« 【参戦記】ああ勝てない。筋肉痛とだみ声だけは付いてくる 第14節A栗鼠戦2-2 | トップページ | 【観戦記】目論見通り?の勝ち点1 でも「型」はまだ見えない 第15節A広島戦0-0 »

2011年6月15日 (水)

【試合展望】第15節A広島戦 受け身は危険。できることを積極的に。

いや、もう明日は広島戦。強~い第2位のチームです。かたや降格圏内どっぷりの浦和レッズ。ペトロ対決などと言われているものの、彼我の能力は天地のさほどありそう。

そのペトロ浦和はペトロ広島を「5バック」などと煽って、引きこもりを牽制する一方、自チームにも、サイドバック1人が上がったら、ボランチ2人と残りのバックス合わせて5人残るだの、カウンター対策に余念がないようです。

しかし、下手に受け身になって、広島にポゼッションサッカーをやられたら華麗なパス回しでずたずたにされるのは必定。最後に裏に入りこんだ寿人や忠成に決められる臭いがぷんぷん。

点を取られたら、広島は引きこもるも、攻めにかかる浦和のカウンターを取るのも自由。そうなったらどうにもなりませぬ。

やはり、このところ何とかできているコンパクトでDFラインを上げた体制で攻め込んで先制点を狙いにいかねばなりませんよ。

前節、不安点な守備陣もなんとか耐えることもできたのも、コンパクトな体制で中盤でボール奪うことができたらこそ。その上で、前節調子のよかった達也とエジを2トップにして、広島をかき回して欲しいもんです。下手にやった事もない、中途半端な受け身の守備は崩壊を招きかねないと思うんですが。

U-22に招集され、清水、福岡戦まで確実に出られない元気の不在は大きいですが、そこは直輝を持ってきて右に丸塩。後はボランチに啓太、直輝、暢久の選択。まぁ、前節の失敗を糧に(しない人なんだが)暢久をセンターバックにするのもありでしょう。 

ともかく、DFラインを上げて、前線で広島をかき回す位がちょうどいい。たとえボールを持たされる形になっても、そのくらいの気持ちで押し込んでいかないと、あっという間に主導権を取られてしまう予感が。

もっとも、中盤でボールを奪われたり、シュートまで持ち込めずカウンターを食らう危険性はありますが、そこまで私は面倒見ません。

どうせ終盤、勝っていなければ、ばくち自爆行為が始まるんでしょう。その時は神に祈るのみ。

さて、明日は平日。場所は広島。まっとうなビジネスマンである私は行けません。ですので、浦和某所でパブリックビューイングの予定。TVの前で歓喜を味わいたいもんです。後、伏して願います。順大の先発。そして司の活用。司が出たら泣きます。

|

« 【参戦記】ああ勝てない。筋肉痛とだみ声だけは付いてくる 第14節A栗鼠戦2-2 | トップページ | 【観戦記】目論見通り?の勝ち点1 でも「型」はまだ見えない 第15節A広島戦0-0 »

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/51946534

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】第15節A広島戦 受け身は危険。できることを積極的に。:

« 【参戦記】ああ勝てない。筋肉痛とだみ声だけは付いてくる 第14節A栗鼠戦2-2 | トップページ | 【観戦記】目論見通り?の勝ち点1 でも「型」はまだ見えない 第15節A広島戦0-0 »