず。そうこうしているうちにロスタイムの4分の最後の最後、試合終了直前に、前がかりになったときに起こる良くある現象で2失点目。途中交代で入ってきたあの大黒に決められるという最悪の結果。これまでろくに仕事してなかったくせに(本誌推定)。それにしても、山岸のあの一瞬の躊躇が無ければと悔しい思いが満載。

結果は0-2の惨敗。選手のプレーにそれほどの差があるとは思えませんでしたが、あのFKで、完全に木村の思うつぼ。追いかけるレッズがいくら踏ん張っても、鞠からすれば、すべて想定内。逆にゼリコのうつ手は裏目裏目になっていく。サッカー運のない試合でした。

本当に強いチームもこんな時に何とかおいついて負けないもんですが、普通に弱い今のレッズでは、それも望めずと言うのが悲しいところ。

もっとも、もっと強いチームは前半の時に決めているわけで、昨年と変わらない決定力のなさをどう改善できるのか、悩ましい限りです。

Conv0003

しかし、この試合、改めて暢久の多彩ぶりに驚かされました。ボランチの底の役割を、落ち着いてかつ的確にこなしてました。あれだけのプレーができる選手が後ろにいるんだから、柏木ももっと自由にプレーしてもいいのにと思うばかり。

で、やはりポジションチェンジには規制があるんですかね。昨年までなら放っておくと、どこにいるかわからなくなる峻希でしたが、今年はいくら活躍しても、右サイドの枠から外れない。もう少し自由なプレーを見たいんですが。

そして、ベンチにもいない拓也と直輝、司、早く出てこーい。

Conv0006

第9節、レッズ0-2鞠、北ゴル裏、扇谷健司 47,056人、曇、午後2時3分、5月3日、火曜、15位)

P.S.キムクナンはでかい。一人だけ縮尺が違うように見えるんですが。193センチだそうですが、この高さであれだけ大きく見えるんだからオーロイを生でみたらどうなるやらw

|

« 【参戦記】なんで前節とそんなに違うかい 仙台A戦1-0 | トップページ | 【遠征記】仙台戦、久しぶりの土産4点 微力ながらお役に立てれば »

マリノス戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/51577462

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】プレーはまずまず、でも結果は最悪 第9節鞠H戦0-2:

« 【参戦記】なんで前節とそんなに違うかい 仙台A戦1-0 | トップページ | 【遠征記】仙台戦、久しぶりの土産4点 微力ながらお役に立てれば »