« 【参戦記】勝ってうれしい花いちもんめ でもエジはいずこへ 第17節福岡H戦3-0 | トップページ | 【参戦記】虚仮の一念、粘るシャチをすがり倒す 第18節名古屋A戦1-1 »

2011年6月24日 (金)

【試合展望】先発が怖い 第18節名古屋A戦

行ってしまいましたエジが。嗚呼。シトンの後釜としてやってきたものの、期待された役割とエジの資質は違うものでした。でも、それでもなんとか成果を残し、今年は「9」をチームは与えたはずなのに、再び、資質とは違う起用でドツボに。

昨年に比べて、さらに観客数は確実に減っています。コスト削減をしたとしても、このまま行けばさらなる赤字の拡大は必至。エジの「違約金ダイヤ」にあわれお宮ポロリは目が眩みました。

とはいえエジの違約金2億円(推定)は、入場料単価2000円としても10万人の観客減だけでで帳消し。実際はもっと単価は高いはず。このまま行けば、臨時収入も焼け石に水。もっとも、債務超過を避けるためと言えば、帳尻はあいそう。とはいえ、まともにチームをマネジメントしないつけはでかいのだ。資産(選手)の切り売りをして凌いでも、それはその場限りのもの(育成クラブになるなら別だが)。

さて、明日の名古屋戦。ゼリコは誰を先発させるのか。ご承知のように、福岡戦の後半のレッズは直輝を中心に、ゼリコの標榜するサッカーとは真逆のプレーを展開。丸塩も陽介も啓太も、そしてあのマゾでさえ生かされ、わくわくする動きを披露。

で、それをゼリコはどう観ているのか。元気が帰ってくる明日の名古屋戦。スタメンを見るのが怖い。元気を入れるのはいいが、直輝はさようならなんて勘弁。直輝の先発と2トップだけは維持してください。お願いします。明日の先発メールを、きっと手をふるわせながら見ることになりそうです。天を仰がないことを祈ります。

対戦相手の名古屋がどう出てくるかはわかりませんが、ロングポール・ポンで勝てるほど甘くはないでしょう。だいたいそれは福岡にも通じなかったわけで。中盤のキーマンを累積で欠き、永井もいない名古屋。つけいる隙はありますが、それは中盤のプレスを基本通りしかけ、直輝の絡んだポゼッションサッカーしかないですよ。ま、そんな練習はしてないんでしょうが。ともかく、勝ち点3を取りに行きましょう。では明日、豊田でお会いしましょう。

しかし、明日の天気、午後9時で温度25度は良いとして、湿度98%ってなによ。

※後29試合。

|

« 【参戦記】勝ってうれしい花いちもんめ でもエジはいずこへ 第17節福岡H戦3-0 | トップページ | 【参戦記】虚仮の一念、粘るシャチをすがり倒す 第18節名古屋A戦1-1 »

グランパス戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52033406

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】先発が怖い 第18節名古屋A戦:

« 【参戦記】勝ってうれしい花いちもんめ でもエジはいずこへ 第17節福岡H戦3-0 | トップページ | 【参戦記】虚仮の一念、粘るシャチをすがり倒す 第18節名古屋A戦1-1 »